« 朝日連峰で天上スイーツ。 | トップページ | あの人は今 ジョー・ブラウン(Joe Brown)、祝・80歳 »

【映画】ビルマVJ 消された革命

Burma

映画公式サイト『ビルマ VJ 消された革命
 
Nice people, Crazy government.

 とは、某有名旅行ガイドブックに記されていた、ビルマの実情を示す言葉であった。
 この映画は、去る2007年、ジャーナリスト長井健司氏射殺で日本の世論を『一時的に』騒がせた、ビルマ争乱そして武力弾圧の一部始終を描いたドキュメンタリーである。

 注目すべきは、気違い政府による燃料値上げ、僧侶への暴行に端を発する民衆蜂起を記録しているのは、『ビルマ民主の声』というオスロに本部を持つ地下組織であり、一般市民が映像装置を隠し持って「盗撮」を試みていることである。
 映画はそれらの記録画像、そして断片的に編集されている再現場面で構成されている。
 映画公式サイトをごらんいただければわかるが、キャストは一人。
 「ジョシュア」と匿名を名乗るビルマ人である。彼は地下組織、ネットワークを立ち上げ、運営管理しながら、2007年の争乱の記録者として顔は隠されたまま映画の進行役を務める。

 ベトナム戦争時代、名をあげようとする多数のフリーカメラマンが戦場に赴いた。
 彼らの撮影したフィルムはそのまま通信社に二束三文で買い取られ、ネガ原板が手元に残らないことを悔しがる場面がよく手記にでてくる。
 現代は違う。
 同じ、命をかけて撮影した動画・画像はネットで配信され、欧米の報道機関に気違い政府の極悪非道ぶりが報道されていく。
 
 そんな取材方法の変化はもちろん、大きく印象に残ったのは、先のビルマ争乱を記録したのはいわゆるジャーナリストたちではなく、堅い意志を持った一般市民だったことである。

 そもそも、このビルマ争乱に関しては日本国内では長井氏射殺ばかりが大きく取り上げられ、そのままうやむやのうちに報道もされなくなったというのが現実である。
 長井氏については各方面から惜しむ声があがっているが、ビルマのVJ(ビデオ・ジャーナリスト)たちの秘密警察・政府関係者に対する警戒体制をみれば、争乱の中、カメラを構えていたのはあまりに無謀だったのではないか。
 こういう感想は、おそらく長井氏本人を知る方には憤りをもって読まれることだろう。

 だが断言する。
 人間、死んだらおしまいなのだ。

 映画の終盤、武力で弾圧(正確には、虐殺という)される一般市民、そして僧侶ですら死体で川に浮かぶ現実が描かれ、主人公ジョシュアが関わるVJネットワークも当局の摘発を受け、事実上壊滅する。
 そんな救いようのない現実の中、逃亡先のタイ北部でネットワークの指揮を執っていた「ジョシュア」が危険覚悟でビルマ国内に戻るところで映画は終わる。

 政府の悪行に立ち上がる僧侶たち、熱狂する市民。
 幾度も武力弾圧を経験した国民であるが、第二第三の「ジョシュア」、そして無名のVJが現れ、再び立ち上がる日が来るであろうことを信じている。
 (映画の中で活躍したVJの多くは政府当局に拘束され、終身刑を言い渡されている)

 最後に蛇足であるが。
 映画公式サイトでは、偽善者集団「アムネスティ・ジャパン」がコメントを書いているようだ。
 公式・非公式を問わず北朝鮮を「朝鮮民主主義人民共和国」と呼称する偽善人権団体は、ビルマ問題になると政府公式の名称「ミャンマー」ではなく、なぜか威勢よく「ビルマ」と呼称するようである。
 もともと左翼臭のする偽善者団体であるが、まったく不思議な人たちである。

|

« 朝日連峰で天上スイーツ。 | トップページ | あの人は今 ジョー・ブラウン(Joe Brown)、祝・80歳 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/49573221

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ビルマVJ 消された革命:

« 朝日連峰で天上スイーツ。 | トップページ | あの人は今 ジョー・ブラウン(Joe Brown)、祝・80歳 »