« 日々、鍛錬。 | トップページ | サブザック »

熊の山、シシナゴ山。

日曜、一時帰宅。
午前中は子供の相手。

自宅で昼食を取り、午後から出動。
陽も短くなった午後。
晩秋に登るのは、行動時間も短く、かつ趣のある里山に限る。

以前から、山形自動車道を仕事で走るたび、ある里山に興味をひかれていた。
それが「ししなご山」である。
高速道を走る車の車窓から、「ししなご山」と書かれた道標がチラッと見えるのだ。

この「ししなご山」、ネットで検索してもほとんど出てこない。
なぜかカタカナの「シシナゴ山」で検索するとずらっと記事が出てくる。
私の持っている旧版「分県登山ガイド・宮城県の山」には掲載されていない。そこがまた私の興味ひかれるポイントである。(現在販売中の新版・宮城県の山には掲載されている模様)

Pa0_0027
山形自動車道 笹谷ICで降り、東面から望む「ししなご山」

Pa0_0025
川崎町町内に入り、南面から望む「ししなご山」均整のとれた台形。

Pa0_0024
ネットではカタカナ表記が圧倒的に多いが、道標は平仮名で「ししなご山」。

Pa0_0013
林道を車で走ること5分、登山口到着。熊の生息地であることを示す看板が目立つ。

登山口から十歩ほど歩いたところで、もうさっそく、雨で形が崩れた熊の糞が登山道の真ん中に落ちている。
さらに進むと、比較的若い雑木林の気持ちよい道。

Pa0_0010

もう花は終わり、紅葉シーズン真っ最中であるが、
Pa0_0011
おわりかけのアザミが幾つも登山道の両脇を飾っていた。

歩くこと15分、頂上台地らしい平地になる。

Pa0_0009
上り坂の向こうに青い空。
道の向こうにどんな光景が広がるのだろう。
里山、登山、山に登っている時、稜線や頂上を目前にしたこの時のワクワク感は、いつまでも変わらない。

頂上からは北方に景観が開けています。
雲の少ない晴天、空の青と紅葉のコントラストを楽しみながら、珈琲タイム。
Pa0_0008

途絶えることのない、山形自動車道から響く車の音が少々興ざめであるが、そこは里山。

Pa0_0006
本日の和菓子は、山形の老舗『戸田屋正道』が山形県産の白大豆で最近開発した「白饅頭」(右)、「スイートポテト大福」(左)。
いつものように濃い珈琲で食べる。
スイートポテト大福は餡がその名のとおりスイートポテトなのだが、もちもち大福の皮とポテトが絶妙に合って今日のヒット商品。

あ?
おめえはお菓子と山とどっちがいいかって?

もちろん、お・か・し・で・す・が、何か?

帰路は熊の痕跡を探すべく、周囲の樹木に注目しながらのんびり歩く。

Pa0_0005
午後の木漏れ日の中、のんびり下る。

Pa0_0004
先年のものらしい、古い熊の爪痕。よく周りを見回すと、熊の爪痕のついたブナ、ナラの木がたくさん目についた。

コースの中間あたりでふと思う。
熊の爪痕がこれだけあるなら、熊棚もあったりして・・・
と、上に視線を向けるとあっさりと、熊棚が見つかる。
Pa0_0003

ガイドになりたての頃と重複して、私は月山・志津のネイチャーセンターでブナ林ガイドとしてお世話になったのだが、その間、なかなか熊棚は見る機会に恵まれなかった。
(注・月山・志津のネイチャーセンターの自然観察コースは熊の行動範囲から外れていますので、安心しておいでください。)

さらに登ってきた道を戻ると、不自然に落ちた枝に気が付いた。
Pa0_0001

登っていた時は先の台風で落ちたのかな位に思っていたが、もしやと思い上を見ると・・・
Pa0_0000
あらまあ、二世帯住宅?二つ並んだ熊棚。
ここは高速道の山形自動車道から約500mほどしか離れていない、しかも登山道のすぐそば。
これだけわかりやすいところで熊棚を見つけることができて感激。
藪をこいで登山道から少し外れ、熊棚のある木の下で携帯で画像撮影。
周りを見回すと、草や地面がボコボコにへこんでいる。熊が歩き回った跡だろう。

今年は山形でもツキノワクマが市街地の学校に特攻したり、河川敷が行動範囲になったりとカオス状態なのだが、里山でこれほど熊の痕跡を見ることができるとは思わなかった。

Sisimp
登山口から頂上まで約15分。
登山口は狭い林道脇で、手前の林道分岐に車一台ほどの駐車スペースあり。その他周辺に駐車スペースは見あたりませんので、車でお越しの方は駐車場所にご注意を。

登山道自体はさほど急な箇所もなく、頂上手前には地元保育園の登頂記念プレートがあることからもわかるように、子供でも登山は容易、家族連れにもいいかもしれません。水場は無し。
もちろん細心の注意は必要ですが、これだけの近場で熊の痕跡を観察できる山は、少ないのではないかと思います。
行動時間はあっという間の短い里山でしたが、「熊の住処」としてとても印象に残る里山でした。

|

« 日々、鍛錬。 | トップページ | サブザック »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

行ってみたいと思います。
二世帯…笑ってしまいました。
一時期、仙台⇔山形のheart04していた時期があるのを懐かしく思い出しました…

投稿: は。 | 2010.11.08 20:07

re:は。様

<<行ってみたいと思います。

私も登りの際はぼーっとしながらだったので気が付きませんでしたが、下山時には熊の痕跡がでるわでるわ・・・

私の経験から「たいていの場合、人を見れば熊の方が逃げる」なのですが、今年はどうも「異常」ですので、もし行かれる際は念のためじゅうぶんご用心ください。

heart04ですか?
うらやましい・・・(見合い結婚者語る)

投稿: 聖母峰 | 2010.11.09 06:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/49963782

この記事へのトラックバック一覧です: 熊の山、シシナゴ山。:

« 日々、鍛錬。 | トップページ | サブザック »