« やきもちは愛のしるし | トップページ | つかの間の休日 »

CAMPのPhotonカラビナ、リコール ~クライミングギア輸入業者の姿勢を問う~ 【2011年5月22日訂正】

アメリカにおいて、カンプのカラビナとクイックドローがリコールの対象となりました。

Recall news by AP通信2011.4.23

リコールの対象となったのは、CAMP USAが輸入した、 中 華 人 民 共 和 国 で 製 造 の

カラビナ Photon
クイックドロー Photon および Mach Express

リコール理由は、荷重をかけた際にゲートが開き重大な事故に至る可能性があるとのこと。
なお現在まで事故事例は報告されていませんが、AP通信の報道では約15500の製品が流通しているとのこと。

このリコール問題については、私が情報を得る前に、既に えのきど。さんがツイッターで公表されておられます。

えのきど。 @U_ki_Yama

えのきど。さんのツイッターにリンクされている Urbanclimbermagazine には、リコール対象となったカラビナ、クイックドローの画像が掲載されておりますので、ぜひご確認ください。
クライミングギアの流通などに関しては当方知識不足にて、えのきど。さんの知識と人脈にはかないません。私が知りたかった点、該当カラビナは日本国内でも販売されているとのことです。(該当文取り消し・詳細は後述)

この問題に関してCAMP USAのウェブサイトを確認すると、アメリカの独立政府機関CPSC(consumer product safety commision、米国消費者製品安全委員会)の4月21日付けの文書が公開・リンクされています。

CAMP USA ウェブサイト

NEWS FROM CPSC Photon Climbing Carabiners and Quickdraws Recalled Due toRisk of Injuly(PDFファイル)

 リコールの発端となった元々の問題発覚の時期は不明ですが、政府機関とUSAにおける輸入業者の情報公開の対応の素早さ、政府機関が(日本においては)遊びの一つとされているクライミングの道具の問題にこのように取り組んでいる姿勢は、考えさせられるものがあります。

 えのきど。さんも指摘されておられますが、日本においてCAMPギアの輸入元であるキャラバンのウェブサイトでは4月23日現在、何も情報は掲載されていません。
 輸入業者よりも、-えのきど。さんはクライミング情報専業の業務をされていますが-私のような一消費者がネットで業者よりも早くリコールのような重大問題を知る。
 このような情報伝達形体は、クライミングの将来を考えるに当たって健全と言えるのでしょうか?

 
 先日話題になった、ペツルの中国製偽造品問題においても、日本のアルテリア社の情報公開の遅いことが気になります。

 こういったクライミングギア輸入業者の、情報に対する緩慢な動きは、それこそ福島第一原発の東電の姿勢と何ら変わりないものですよ。
 反原発でいきりたっているアウトドアライターと称する売文の輩は、それこそ自分たちのメシの種であり、人命が直接かかっているクライミングギアの安全性を巡る情報について、何をやっておられるんでしょうか?

-----------------------------------
【2011年5月22日 訂正・加筆】

 当該記事に関しまして、えのきど。様より、カンプのPhotonカラビナにつきましては日本に輸入前のリコールであったため、日本ではまだ未販売との情報を頂戴しました。
 よって該当の文章に取り消し線を引いております。

 また併せてえのきど。様より「代理店から登山用品店には、リコール等の情報はあらかじめ連絡が行ってることが多いようです。」旨コメントを頂戴しました。
 なお筆者の日本の輸入代理店に対する根本的な考えは変わりませんので、この点についても取消線を引いて原文はそのまま残しておきます。

|

« やきもちは愛のしるし | トップページ | つかの間の休日 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

この情報はじめてしりました。
特にクライミングに慣れ親しんでるものではありませんが、わたしのサイトでも一部転載させていただきたいと思います。何せ日本でこれを取り上げてるサイトがほとんどないようですので。汗

投稿: outdoorhack | 2011.05.06 14:15

re:outdoorhack様

コメントありがとうございます。
私の記事には余計なことが色々書いてますが(笑)アメリカでは多数のメディアが報じてますので、ご紹介いただければ幸いです。

貴サイトOutdoorHack拝読しました。
私も知人に「ヨセミテでホールバッグの保護なんかに使われてる位強いよ」とすすめられ、DUCTテープはザックに入れております。
また楽しい記事お待ちしております。

投稿: 聖母峰 | 2011.05.07 06:03

こちらの製品ですが、販売予定であったため、カタログには掲載したものの、日本に輸入される前のリコールだったため、日本ではまだ未販売でした。誤った情報を流してしまい失礼しました。

また、公表されることは少ないですが、代理店から登山用品店には、リコール等の情報はあらかじめ連絡が行ってることが多いようです。

とはいえ、Twitterやブログなど、情報を伝える手段は一般にも普及しているので、日本では未販売の製品とはいえ公開はすべきだと思います。

投稿: えのきど。 | 2011.05.17 15:46

re:えのきど。様
お知らせありがとうございます。こちらこそえのきど様のツィッター記事を勝手に引き合いに出してご迷惑ではなかったでしょうか。
現在携帯からネットにアクセスしているためPC操作できる環境に戻り次第、当記事加筆したいと思います。
この種のリコール情報が代理店・小売店に伝わっている件、承知しました。私の意見としても、ネット上での売買や個人輸入などの可能性を考えるとやはり商品として輸入の有無にかかわらずリコール製品の情報はオープンにしていただきたいと思っています。

投稿: 聖母峰 | 2011.05.17 22:01

聖母様。国内未発売の件、わざわざご報告ありがとうございます。正規販売元からすると、たしかに実際に輸入/発売してないものに関してノータッチ、という物販の姿勢は理解できます。が、今のグローバルな現状では、国内ユーザでも海外の製品を使用してるケースは十分に考えうる訳で、ユーザ目線で考えた場合、やはりこいった情報は提供していただきたいと考えます。わたしのブログでもすぐに修正させていただきます。ご丁寧な対応ありがとうございました。ブログも拝見していただきありがとうございます!かけだしのブログでまだまだ内容を模索中ですが、今後ともよろしくお願い致します。

投稿: outdoorhack | 2011.05.26 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/51474972

この記事へのトラックバック一覧です: CAMPのPhotonカラビナ、リコール ~クライミングギア輸入業者の姿勢を問う~ 【2011年5月22日訂正】:

« やきもちは愛のしるし | トップページ | つかの間の休日 »