« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

映画『天脊』 ~人、何故に山へ登る~

世界最高峰を国内に擁する中国で、ついにチョモランマを舞台にした山岳映画が制作されました。
タイトルは『天脊』、英題は「THE SUMMIT」です。

C5

《ストーリー》
 登山家は皆、1つの残酷な「高山の掟」に直面する。それは、標高8000m以上の高所では、パートナーが事故に遭っても救いようのない場面に直面することだ。そこから生じる人間性と倫理の衝突と対立に、人は考えさせられる。
 チベット登山隊が8000m峰14座登頂計画の登山活動中、登山隊の撮影技師の仁青はチョモランマのクレバスに転落、妻の徳吉、兄弟であり登山隊隊長の巴桑は断腸の思いで救助を断念して下山する。下山後、彼らを後悔と懺悔の念にとらわれ、仁青の息子・岗热(gang ren)に向かい合うことさえできない。
 岗热は新世代の登山家で、彼はずっと父の死因を追及、チョモランマ登山中の父の死因を知った時、彼は危険を冒してチョモランマに登頂することを決意する。しかし、母の徳吉はあらゆる手段を尽くして彼が山に向かうことを阻止するのであった。
 岗热のガールフレンドである卓嘎はカフェを売り払い、岗热と共に商業登山隊に参加することとなる。
 そしてチョモランマの山中で、彼らは父親たちと同様に「高山の掟」に遭遇、彼らは困難な立場に立たされる・・・。

C1
映画『天脊』より

C2
映画『天脊』より

 この映画の主演は、映画『可可西里』(ココシリ)で主役を務めた多布傑(デュオ・ブジエ)で、中国メディアでもそれが話題になっているようです。
 出演者で注目すべきは、山岳ジャーナリスト柏澄子女史のブログでおなじみの、チベット族の女性登山家、吉吉が出演。
 監督・脚本は中国映画界の新鋭・赵鹏逍。
 赵鹏逍はこの映画について、こう述べています。

『チベット登山隊は8000m峰14座を全山登頂を果たし、これは世界的にも偉大な行為を完成した登山隊だった。それを達成するまでの喜びと悲しみが私を動かした。隊長の桑珠、故・仁那の未亡人であり北京五輪のチョモランマでのトーチ・ランナー、吉吉ら登山家たちと家族同様の付き合いの中で、私は繰り返して1つの問題を探究していた。「登山の意義は一体どこにあるのか?」 有名な言葉『山がそこにあるから』は決して真実ではない。それでは、人と自然との関係は一体どうあるべきなのか?』

K
映画『天脊』の脚本、監督を手がけた趙鵬逍

C6
映画『天脊』の撮影風景

 監督・脚本を務める趙鵬逍は1969年生まれ、江蘇省出身。共産党幹部の家に生まれ恵まれた環境で育ったようですが、1988年に大学受験を放棄、6年かけて中国国内を旅して廻るという、変わった経歴の持ち主。その後、中国の名門・上海戯劇学院に学び、北京電視台に勤務後、これまた名門の北京電影学院に入学。
 今回の『天脊』が制作2作目で、2007年~2010年の4年の歳月をかけて作られました。

 私が注目するところは、中国において 個 人 の 創 案 で チョモランマを舞台にした山岳映画が作られたこと。大昔、中国のチョモランマ登山の記録映画の一部を見る機会がありましたが、アレはもう「毛主席と共産党のおかげアル!」といわんばかりのプロパガンダ映画でしたからね。
 私もまだ本編を見てはおらず、メディアに流れる情報が頼りなのですが、主人公らが「商業登山隊」に参加という設定も、なかなか現代のヒマラヤ登山を反映しているようです。

 監督・趙鵬逍がチベットに入れ込み(撮影期間中に例のチベット暴動があり、また趙鵬逍自身もチベットのナムツォで交通事故で瀕死の重傷を負い、人の生死について考えさせられたとのこと。)、映画制作時もすべてチベット語、役者も全員チベット族でかためたこの映画、なんとか見てみたいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

仙台日記2

現場関係者の飲み会にてアルコール入ったため、
Drink1
今日明日はダメ人間決定。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【映画】ハーツ・アンド・マインズ

ウィークリーマンション暮らしで困ることの一つは、新聞。
休日は一時帰宅するので、新聞がたまってしまうし、現場作業の工程で滞在期間も変わるので、購読の契約も面倒。
今住んでいる場所は最寄りのコンビニが離れた場所にあり、さらに愛読紙の産経新聞を置いているところとなるとさらに限られる。

