« 【映画】放蕩夫の帰宅 | トップページ | ふるさとは、 »

漢民族の皆さん、チベット旅行は楽しいですね(棒読み)

中国のアウトドア総合サイト『戸外資料網』に掲載された記事です。

所有拿相机的人 请让我们学会尊重 by 戸外資料網2010.5.14
(カメラを持つ皆さん、人を尊重しましょう)

まずは下記画像をご覧下さい。
以下、記事引用開始
---------------------------------------------------

T1

T2

T3

T4

----------------------------------------------------
以上引用おわり

記事の執筆者の友人(女性)が遭遇した、中国人団体観光客によるチベット族の激写場面です。
その女性はこう嘆いています。

『拍藏民像是拍动物园里的动物一样。』
(動物園の動物を撮影するように、チベット族を撮影する)

この場面に受けた衝撃で、カメラに対する興味を失ってしまった、と記事は伝えています。

 中共に尻尾を振る売国放送局NHKはじめ、上海万博に代表されるような中国の経済発展ぶりは日本のメディアも盛んに伝える昨今ですが、その経済発展の恩恵を受け、中国人による観光旅行が盛んになっています。
 漢民族にとってもチベット文化は関心の的であり、チベット文化圏を訪れる観光客の増加は中国メディアも多数報じています。
 これらの状況をふまえれば、前述の画像のような、チベット族に「無造作にレンズを向ける観光客の群れ」という光景は、容易に予想できる事でした。
 その現状に、当の中国人、あ、チベット族も中国人でしたね(棒読み)からも反省の声があがっているということです。
 ちなみにこの記事は、中国国内の観光・写真愛好家関連の掲示板・ブログに転載されています。
 前述の戸外資料網は各記事にコメント欄が付属していますが、寄せられたコメントもいずれも写真撮影のマナーを訴える内容になっています。

 まあ、これが漢民族のチベット族に対する態度なのでしょうね。
 と、記事を締めくくりたいところですが、この件に関してはチベットで数ヶ月を過ごした自分自身も大いに反省させられる内容です。

|

« 【映画】放蕩夫の帰宅 | トップページ | ふるさとは、 »

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/48403414

この記事へのトラックバック一覧です: 漢民族の皆さん、チベット旅行は楽しいですね(棒読み):

« 【映画】放蕩夫の帰宅 | トップページ | ふるさとは、 »