« 辞書インプレッション | トップページ | ハートがあるわねぇ »

『Three cups of tea』がついに邦訳

K2登頂に失敗したクライマー、グレッグ・モーテンソンがパキスタン・アフガニスタンに「裸一貫」から学校を建設していくというノンフィクション『Three cups of tea』がついに邦訳されるようです。

参考記事 ValuePress! (プレスリリース)3/24

出版社サイト『スリー・カップス・オブ・ティー』サンクチュアリ・パブリッシング

Three_cupscover この本はペーパーバック版でベストセラー5位以上を連続196週達成、アメリカのメディア検索でも登山関連の用語を入れるとちょくちょくこの本が登場していました。
著者のグレッグ・モーテンソンは全米各地で講演に飛び回っています。
 9.11以降、イスラム諸国に対する偏見を覆す内容とその博愛精神が、アメリカだけでなく各国の人々に受け入れられたようです。アジアでは既に韓国で先行翻訳・出版されていましたね。
 あーん、私もペーパーバック購入して精読しないうちに邦訳本販売。無理しないで(笑)わかりやすい邦訳本であらためて読んでみたいと思います。

|

« 辞書インプレッション | トップページ | ハートがあるわねぇ »

山岳ガイドが読む本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/47897853

この記事へのトラックバック一覧です: 『Three cups of tea』がついに邦訳:

« 辞書インプレッション | トップページ | ハートがあるわねぇ »