« 服装はきちんとね | トップページ | シックス・センス »

父との面会

土日、茨城の現場から一時帰宅。

金曜の深夜、山形着。
もう日付も変わり、家族が寝静まった食卓で、溜まった郵便物(登山関係)、メール(これも登山関係)、書類(やっぱり登山関係)、書籍(はいはい、どうせ登山関係)に目を通す。

短い睡眠をとった後、スーツに着替えて仙台へ。
仙台の旅行社にて、今季のガイド山行に関する安全遵守等のマニュアルについて確認。

 その旅行社はガイド・添乗員向け説明会を平日に予定していたのだが、平日では私の参加はほぼ不可能。そこで特にお願いして、個人的に打ち合わせ・説明をお願いしたもの。担当者様もご多忙のところ、快く対応していただいた。
 ガイド山行を請け負うならば、担当者と直に会い、話をして事を進めたい、と前々から思っていたのだ。

 打ち合わせを終え、すぐに仙台から山形に戻る。
 入院中の父に面会するため、昼から母と我が家全員を連れて病院へ。
 茨城の現場から一時帰宅させてもらったのは、父の入院の件があってのこと。
 前回、一月の入院では仙台に泊まり込みの出張が続いていたため、あまり顔も出せなかった。今回は少し顔をみておこう、と思った次第。

 病室の窓からは、山形市東部の美しい馬見ヶ崎扇状地、そして北蔵王連峰の眺めが良い。
 もっとも、山並みは厚い雲に覆われていた。
 父の関心は、もっぱら孫である私の息子と娘。
 面会を終え、母を実家に送り、父からの頼まれ事を済ませて帰宅。
 
 その日の夜。
 夜中、目が覚める。
 息子が布団からはみ出していたので、布団をかけてやる。

 今夜に限って突然、私が小さい頃に父から布団をかけてもらった記憶が蘇る。
 その父も老いた。
 私もいずれはそうなるのだろう。
 決して止まることの無い「時間の流れ」というものを実感した日だった。

|

« 服装はきちんとね | トップページ | シックス・センス »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/47748960

この記事へのトラックバック一覧です: 父との面会:

« 服装はきちんとね | トップページ | シックス・センス »