« 豆腐屋で、豆腐を買う。 | トップページ | 6月、東北の山。 »

仙台日記・お菓子編

ウィークリーマンションの契約が切れ、本日より仙台某所のビジネスホテルにお引っ越し。

伝説の店「賣茶翁」とか、駄菓子の「石橋屋」とか行ってみたいのだが、なにぶん下っ端土木作業員ゆえ、時間がとれないので近所の菓子店を攻めまくる。

5月某日:袋原たこうや
Pa0_0987
 ちょいと寂しい感じの店構えでしたが、たこうやの最中は小倉あんがトロトロっとしていて食感が◎。

5月某日:某スーパーにて
 Pa0_0030
仙台銘菓『萩の月』って、お土産でよく買うけど、人に買っていく分、自分で食べる機会ってあんまり無い。
今回は『萩の月』のチョコバージョン『萩の調べ』を購入。
・・・中のチョコクリームがチープな感じで×。
やはりオーソドックスな萩の月が○。

5月某日:激安ショップ・ドンキホーテの屋台にて
Pa0_0033
 韓国のお菓子ホットックを売っているのを発見。
 ずんだ入りと小倉あん入り二つ買う。

Pa0_0031
 現場作業の交代要員で来ていたT君に小倉あんを、私はずんだホットックを食う。
 T君いわく、「皮の生地が・・・・」
 う~む、いつか韓国現地で食ってみたいものだ。

6月某日
 ずんだ餅の味喜屋へ。
Pa0_0055
 店内に入っても、「いらっしゃいませ」の一言もなく、愛想の無いおっさんが接客。
 ・・・言葉って大事だね、と改めて思う。
 たぶんお店には二度と行かない。
Pa0_0050
 とはいえ、餅そのものは美味しく食う。
 今冬訪れた村上餅店もそうですが、仙台の「ずんだ」は水分が多いトロトロずんだですね。                     

5
また、つまらぬものを喰ってしまった・・・(つづく)

|

« 豆腐屋で、豆腐を買う。 | トップページ | 6月、東北の山。 »

山岳ガイドの甘味処」カテゴリの記事

コメント

「賣茶翁」小池真理子さんの小説で知りました。
しっかり労働なさる方は甘いものも瞬時に消化でき羨ましいっっ。

投稿: は。 | 2010.06.19 14:43

re:は。様
 「賣茶翁」小説にも取り上げられてたんですね。未だに「電話が無い」という営業姿勢にもちょっと興味ひかれた次第でした。

<<しっかり労働なさる方は
 いや、消化というよりは脂肪にすり替わりつつある気がしてなりませぬ。

投稿: 聖母峰 | 2010.06.21 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/48665057

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台日記・お菓子編:

« 豆腐屋で、豆腐を買う。 | トップページ | 6月、東北の山。 »