仕方なく、東北でも有数の左翼偏向紙、河北新報を読む。
河北新報の地方欄で、映画『ハーツアンドマインズ』の上映会開催を知る。

翌日。
仕事で様々に鬱なことがあり、あーもういいや、もっと鬱々になってやるっ!!
と、気分転換も兼ねて仙台市のメディアテークへ向かう。
勾当台公園から少し歩いているとなにやら人だかり。
劇団四季のミュージカル『マンマ・ミーア』の上演待ちらしい。

あーあ、俺も劇団四季のミュージカルみてえ~!
演劇好きな年上のお姉様と杜と汚職の街・仙台を歩きてえ~!
なにが悲しくって私はベトナム戦争の映画見に行くんだろう。しくしく。
という間に、上映会場のメディアテーク到着。

Handm

映画『ハーツアンドマインズ』公式サイト

このドキュメンタリー映画は第47回アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー映画賞受賞作品。
1975年当時の授賞式では、同映画プロデューサーが受賞挨拶でベトナム戦争とアメリカの良心について語り始めたとき、保守派のフランク・シナトラが「アカデミー賞に政治を持ち込むな」と抗議したところ、シャーリー・マクレーンが「映画は真実を見つめて平和に貢献しなければならない」と反論したというエピソードがある(同映画パンフより)
このようにベトナム戦争中に作られたこの映画は、多くの配給会社が政治的報復を恐れて配給を降り、唯一ワーナー映画の配給が決まったものの、劇中のインタビューに出演した政府高官から出演シーン削除・上映差し止めの裁判を起こされるなどの障害を乗り越え、翌年ようやく上映。
 日本では「第四の権力」などと自負しながら腐れチンポしか持ってないマスメディア関連の皆様のおかげで、35年ぶりに劇場公開となった問題作と聞いていたので、前々から見てみたかったのである。

 ちなみに、映画上映主催は「テロにも戦争にもNOを!」の会。
 受付ではアンケート用紙と一緒に「9条の会」とやらの左翼臭ぷんぷんするチラシとティッシュを渡され、その会場を 産 経 新 聞 片 手 に 一番前の席に座って鑑賞。

 いつものように、めんどくさいので結論から書きますが、大変すばらしいドキュメンタリー映画でした。
 上映時間112分、「あ~長いかな~」と思ってましたが、あっというまの2時間でした。
 マイケル・ムーアが絶賛している映画だそうですが、あんなキチガイデブに言われるまでもなく、すばらしいドキュメンタリーです。

 内容は、あらゆる階層・立場の人間へのインタビューで構成されています。
 ほんとうに、ベトナム戦争に関わった、あらゆる人たち・・・
 政府高官、軍人、帰還捕虜、脱走兵、その家族達、アメリカ本土の街の人々、軍に志願したネイティブ、南ベトナム、北ベトナムの人々・・・
 あまりにも多くの人々へのインタビューで構成され、散漫な印象も与えますが、その淡々とした構成がむしろ狂信的な鯨・イルカ崇拝馬鹿が制作した偽善ドキュメンタリーとは異なり、ベトナム戦争というつかみどころのない悲劇をジワジワと炙り出していきます。

 とても印象に残ったのが、テト攻勢直前にマヌケな演説ぶって恥かいたウエストモーランドのインタビュー。
 多くの方がやはりブログに書いてますが、「東洋人の命は西洋人より軽い。」と断言していたこと。「哲学的にも・・・」と口にしていたが、これは私の推測ですが、アメリカがよく制作していたプロパガンダ映画か何かでサムライのハラキリ映画でも見たのではないでしょうか。
 これでかの優秀なウエストポイント士官学校卒ということですが(笑)、その他、ホワイトハウスに関わる政策担当者が「あなぐらに生活して、圧倒的なアメリカ軍に立ち向かう」ベトコンの心理は理解できない、と明言していたことが強く印象に残ります。あー、優秀優秀とかいわれるアメリカ人も、人の心までは理解できないんだなと。ま、最近は山の世界でも外資系会社に勤めていたことを振りかざしているお方もいますがね(冷笑)

 好色エロガッパな私としては、ベトナムの娼婦とコトに及んでいる兵士たちにもインタビューとカメラを向けているその徹底ぶりが凄いと思いましたね。いやまあ、その、若いアメリカ軍兵士がベトナム女性と組んずほぐれつ、乳房を嬲ってる場面もしっかり記録してるんですね。
(「嬲る」なんて漢字、エロ本でもないとお目にかかれんよな。まさか自分のブログで使うとは思わなんだ)

