« 2011年春季 東北山スキー情報 | トップページ | 被災地日記 4月21日 »

被災地日記 4月20日

 会社ではリストラ寸前不良社員、
 Cathand
 ネ コ の 手 よ り 使 え な い
 といわれる自分であるが、会社が派遣している被災地支援チームに加わることになる。
 先発隊と三日間で入れ替わるローテーション。
 行き先は、被害の甚大な陸前高田市。

 震災ボランティアではなく、会社の業務として、対価をいただく仕事として、被災地の復興にたずさわる。
 「ボランティアとか興味あるだろ?おまえも来いよ」
 と、担当部長から声をかけていただく。
 (しかし「ボランティアとか興味あるだろ」って、しっかり性格見抜かれてる。)

 訪れた陸前高田市は、想像を超える被害だった。
 道路上の瓦礫は除けられたとはいえ、まだまだ手つかずの瓦礫・廃材・車、船の残骸が果てしなく広がっている。

 先発隊が作業している現場は、某公民館の前。
 2階建ての公民館も津波に呑まれており廃墟同然、周囲も瓦礫の山だった。

 現場の段取りが一区切りついたところで、胸の携帯が鳴る。
 着信番号を見ると韓国からだった。
 お世話になっている大韓山岳連盟の申さんから。
 先日発送した郵便物が届いた事、震災が発生し連絡もせず失礼したと恐縮されていたが、私こそ北朝鮮の砲撃の後の様子伺いや、春節のメッセージなどすっぽかしていたので、無礼はむしろ私なのである。

 電話での会話の内容はやはり震災の事になる。
 山ひとつ隔てた山形は大丈夫、とは日本人ならわかるが、海外からみれば、同じ「東北」エリアである。
 私、家族、自宅、山仲間は無事ということを伝える。
 「大丈夫ですよ、大丈夫」
 と、大丈夫ですを繰り返す私。
 その私の周囲360°は、手つかずの瓦礫、流された車、廃材が積み重なっている。
 そんな廃墟の真ん中で「大丈夫」を繰り返す私。
 決して嘘をついているわけではないが、なんとなく違和感を覚える。
 今は震災の被災地で工事の仕事してます、と言うと私の身の安全を案じてくださっていた。
 会社ではゴミ扱いなのに、はるか遠く海外で私の身を案じてくれる人がいるというのは、心が折れそうな私にはささやかなカンフル剤である。
 やはり話題は原発問題になる。
 韓国でも学校が休校になったりとナーバスになっているが、原発に関してもだいぶ心配されていた。
 現場の合間の、ありがたい電話。

 夜間まで作業をし、夜は宿ではなく野営。
 テントを調達してきていたが、現場の地表が荒れていること、24時間発電機回しっぱなしでうるさいこともあり、車中泊。
Pa0_0012
 ブラックダイアモンドのLEDランタンを調達しておいたが、工事用の作業灯にはかなわない。
 この明かりの下、レトルトの白飯とおかずで食事。

 メンバーはめいめい車を選んで寝床にする。
 私は小型ダンプ。
 うっかりシュラフを遠方に停めてあるトレーラーに置いてきてしまった。
 疲労とめんどくさいので取りに行く気力ゼロ。
 
Sanada
こ ん な こ と も あ ろ う か と
ヘリテイジのライトウエイト羽毛服を着込み、モンベルのインナーシュラフに入り、ダンプのシートに横になる。
瓦礫に囲まれた現場、夜間は明かりもなく人気もなく、静かである。
こうして、被災地暮らしの最初の夜は更けていく。


|

« 2011年春季 東北山スキー情報 | トップページ | 被災地日記 4月21日 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/51467762

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地日記 4月20日:

« 2011年春季 東北山スキー情報 | トップページ | 被災地日記 4月21日 »