« 情報リテラシー | トップページ | 嗚呼ストレッチ・・・ »

六本木 御膳房

Three
「イタリアではボルジア家三十年の血の圧政の下に、ミケランジェロ、ダヴィンチそしてルネッサンスを生んだ。中国4千年の歴史と共産主義は何を生んだ。中華料理さ!」

あ、なんか違いましたっけ?

先週、映画『断崖のふたり(NANGA PARBAT)』を見に行った日の昼。
せっかく六本木に来たことだし、ランチは豪勢にいくべく、中国・雲南料理の御膳房へ。

本日は一人飲茶。
ウェイトレスに言われる前に、お茶はプーアル茶を指定。炒飯は五目炒飯、デザートは杏仁豆腐を指定。(私、ココナツミルクが苦手である)

Pa0_0005
落ち着いた雰囲気であんまり画像撮影するのもナニなのだが、花の浮いたプーアル茶は初めてだったので思わずカシャッと。(これでも昔、渋谷の華泰茶荘でしごいてもらい、中国茶アドバイザー3級取得しておりますが)

私、以前はプーアル茶はカビくさいティーバッグのものをよく飲んでました。
空腹時に飲むとヤバいと言われる程刺激が強いとされてますが、会社で昔いた部署で残業続きの日々、空腹時にガブガブ飲んでたりしてました。はははは。

本日のプーアル茶はそんな刺激もなく、優しい味わい。
御膳房のランチ飲茶のメニューは

中国茶(プーアル茶orジャスミン茶or烏龍茶)

エビ入り揚げ湯葉巻き

トウモロコシのパンケーキ

スープ入り翡翠餃子(ほうれん草の緑色餃子)

点心(小龍包、キノコ饅頭、シューマイ)

五目炒飯

デザート(杏仁豆腐orタピオカミルクココナッツ)

という組み合わせ。
最も気に入ったのは、トウモロコシのパンケーキ。トウモロコシの粒も残った、甘みも十分しっとりタイプのパンケーキ。日本人向けにアレンジしているんでしょうね。吉林省の奥地で食べたそれとは、似て非なるものでした。

ウエイトレスの接客態度も丁寧で、値段相応に満足。

あーあ、やっぱこーゆー店は
Sk
小林聡美みたいな年上のお姉様と行きたいなー。

|

« 情報リテラシー | トップページ | 嗚呼ストレッチ・・・ »

山岳ガイドの甘味処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/49896168

この記事へのトラックバック一覧です: 六本木 御膳房:

« 情報リテラシー | トップページ | 嗚呼ストレッチ・・・ »