« 雷の行方 | トップページ | 拝啓、港町から。 »

失われた甘味処

月山の庄内側、八合目駐車場からの登山を目指す方は今年も多いことでしょう。
登山者の皆様が八合目駐車場までバスやマイカーで通る車道が、県道月山公園線。
標高約1400m地点まで続くこの県道は、地元住民の強い要望で事業が着工された道路である。

この道路を走ると、
「傘骨 半合目」「海道坂 一合目」などと、かつての車道開道以前の登山道にまつわる地名が書かれた看板を見かけることだろう。
それぞれの場所は現在空き地になっているが、ここには「月山登拝掛小屋」が存在し、登山者たちに便宜を図っていた歴史がある。

歴史というと山岳信仰とか堅苦しい話は歴史研究家の爺にお任せして、最近知った「甘味処ネタ」を紹介したい。
各掛小屋の名物リストである。
以下引用開始
------------------------------------------

傘骨小屋 半合目 名物 トコロテン・餅(昭和28年まで営業)
海道坂 一合目 名物 あん餅(昭和19年まで営業)
大満 二合目 名物 うちわもち(昭和33年頃まで営業)
神子石 三合目 名物 みそ餅(昭和36年まで営業)
強清水 四合目 名物 冷やしそうめん(昭和36年まで営業)
狩篭 五合目 名物 赤飯・きのこ汁(昭和34年頃まで営業)
平清水 六合目 名物 餅(つぶしあんに黒砂糖) (昭和36年頃まで営業)
合清水 七合目 名物 あん餅・冷やしそうめん(昭和34年頃まで営業)

------------------------------------------
平成8年出版 羽黒町史 別巻より引用

 おおっ!!
 あん餅!
 みそ餅!
 うちわもちってどんな餅よ!
 餅(つぶしあんに黒砂糖)とかって喰ってみたいぞ!
 残念ながら、月山八合目までの登山バス開通とともに、これらの小屋は次々と姿を消していったのでありました。
 トコロテン・冷やしそうめんとかサッパリ系からあん餅というスイーツ系まで、いかにも疲れた時に元気の出るお品書きです。
 それもそのはず、昔は羽黒山から延々と歩いて月山を登山・参拝したと言われています。(私のカミさんの今は亡き祖父も成人式と同じ意味合いで羽黒~月山を踏破したと聞いています)
 今のように車で短時間に移動できるわけでなかった時代、一定区間事に現れる茶店はどんなに参拝客を元気づけたことでしょう。各小屋のお品書きは「羽黒町史」に残されていますが、参拝客たちの食べた感想までは、残念ながら記録には残っていません。

|

« 雷の行方 | トップページ | 拝啓、港町から。 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/48805332

この記事へのトラックバック一覧です: 失われた甘味処:

« 雷の行方 | トップページ | 拝啓、港町から。 »