 上映主催者のパンフでは
「戦争に勝者はいるのでしょうか。この戦争に日本は直接の参戦はしていないものの、在日米軍基地は前線としての大きな役割を果たし、その後の日米関係を決定づけることとなりました」
 と、ある。
 いやあ、まさにそうですね。
 鳩山「無能」由起夫が日米関係を滅茶苦茶にしてくれたおかげで、チャンコロは尖閣諸島で、露助は北方四島でやり放題なわけですから。

 ベトナム戦争が語られるとき、いつも侵略行為としての戦争しか語られないのですが、「祖国防衛・革命」としての北ベトナムの兵士の視点では誰も語りませんね。
 所詮、平和を訴える市民団体の真の目的は「反米」しかないんでしょうけど。
 上映会そのものは、司会のおばちゃんの緊張した姿がいかにも誠実そうで、それはそれで好印象を受けました。上映に関わった関係者の皆様には、すばらしい映画を見る機会を与えてくださり、感謝申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

This is 仙台。

仙台駅からマンションに戻る途中、駅改札口そばにあるパン屋『サンエトワール』に立ち寄る。

Pa0_0033

仙台駅をちょくちょく訪れる方には、おなじみのパン屋ですね。

建設業界の資格試験、東北地区はたいてい仙台が試験地・講習会の会場になってまして、仙山線で訪れた時には、よくここで昼飯orおやつを買っていったものでした。
ときには試験内容や結果に落胆して、ときにはなんとなく希望の光を期待しながらここでパン買ったりして・・・
と、私にとっては幾度も訪れたパン屋。

季節も間近、店内の装飾はクリスマス一色。
本日のチョイスは
Pa0_0032
仙台あんぱん。
中はクリームと粒あんの二段重ね。
これと似たようなパン、菅生SAでも売ってたような・・・

喰ってみて気が付くのですが、この「仙台」の文字の焼き印のトコが焦げていて実に香ばしい。
粒あんとクリームで甘ったるいところに焦げたわずかな苦みと香ばしさがアクセントになっていますです。

遠方からJRで東北の山に来られて仙台駅に立ち寄った皆様、ちょっと軽食やおやつにでも、どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台日記1

現場作業の日々。
本日は強風。
街路樹のケヤキの紅葉した葉が吹雪のように現場に降り注ぐ。
秋を感じる余裕はなく、ただ泥にまみれて身体を動かす日。

ウィークリーマンションに帰る。

あー誰か(カミさん除く)メシ作っててくんないかな。妄想↓
Ky2_2


そして、現実↓
Pa0_0031

夜、メシ喰った後、ランニング兼ねて近所のBookoffへ。
ここで、
Toho
珍品、東方書店の映画対訳本『芙蓉鎮』を105円コーナーで発見、即購入。
洋画の対訳本なら「Screen play」の名称で幾つも出版されているが、中国映画の対訳本は珍しい。
しかも学習者用に、台詞にはすべてピンイン併記、中国の慣習に関するコラム付。

その他、囓っている洋書もあるため、しばらくブログ更新てきとーになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラビナ

先日のサブザック探したついでに、実家にしまい込んだ装備品に紛れていたのが・・・

Pa0_0015
なにやら古びたカラビナ。

よくよく見ると・・・

Pa0_0014
その昔、明との貿易で商人が使っていた「勘合符」みたいに半文字になってますが、たしかに「好日山荘」と刻印が印されてますな。

好日山荘オリジナルカラビナ?

いつのまに紛れ込んだモノやら・・・・

捨てるのも忍びないし、どこか山岳博物館みたいなとこに寄贈するのがベストでしょうかね?

※先日のサブザックといい今回のカラビナといい、私、ぴちぴちの1970年代生まれでございます。念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サブザック

以前、片桐のザックについて当ブログにコメントを頂戴いたしました。
その中で、「せっかくのサブザック大切にされてください」とコメントを頂戴しました。

実家の物置につっこんでいたサブザックを久しぶりに取り出し、先の記事「ししなご山」で使ってみました。

高校山岳部で購入し、大学山岳部の合宿まで使ってました。
分県登山ガイド「山形県の山」の写真を拝見すると、私の尊敬するガイド本執筆者、奥田博氏や高橋金雄氏らは今もこのタイプのザックを愛用されているようです。

Pa0_0023
サブザック。昔はいわゆる「ナップザック」とも呼ばれてましたね。右は50cmスケールです。

Pa0_0022
背中側。厚手のナイロン生地でできています。背中にあたる面には、パッドなどなにもありません。ナイロン地の封筒型になっています。

Pa0_0021
ショルダーストラップは、本体と同じペラペラのナイロン製ベルト。今のザックのように微調整の効くストラップ方式ではなく、紐を通す穴が幾つかあり、結ぶ位置で調整します。

