« GRIGRI 2 | トップページ | 庄内へ »

全力疾走

7月13日~15日
 現場作業の帰りは、閉館間際の図書館に駆け込み資料収集。
 帰宅後は子供達の遊び相手、そして子供達を風呂に入れる。
 自分の時間は真夜中、睡眠時間を削って作る。

7月16日
 現場作業後、業界関連団体の年次総会に動員をかけられる。
 講演会として、東北文教大学の菊池和博教授の「水と山形の民俗学」をテーマにした講演を聴講。数日後、蔵王のガイドを控えた私にはなんともタイムリーな内容。その後は懇親会という飲み会。職場の重鎮的な親方に光栄ながら飲みに誘われ、スナックとラーメン屋をまわって帰宅。

7月17日
 酒が入ると眠れなくなる体質の私。
 もう睡眠をとるのを諦め、目前に控えたガイド山行の交通費の計算、旅行社に提出する請求書作成など地味な作業をシコシコ行う。
 朝、某山へ偵察を兼ねて登る。
 山の帰り、足りない装備をスポーツ用品店で買い足し、ちょうど昼に帰宅。昼食は家族でとる。
 午後の隙間時間を利用して、子供達をプールに連れて行く。
 あいにくの天気、蔵王連峰からの稲光が山形市内に接近。屋外プールの利用者は室内プールに避難せよ、というアナウンスが入り、室内プールは大混乱の様相。まだ遊びたい子供達を言い聞かせてプールから撤収。
 外はもの凄い大雨。
 稲光を怖がる子供達をプール施設の玄関に待たせ、離れた駐車場に車を取りに行く。
 おそらく時間降水量にして30mmは越えていただろう、平坦な駐車場は足首まで冠水しプール状態。
 子供達を玄関で拾い、帰宅。

 さすがに睡眠時間数時間でここまで活動すると身体が重い。
 30分の仮眠を入れ、県立図書館に出かける。どうしても今日中に検索したい項目がある。
 閉館間際まで資料を調べ、帰宅。

 全く余裕の無い日々、時々PCで布施明の『少年よ』(仮面ライダー響鬼テーマソング)を聴きながら気合いを入れる。

 少年よ 旅に出たなら 雨も降る 顔を上げて

 明日から、鳥海・月山・蔵王の三山巡りのガイド山行、行ってきます。

|

« GRIGRI 2 | トップページ | 庄内へ »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/48951379

この記事へのトラックバック一覧です: 全力疾走:

« GRIGRI 2 | トップページ | 庄内へ »