« 『巓峰記憶』 シシャパンマに逝ける人々、生きる人々 | トップページ | ロシア・クリスタルピーク2010 »

【鬱日記】 仙台・GANESH

先日、鬱だった日のお話。

久々に「消えていなくなりたい」とゆー位の鬱。

身体は重いけれど、心の片隅に「気分転換」という気力はまだ残っていた。

10年以上も前からネットでその存在を知り、いまだ訪れていなかった仙台の紅茶専門店ガネッシュ(GANESH)へ行く。

小さいビルのエレベーターのドアが開くと、そこがもう喫茶店。

目の前は定禅寺通り、向かいには「国分町」の看板が眩しく光る。

客は私一人。

通りに面した席に座り、
Pa0_0008
ロシアンティーと紅茶チーズケーキセットを注文。

店内には小野リサのアルバムCDがかかっている。私も持っているCDなので、なんとなく次の曲が思い浮かぶが、精神的に疲労した私にはちょうど心地よい。

小野リサの曲が終わる。
次は売国奴・本多勝一が大嫌いな映画らしいが、私の好きな映画の一つ『ディアハンター』のテーマ曲「カヴァティーナ」だった。

ギターの音色を聴きながら、窓の外を眺め続ける。
ティーカップの底に沈んだジャムをスプーンですくって口に運ぶと、予想以上に酸味の強い、自家製のジャムでした。
客は私だけの店内、「カヴァティーナ」のギターの音の他は、振り子時計のカチカチという音が響いている。

あー、時間がここで止まってくれればいいのに。
そこまで居心地の良い茶店は、滅多にないものである。

閉店きっかり15分前、店を出る。
仙台の人混みに重圧を感じながら、地下鉄に乗り込んだ。

|

« 『巓峰記憶』 シシャパンマに逝ける人々、生きる人々 | トップページ | ロシア・クリスタルピーク2010 »

鬱日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/50231529

この記事へのトラックバック一覧です: 【鬱日記】 仙台・GANESH:

« 『巓峰記憶』 シシャパンマに逝ける人々、生きる人々 | トップページ | ロシア・クリスタルピーク2010 »