« つかの間の休日 | トップページ | 被災地日記 4/26、4/27 »

被災地日記 4/25

陸前高田市に戻ってきた。
見渡す限り、ガレキと廃材の山。

「今度の現場は精神的にハードだぞ。」
そう上司に言われ到着した現場。
50名以上の自衛隊員、警視庁の警察官が遺体確認作業を行っている、その場所が今度の私たちの作業場であり、寝食を共にする幕営地だった。

測量作業のため、近くの急斜面に入る。
4階立てのアパートも完全に破壊した巨大津波は、この斜面の中程まで押し寄せていた。
雑木林の中を登っていく。
斜面の地表には、押し寄せられた家具や雑貨が無数にちらばっていた。

季節は春。
斜面には数多くの椿が、深紅の花で満開だった。
津波で押し寄せられ、無数にちらばる家具や雑貨と共に、紅い椿の花がこれまた無数にちらばっていた。

残酷な風景だ、と思った。

測量を終え、作業現場に戻る。
昼過ぎ、空は暗くなり、雷鳴がとどろいた。
海の方に、稲光が何度も光り、激しい雨。

震災ボランティアと異なり、請負作業のため、いかなる悪天でも私達の作業が止まることはない。
天候は雨から雹(ひょう)に変わった。

周りを取り囲む、うずたかく積まれたガレキと廃材。地面には無数のガラス片。
そして稲光と、雹(ひょう)。

 オカルトマニアなら誰もが一読したことがあろう、人類終末の予言書といわれる新約聖書の「ヨハネの黙示録」を思い出す。
 ラッパが吹き鳴らされ、血の混じった雹と火があらわれ、地上が焼けていく。

 今、私は廃墟の中で、雹に打たれながら現場作業をしている。
 ヨハネの黙示録を書いた人物も、こんな風景を見たのだろうか。
 それから雑念は払いのけ、再び作業に没頭した。

Pa0_0022

|

« つかの間の休日 | トップページ | 被災地日記 4/26、4/27 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/51515357

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地日記 4/25:

« つかの間の休日 | トップページ | 被災地日記 4/26、4/27 »