« 足跡 | トップページ | 先週の和菓子 »

石狩川のほとり、袋地沼。

里山歩きを早々に終え、次の目的地を目指す。
山あいを抜け、広い農地が延々と続く石狩川沿いを車で走る。

目の前に石狩川の堤防が続く。
開拓民にとって、その歴史は氾濫する石狩川との闘いでもある。
 
この石狩川、地形図をみていただければ一目瞭然だが、『三日月湖』が多い。
蛇行する河川が何らかの影響により流路が変化した際、河道がとりのこされ、その形から『三日月湖』と呼ばれる地形である。
立正大学で地理学・地形学を学んで知識としては知っていたが、実物を間近でぜひ見てみたかった。

車は新十津川町に入り、広大な農地を走る。

Pa0_0008
まばらに存在する農家の敷地に、鉄製のコンテナがいくつも積まれている。
中身は・・・ストーブの薪かな????

Pa0_0007
よくよくみれば、収穫されたタマネギでした。新十津川町の産品だそうです。秋ですね。

さて、車は石狩川最大の三日月湖、『袋地沼』の東端に到着。
この袋地沼、面積は約45.7万平方m、札幌ドーム8基ぶんの広さ。白鳥の飛来地として知られています。
私が訪れたときも、なにやら水鳥の群れが数多く羽を休めてました。
Pa0_0005

 この袋地沼、昭和16年から26年にかけて施工された石狩川河川改修工事で河道が直線化、この工事によって袋地沼が誕生したという経緯があります。
Ra
 地形図をごらんいただきたいのですが、石狩川右岸(図では石狩川の左側)は新十津川町の行政区域。
 ところが、沼に囲まれた「袋地」地区は飛び地のように石狩川左岸(図では石狩川の右側)に位置する砂川市の行政域になっています。タマネギ農家など22世帯が生活。
 逆の左岸には新十津川町の行政域があったりで、非常に蛇行した河川流路で行政区域も複雑になっています。
 (参考資料:プレス空知2010年10月2日発刊号)

 沼のほとりから水底を観察すると、沼といっても泥・湿地ではなく、旧河道らしく円礫・亜円礫がみられます。
 また沼に隣接して砂利採取場があり、今は広大な農地も、かつては石狩川の氾濫原であることが容易に推察できます。

 山だけではなく、もっといろんな自然も、どん欲に見ていきたいです。

|

« 足跡 | トップページ | 先週の和菓子 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/49641056

この記事へのトラックバック一覧です: 石狩川のほとり、袋地沼。:

« 足跡 | トップページ | 先週の和菓子 »