« 栗駒へ | トップページ | こうつうルールはまもろうね »

瓶か?パウチか?それが問題だ(シェークスピア調)

以前に当ブログで紹介しました、あのClif Barで生産されているワイン

このワインが、ちょっと物議を醸しています。

Clif Bar Makes Wine? Yes, and It’s All Terrain by Triplepundit.com2011.4.29

Climberpouchwines

ClifBarでは2011年4月から、従来の瓶に加えてパウチ入りワインを生産・販売しました。
パウチ入りワインはシャルドネとカベルネ・ソヴィニヨンの二種、いずれも1.5リットル入りで販売価格は17ドル。

Clif Bar ワイン onlineショップサイト

で、このご時世に『再生可能でないパウチ使うとはなにごとだ!再生可能な資源である瓶がいいんや!』
という意見が挙げられているのですな。

わたしゃあまりアルコールは飲まないのでどっちでもいいんですけど(笑)
ワインを楽しまれる方は雰囲気も重視される方が多い(ような気がする)のでやはり瓶ワインがいいのか?

でも野外に出るクライマーや登山者から見れば、かさばらないパウチも捨てがたいような。
このようにワインもパウチ製品にするというのは、いかにもアメリカ人らしい発想と思うのは私だけでしょうか。

|

« 栗駒へ | トップページ | こうつうルールはまもろうね »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/51539521

この記事へのトラックバック一覧です: 瓶か?パウチか?それが問題だ(シェークスピア調):

« 栗駒へ | トップページ | こうつうルールはまもろうね »