« ホームボルダリング | トップページ | あめせん »

北海道へ

Pa0_0955

24日から北海道へ出張。
仙台から苫小牧行きフェリーに乗る。

過去、幾度かフェリーに乗ったことはあるがいずれも大広間に客が雑魚寝する小さいフェリー。
今回は4tトラックで乗り込む。

Pa0_0949ドライバールームの寝床。
大型フェリーでは、一般客の客室とは別に、トラックドライバー専用の客室「ドライバールーム」がある。
浴室もドライバー専用、洗濯機・乾燥機完備、ドライバー専用サロンなど、長距離トラックのドライバーがゆっくり過ごせるようになっています。

夜に仙台を出航、苫小牧には昼前に到着予定。
Pa0_0960
ドライバールームの廊下は洗濯物、床上のコンセントには充電中の携帯でいっぱい。生活感あふれる空間です。

船内は売店あり、映画館あり、バー・レストランあり、ライブショーあり。
食事は結構豪華なバイキングです。
お金持ちそうな中高年夫婦から、鳶のニッカボッカを履いた兄ちゃんまで、客層はメチャメチャ(笑)
Pa0_0950デザートは逃さず。

酒盛りしているドライバーでにぎわうサロンで、和室ルームでゆっくりしながら雪氷学会の資料を熟読。

|

« ホームボルダリング | トップページ | あめせん »

日常」カテゴリの記事

コメント

このベッドは山小屋にそっくり。
フェリーの旅っていいもんですね
枕にエンジン音が響くとか、潮目で上下に揺れるなんてのが気にならなければ風情があります。
下船してからしばらくは、何かくらくらするんですけど・・・(笑)

投稿: かもめ | 2010.04.27 22:09

re:かもめ様

<<このベッドは山小屋にそっくり。
おお、そうですね。実は私、或程度山をやっていながら、営業小屋は北ア・唐松山荘と安達太良山のくろがね小屋しか泊まったことがないのですが・・・

<<フェリーの旅っていいもんですね
いやいや天国でした。
飛行機や鉄道は狭いシートに座ったままですし、車は運転で疲れますが、大きな船は日常生活がそのまま移動しますからね・・・
帰路はさらに新型の船で、都合でさらにクラス上の寝台チケットがとれたので快適でした。
仙台港に到着したときは、出張チームの面々で「嗚呼、現実に戻りますね・・・」と語り合ってました(笑)

<<下船してからしばらくは、何かくらくらするんですけど・・・(笑)
それが一番不安だったのですが、港から降りてすぐに長距離運転でしたので、くらくらする余裕もありませんでした。やはり北海道は仕事抜きで行きたいものです。

投稿: 聖母峰 | 2010.04.29 15:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/48194837

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道へ:

« ホームボルダリング | トップページ | あめせん »