Pa0_0019
荷物を巧くパッキングした後、口元の紐を締め、紐の一方は本体のフックに、もう一方は背負いベルト基部のDリングに通します。キスリング同様、ただの「袋」ですので、パッキング次第で背負い易さが左右されます。背面に防寒着(昔はセーター、今はフリースかな)、昔のセオリーのように、下に軽いモノ、上に重いモノをパッキング。凝ってる奴らは休憩時に使う銀マット(腰掛ける程度に小さく切ったもの)を利用して表面が凸凹にならないように工夫してました。

Pa0_0018
フック、Dリングに通した紐をきゅっと締めて、

Pa0_0016
紐をきれいにまとめて縛って、出発準備完了です。

Pa0_0017
サイドには大きくジッパーで開けられるようになっており、行動食、水筒(高校生当時はたいていどこの学校も、水筒はエバニューのポリタンでした)を出し入れするのに重宝しました。

このサブザックで行動するときは、山小屋から近くの山頂往復とか、「軽い」行程の時でして、合宿中にサブザック行動なんてのは負担が少ないわけで、内心とても喜んでました(笑)
このサブザックは大学山岳部の合宿まで利用してました。ピッケルホルダーなんかありませんでしたので、アックス類は背中とザックの間に差し込んで行動していました。

今現在の、ヘルメットホルダーやらメッシュポケットやら至れり尽くせりのザックとは大きく異なりシンプルの一言ですが、使い勝手の良さはピカイチでしたね。なんといっても、使わない時はコンパクトになり合宿用バカデカザックの片隅に引っ込んでいました。

一部、帆布製品を扱うお店では、柿渋染めの同型ザックが売り出されているようです。

登山用品に関しては、山岳ライターと称するマニア君が山岳雑誌に様々なインプレッションを書いておられるようですが、既成のザックの性能の是非を語るよりも、「道具を使いこなす」ということに、もっと目を向けられてもいいのではないかと個人的に考えております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熊の山、シシナゴ山。

日曜、一時帰宅。
午前中は子供の相手。

自宅で昼食を取り、午後から出動。
陽も短くなった午後。
晩秋に登るのは、行動時間も短く、かつ趣のある里山に限る。

以前から、山形自動車道を仕事で走るたび、ある里山に興味をひかれていた。
それが「ししなご山」である。
高速道を走る車の車窓から、「ししなご山」と書かれた道標がチラッと見えるのだ。

この「ししなご山」、ネットで検索してもほとんど出てこない。
なぜかカタカナの「シシナゴ山」で検索するとずらっと記事が出てくる。
私の持っている旧版「分県登山ガイド・宮城県の山」には掲載されていない。そこがまた私の興味ひかれるポイントである。(現在販売中の新版・宮城県の山には掲載されている模様)

Pa0_0027
山形自動車道 笹谷ICで降り、東面から望む「ししなご山」

Pa0_0025
川崎町町内に入り、南面から望む「ししなご山」均整のとれた台形。

Pa0_0024
ネットではカタカナ表記が圧倒的に多いが、道標は平仮名で「ししなご山」。

Pa0_0013
林道を車で走ること5分、登山口到着。熊の生息地であることを示す看板が目立つ。

登山口から十歩ほど歩いたところで、もうさっそく、雨で形が崩れた熊の糞が登山道の真ん中に落ちている。
さらに進むと、比較的若い雑木林の気持ちよい道。

Pa0_0010

もう花は終わり、紅葉シーズン真っ最中であるが、
Pa0_0011
おわりかけのアザミが幾つも登山道の両脇を飾っていた。

歩くこと15分、頂上台地らしい平地になる。

Pa0_0009
上り坂の向こうに青い空。
道の向こうにどんな光景が広がるのだろう。
里山、登山、山に登っている時、稜線や頂上を目前にしたこの時のワクワク感は、いつまでも変わらない。

頂上からは北方に景観が開けています。
雲の少ない晴天、空の青と紅葉のコントラストを楽しみながら、珈琲タイム。
Pa0_0008

途絶えることのない、山形自動車道から響く車の音が少々興ざめであるが、そこは里山。

Pa0_0006
本日の和菓子は、山形の老舗『戸田屋正道』が山形県産の白大豆で最近開発した「白饅頭」(右)、「スイートポテト大福」(左)。
いつものように濃い珈琲で食べる。
スイートポテト大福は餡がその名のとおりスイートポテトなのだが、もちもち大福の皮とポテトが絶妙に合って今日のヒット商品。

あ?
おめえはお菓子と山とどっちがいいかって?

もちろん、お・か・し・で・す・が、何か?

