« 初市(はついち) | トップページ | アイスクリームの休日 »

祈る理由

 日本の山には、たいていお社や地蔵、山岳信仰の碑が建っている。
 山行で訪れたとき、私は入山と下山には手を合わせ、祈る事にしている。
 入山時は山行の安全を祈って。
 下山時は無事下山の感謝を込めて。

 先週、4日の事。
 正月明け早々、宿直当番のため会社に宿泊。
 皆が帰った頃を見計らって、会社で購読している人民日報日本語版でアカどもの動向を調べ、図書室のビジネス本で少しはおべんきょう。

 某ビジネス雑誌でこんな記事があった。
 フーガ等の大型車両を24時間体制で生産している日産の栃木工場。
 その生産現場には神棚があり、当番が毎日、神前に水を供えているという。

 工場の課長のコメントいわく、
 『神棚に祈ると、謙虚になります。
 神棚に祈ることで謙虚になれば、安全意識も高まる、という意味合いだという。

 今年の山行では、安全祈願と感謝に、謙虚というキーワードも加えて祈ることにしよう。

|

« 初市(はついち) | トップページ | アイスクリームの休日 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/50570827

この記事へのトラックバック一覧です: 祈る理由:

« 初市(はついち) | トップページ | アイスクリームの休日 »