« 山ガールに観てもらわなくてもどーでもいいMV | トップページ | 朝日連峰 大鳥池登山口の土砂崩れについて »

脳性まひ障害者、エルキャプめざす

 脳性まひ障害者であるスティーブン・ワムプラー(Steven Wampler)氏はエルキャピタンの完登をめざし、1年半にわたりトレーニングを重ねています。

 Health Watch: Cerebral Palsy Climber by FOX5news2010/9/10

 特製のチェアに座ったまま、ひたすらユマーリングでエルキャプのクライミングを行う計画です。
 1回のユマーリングで約15cm上昇していくそうです。
 詳しくはこちらの動画ニュースをご覧ください。人工壁でのトレーニング風景が放映されています。

以前に当ブログでは、イラク戦争で半身不随になったフィル・パッカー氏のエルキャプ挑戦を紹介しましたが、もともと屈強な兵士であったフィル氏に比較して相当困難な挑戦と思われます。

エルキャピタンは日本でいえば富士山のような「乗り越えられるべき象徴」として障害者のチャレンジがたまに話題になりますが、障害者チャリティーという目的はあるにせよ、「壁を登りたい」という人の心というものを考えさせられます。

今回の挑戦に関する詳細は、
ウェブサイト Stephen J. Wampler Foundation をご覧ください。

|

« 山ガールに観てもらわなくてもどーでもいいMV | トップページ | 朝日連峰 大鳥池登山口の土砂崩れについて »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/49481163

この記事へのトラックバック一覧です: 脳性まひ障害者、エルキャプめざす:

« 山ガールに観てもらわなくてもどーでもいいMV | トップページ | 朝日連峰 大鳥池登山口の土砂崩れについて »