« 幸せの時間 | トップページ | 新生活。 »

ポーランド隊、未踏の冬季カラコルム8000m峰へ

 ポーランド山岳会が、冬季未踏を誇るカラコルムの8000m峰登頂めざし、2010~2015年にわたる長期プロジェクトを立ち上げました。

ウェブサイト Polski himalaizm zimowy 2010-2015

21世紀の課題として残された冬季未踏の8000m峰は、K2 (8611m)、ナンガパルバート(8126m)、ガッシャブルムI (8068m)、ガッシャブルムII (8035m)、ブロードピーク(8047m)。

 当ブログで以前紹介したククチカ財団はじめ、数々のスポンサーのバックアップを受け、ポーランド山岳会が長期計画で冬季カラコルムの8000m峰を目指す模様です。プロジェクト担当者はアンナプルナ冬季初登者のアルトゥール・ハイゼル(Artur Hajzer)。
 今年は手始めに春のナンガパルバット、ガッシャブルム、天山でトレーニングを行い、次の冬にはブロードピークを狙う計画です。
 ポーランドのクライミングサイトでも紹介されていますが、冬季既登の8000m峰のうちシシャパンマ、マカルーは最近になってシモーヌ・モロー、ウルブコらによって登られましたが、その他エベレスト、マナスル、ダウラギリ、チョー・オユー、カンチ、アンナプルナ、ローツェは隊主体もしくは何らかの形でポーランドのクライマーが関わっています。

 日本では恥ずかしげもなく「手垢の付いた8000m峰」という表現をする山岳関係者がいますが、いっぺん永谷園の味噌汁で顔洗った方がよろしいでしょう。

|

« 幸せの時間 | トップページ | 新生活。 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/48318669

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランド隊、未踏の冬季カラコルム8000m峰へ:

« 幸せの時間 | トップページ | 新生活。 »