帰路は熊の痕跡を探すべく、周囲の樹木に注目しながらのんびり歩く。

Pa0_0005
午後の木漏れ日の中、のんびり下る。

Pa0_0004
先年のものらしい、古い熊の爪痕。よく周りを見回すと、熊の爪痕のついたブナ、ナラの木がたくさん目についた。

コースの中間あたりでふと思う。
熊の爪痕がこれだけあるなら、熊棚もあったりして・・・
と、上に視線を向けるとあっさりと、熊棚が見つかる。
Pa0_0003

ガイドになりたての頃と重複して、私は月山・志津のネイチャーセンターでブナ林ガイドとしてお世話になったのだが、その間、なかなか熊棚は見る機会に恵まれなかった。
(注・月山・志津のネイチャーセンターの自然観察コースは熊の行動範囲から外れていますので、安心しておいでください。)

さらに登ってきた道を戻ると、不自然に落ちた枝に気が付いた。
Pa0_0001

登っていた時は先の台風で落ちたのかな位に思っていたが、もしやと思い上を見ると・・・
Pa0_0000
あらまあ、二世帯住宅?二つ並んだ熊棚。
ここは高速道の山形自動車道から約500mほどしか離れていない、しかも登山道のすぐそば。
これだけわかりやすいところで熊棚を見つけることができて感激。
藪をこいで登山道から少し外れ、熊棚のある木の下で携帯で画像撮影。
周りを見回すと、草や地面がボコボコにへこんでいる。熊が歩き回った跡だろう。

今年は山形でもツキノワクマが市街地の学校に特攻したり、河川敷が行動範囲になったりとカオス状態なのだが、里山でこれほど熊の痕跡を見ることができるとは思わなかった。

Sisimp
登山口から頂上まで約15分。
登山口は狭い林道脇で、手前の林道分岐に車一台ほどの駐車スペースあり。その他周辺に駐車スペースは見あたりませんので、車でお越しの方は駐車場所にご注意を。

登山道自体はさほど急な箇所もなく、頂上手前には地元保育園の登頂記念プレートがあることからもわかるように、子供でも登山は容易、家族連れにもいいかもしれません。水場は無し。
もちろん細心の注意は必要ですが、これだけの近場で熊の痕跡を観察できる山は、少ないのではないかと思います。
行動時間はあっという間の短い里山でしたが、「熊の住処」としてとても印象に残る里山でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日々、鍛錬。

寝ても覚めてもクライミングとゆークライマーの皆様、こんなマグカップはいかがでせうか。

Rockclimbermug500x375

CLIFF HANGER MUG

デザイナー集団が試作したマグカップらしいのですが、このマグカップを紹介しているブログなどは

「燃えろ!」
「落とすな!」
「日々のルーチンワークにスリルを!」
と、焚きつけてますな(笑)

Rockclimbermug1500x375
うーむ、これはよい指の鍛錬になりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日より、

どっかのプロ野球選手みたいに、本日より妻と別居。                                                                                                                                                                                      
つーか、毎年恒例の出張&ウィークリーマンション暮らし。
今回は春に続き、またまたカネと色欲渦巻く大都会・仙台に住み込みです。
Pa0_0010
今回の新居。
シュールな空間・・・でも画像撮影後は現場作業着と書籍で散らかってます(笑)

今年いっぱい、杜と汚職の都、仙台で過ごす予定。宮城から自然の移ろいを発信できれば、と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再会

2日、土木作業はお休みをいただき、日本山岳ガイド協会の全国代表者会議・遭難対策研修に出席。
会場は福島の檜原湖湖畔の豪華なホテル。
何より、今年初めて目にする、見事な紅葉が現場作業続きの私をほっとさせてくれます。

 これでも私、所属ガイド団体の遭難対策担当なもんで会議に参加。ま、売国奴の岡崎トミ子先生が国家公安委員長務めてるみたいなもんです。

は、さておき、会場に到着してウロウロしていると、前に所属していた東北山岳ガイド協会の奥田博さんが私のところにおいでくださり、「元気でやってますか?」と声をかけていただく。
ああ、私の山の愛読書の著者である奥田さんにお声がけいただくとは、おそれおおい・・・

 会議の中身は私のような末端下っ端ガイドにはちょいと虚しい時間でしたが、はっきりいって、夜の懇親会が一番重要なコミュニケーションの時間なんでしょうね。

 貧乏ヒマ無しな私は文化の日の祝日も現場作業なもんで、懇親会はパス。
 今年お世話になっている旅行社の担当者Sさんともご挨拶。

会場を出る頃にはもう日が落ちて真っ暗。
美しい紅葉も、闇の中でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »