« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

TOMAZ HUMAR

Tomazhumar Bernadette McDonald著『TOMAZ HUMAR』を読む。スロベニア出身の高所クライマー、トマジ・フマルの伝記である。
 この本の存在を知ったのは、あるインド系英字メディアでの書評だった。閉塞感漂う東側社会において、ヒマラヤ登山は「外の世界」に脱出できる道であった、というのがその書評の趣旨だったと記憶している。
 後輩の竹内洋岳君からも、人生の選択肢としてクライミングを志した某共産圏国のクライマーのエピソードを聞いていたこともあった。なにより、日本においてはその成果しか知られていないトマジ・フマルの人柄について知りたかった。

 同書は、2005年ナンガパルバット・ルパール壁単独登攀中に遭難、ヘリによる救出劇の詳細な記録が主軸となる。その記録の合間合間にトマジ・フマルの生い立ちから登山遍歴が記録されているという構成である。
 収録されている登攀記録は、ヒマラヤデビューとなったガネッシュⅤ峰(1994)、単独登頂となったアンナプルナ(1995)、ピオレドール受賞となったアマダブラム北西壁(1996)、エリザベス・ホーリーから高評価を受けた未踏峰ボバイェ単独登頂(1996)、パートナーを失った悲劇の登山ヌプツェ(1997)、クライミングに磨きをかけるため渡米したヨセミテ・ReticentWall単独登攀(1998)、トマジ・フマルの最高作品ともいえるダウラギリ南壁単独登攀(1999)、そして2005年のナンガパルバット・ルパール壁からの救出劇が収録されている。

 ヒマラヤデビューとなったガネッシュⅤ峰では、隊長でありスロベニア登山界のカリスマともいえるStan Belakと怒鳴りあいの口論になりながら頂上アタックのチャンスをもぎとる。後の高所クライマーとしての片鱗が伺える。

 その一方、ヒマラヤ登山に取り憑かれ長く家を空けることにより、妻との結婚生活が徐々に崩壊していく様子が描かれている。アマダブラム遠征、そしてそれによるピオレドール受賞は離婚にまでは至らなかったものの、妻との関係は大きくひび割れ、大きな代償を払ったものとなった。
 それでもトマジ・フマルはヒマラヤ遠征を続けていく。
 困窮する生活(教会など高い建物のメンテ・塗装、水路の掃除など、実生活では職業は転々としていたらしい)、ヒマラヤ登山での資金調達での奔走劇、メディアを巻き込み、1999年、ダウラギリ南壁単独登攀でトマジ・フマルの名前はスロベニア国内外にセンセーショナルに伝わっていく。
 ダウラギリ南壁単独登攀という危険きわまりない行為を達成したことによりカネが入り、トマジ・フマルは自宅を建てることができた。これにより妻との関係も修復されたようだが・・・女って(以下省略)

 このように書くと、いかにもトマジ・フマルは山のために家族を捨てたかのような印象を受けるが、ダウラギリ南壁登攀ではザックにお守りとして愛息の靴を忍ばせていた。家族を顧みない男ではなかったのである。またダウラギリ南壁登攀では「生き延びるため」、南壁登攀後、頂上に到達することは諦めて下降する。決して目標に盲目的ではない冷静さも伺える。

 奇しくも今月の「岳人」誌のコラムで高井一氏がトマジ・フマルについて「一部で評判の良くない」という意味の表現をしているが、メディアを利用してコマーシャリズムにのっかったとも言われるトマジ・フマルに対する評価は様々である。
 同書においても、スロベニアに留学し彼の地とのクライマーとの交流も深いスティーブ・ハウスはトマジ・フマルの主張する記録に少々懐疑的な姿勢をとっている。
 同書でTomaz's nemesis(好敵手)と表現されているマルコ・プレゼリは

「I don't express my opinion openly in Slovenia because it's not a tasty opinion.」

とさりげなくフマルの評価に言及することを避けている点に、トマジ・フマルの置かれた立場が推測される。
もっともプレゼリは続けてこう吐いている。
「I respect him so much(中略) I would not go to drink a beer with him.

 ナンガパルバット・ルパール壁の単独登攀に失敗、遭難し、ヘリで救出されたフマルはベースに生還し、地面にひざまずいてキスをする。そして両手で顔を覆いうなだれる姿の写真も収録されている。彼の脳裏をよぎったのは、家族の姿か、栄光を逃した悔しさか。

 この本が出版されたのは2008年。
 序文をラインホルト・メスナーが書き、後記はフマル本人の筆による。フマルは挑戦(challenges)の意義を説く。
 その翌年の2009年、トマジ・フマルはランタンリルン単独登攀中に遭難、ヘリによる救出を待ちながら、死ぬ。
 その事実を知ってしまっている現在、読後感は「破滅の美学」ともいうべき、虚しいものを感じざるを得ない。

 冒頭に述べたインド系英字メディアの書評にあったように、ただ単に混乱した共産国家から抜け出したい一心でフマルはヒマラヤに通ったわけではないだろう。名声とカネを得るためだけなら、日本の某似非登山家の如く、メディア受けするもっと容易なタイトルはいくらでもあったはずだ。

 ソロ(単独登攀)を続けていればいつか死ぬ、とはよく聞く表現だ。
 そしてトマジ・フマルもその運命をたどってしまった。
 この本は混乱したユーゴスラビア・新生スロベニアという社会が生んだクライマー、トマジ・フマルの人生を通じて、夢を叶えようとすることと家族との釣り合いについて、考えさせられる(あ、私の場合はね)。同時に、収録された数々のヒマラヤ登山の記録を通じて、ヨーロッパ社会におけるヒマラヤ登山の位置づけについても、少し参考になる本であろう。

 なお特筆すべき点がもう一点。
 トマジ・フマルがダウラギリ南壁単独登攀計画の際、参考にした本が日本の大森弘一郎氏による空撮ヒマラヤ写真集であることが明らかにされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリベルの最新モデル Avatar

 毎年ドイツ・フリードリヒサーフェンで開催される巨大なアウトドア展示会『OutDoor 2011』において、グリベル社の最新モデルであるアックス「Avatar」がOutdoor Industry Award賞に輝きました。

Piccozza italiana vince l’ambito Outdoor Industry Award by Montagna.tv 2011.7.13

 で、その「Avatar」とは・・・

Piccozzaavatar
 こんなアックスです。
 記事によればヘッド部にF1カーと同じマグネシウム合金を用いているとのこと。長さ51cmモデルで重量690gだそうです。
 日本の新幹線、進化するほどに形態が爬虫類に似てくると話題になりましたが、アイスアックスもなぜか爬虫類(というかH・R・ギーガー風)に似てきますなあ。
 OutDoor2011に先立ち開催されたISPO2011でのプレゼンの様子はこちら↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あえて問う。バンフ・マウンテンフィルムフェスは本当に世界最高なのか?

 今年もバンフ・マウンテンフィルム・フェスティバルの季節がやってきたようです。

バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバル イン ジャパン2011

 どっかの自称山岳ポータルサイトとやらが同映画祭を「世界最高」と形容していたのだが、果たしてそうなのか?

 あえて問う。

本当にバンフ・マウンテンフィルム・フェスティバルは世界最高なんでしょうか?

 主催のカルト企業の事にツッコミ入れるとキリがないのでここでは省略するが、まず映画の選定基準や評価が公表されていないのではないか?ピオレドールやピオレドールアジアは選定基準が不明だとイチャモンつけてた山岳ライターや山岳ガイド氏にはぜひまた気炎を吐いてほしいところだが。

 さらに日本で公開されるのは、前年の映画だったりすること。
 いい作品は何度見てもいいから、ここは容認するとしよう。

 マウンテンフイルムといいながら、その内容は多岐にわたるわけだが、私にいわせればスカイスポーツの映像など、はっきり言って退屈である。
 いや、価値観の多様な現代のアウトドア・登山界だからこそ、万人にウケるセレクトなどありえないのはわかっている。ならばあのわずかな上映本数で多様なアウトドア・登山の最高の映画を選定するなどとというのは、ハナから無理があるのではないか?

 当記事のタイトルを「本当に世界最高なのか?」としたが、バンフフェスで上映される映画はたしかに高水準であることは認める。
 私が言いたいのは、現在の日本において定期的に開催される山岳・アウトドア関係の映画祭はバンフフェス一つしかない、比較もしようもないのにその中で「サイコー」「サイコー」と無批判に宣伝に乗せられる姿勢はどうよ?

 試しにmountain film fes という言葉でgoogle検索してみてほしい。
 世界各地で、様々な山岳・アウトドア映画祭が開催しているのだ。

 これらをふまえて、某カルト企業の「世界最高」の宣伝文句に踊り踊るなら東京音頭な日本の純真無垢な登山関係者は可愛らしいね、と思う訳。

 以上、韓国で開催されたトレント山岳映画祭の出張上映を見損ねた筆者の負け惜しみでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業務上横領の誘惑。

暑い。

梅雨明けで死にそうな暑さである。

現場作業にいそしむ土建業の皆さん、げんきですかぁ!!(猪木 風)

本日も快晴の炎天下、日陰の無い現場で100kg近い鉄材を何度も上げ下げする作業。

やってる内に目眩がしてくる。

「なんかクラクラきてね?」
「おまえも?」
「水飲みタイムしよ」

そんな会話を作業班の仲間内でなんども繰り返す。

そこへ本社の現場代理人がもってきたのが・・・・
En
エンライテン

ちょ、ちょ、ちょっとまて~
俺なんか登山用に高価なエンライテン自費で購入してんのに、今季は会社支給かよ~
山形県でもトップの某大手建設会社の下請作業では、「これウチの会社で漬けたんですよ」と、大瓶いっぱいの梅干しが熱中症対策の塩分補給源として配給になるというのに、我が社はエンライテン・・・

一日の作業が終わって作業員休憩室に帰ると、そこにもエンライテンが(笑)
しかも登山やスポーツなどやらない古参社員には、

「変な味」
「変な薬」
「こんなの喰えるか」

と、はなはだ評判悪い(笑×2)
やはり皆にはミドリ安全の「塩熱飴」が好評ですた。

じゃあエンライテン俺にくれ~
ええ、ええ、会社支給ですから、山で使うなんてボク一言も言いませんよ(棒読み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社の華

会社の華つっても、
Ca
↑こーいうのじゃなくてな、

私の勤務先の工場、駐車場で私が車を停める場所にだけ、毎年ネジバナが咲くのだよ。
今年はまだ咲いてない。
去年は私が草刈機でガンガン刈りまくったから無くなったかな・・・

と思っていたところ、休み明けに出社してみると、

Pa0_0001
やっぱり今年も咲いていました。

私の車のところにだけ咲くというのが密かに嬉しい(笑)
ネジバナは河川敷などにも咲く野草の一種ですが、れっきとした蘭の一種です。

勤務先の工場にはもう一カ所だけ、見事に二株咲いてました。
Pa0_0000

本日は猛暑、工場内で機械整備しているだけで汗が全身から吹き出し、午前中だけで一着作業着を着替える程。

午後、雷鳴と共に空は暗くなる。
降り出した大粒の雨が、猛暑で焼けたアスファルトを濡らし、特有のキナ臭い匂いが漂う。
そして激しい雨。
梅雨明けの区切りとなる雷雨だろうか。

激しい雨に叩きつけられるネジバナにも目もくれず、私達は作業員の休憩室に逃げ込んだ。
しばらく、山から離れる日が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先達の言葉

ロシアの某クライミングサイトの記録、ノルウェーのロフォーテンで撮影された画像だそうです。

Dg_2
Sport's climbing is like eating at Mcdonalds - You know what you get. Doug Scott

うーむ。

 英語ベタな私には「like eating at Mcdonalds」の明快な解釈ができないので(スラングか?ダグ・スコットがマックでメシ喰ってる姿なんて想像できん) このまま掲載します。
 クライマーの皆様、各々で感じ取ってくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラトックⅢ峰西壁初登 ロシア隊の報道

既にネット上で明らかにされていますが、ロシア隊がカラコルムのラトックⅢ峰西壁登攀に成功しました。

参考ウェブサイト
ロシア隊、ラトックIII峰西壁初登 雪山大好きっ娘。+ 2011年6月30日

 欧米のクライミングサイトでも紹介されている、ラトックⅢ峰西壁正面からのルート図は、ロシアの某クライミングサイトでは極地法にてルートが延びるたびにルート図にもラインが加えられており、日々サイトを眺めるのが楽しみでした。

 さて、このラトックⅢ峰西壁登攀を果たしたロシア隊の帰国の様子が、ロシアのメディア(TVニュース)で放映されています。
 帰国の模様を挟んで、ハードなクライミング、ビバークの様子、頂上での様子が映像として放映されています。


Россия-2(Russia-2) ロシア国営放送のスポーツコーナーでの放映


НТВ(NTB ロシアの半民半官の放送局)での放映

 標高は低いものの、ラトックという世界的に困難なピークのクライミングがこのように3分程度も放映される点に、ロシアにおける登山への関心度が伺われます。
 (ロシアにおいては軍および国家の存在が登山・クライミングというスポーツに深く関わっていますが、今回の記事ではその点については省略します。)蛇足ながら、他のHTBの報道ではラトックの登攀ルート図に日章旗をあしらい、79年の日本隊(広島隊)の登攀にも触れていました。

 日本のテレビ局では、アレックス・オノルドやディーン・ポッターが「奇人変人」としてバラエティ衝撃映像番組の対象になる一方、ゴミ拾い屋や似非ソロクライマーが「登山家」として大きく取りざたされるわけですが、ロシアのメディアの方が登山(クライミング)に関する理解は深いと考えても良さそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不 発

先日の朝日連峰ガイドにて

添乗員のFさん「家族サービスとかいいんですか?」


         /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

と言いつつ、息子が「ホタル見たい」と言ってたのが気になったので平日の夜、山形市のホタルの名所・東沢地区へ行く。

Pa0_0004
蔵王ダム方面への細い車道をしばらく走ったところに、ホタルの保護地域があります。
街灯も無い山中ですが、「ホタルの学校」という提灯が灯っています。

東沢地区のウェブサイトで過去のホタル出現事例を確認し、カミさんと息子・娘を連れて行ったものの・・・

出現したホタルはわずか3匹・・・

水曜スペシャル「矢追純一シリーズ」のUFO撮影ビデオみたいに、遠くにゆらめく小さい光を眺めることができた程度でした。

このホタルの保護地域は地元・東沢地区の方々が毎晩当番制で見回りに立っていますので、事情を尋ねたところ、今年はホタルの出現が遅い、ピークはこれからだろうというコメント。

家族連れのほかに、仲良さそうな男女二人連れが多かったですな。

今夜はホタルの乱舞は諦め、暗闇が怖くて泣き出す娘のご機嫌とりに、コンビニでショッピングタイムとあいなりました。

ご覧になりたい方は、ぜひこれから。

参考サイト
東沢のホタル

ホタルを見に行く(当ブログ 2008年の記録)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイって便利ですね(棒読み)

あー、やっぱり登山に携帯電話って必携ですね。
こちらの動画をご覧あれ↓

ウクライナの大手移動体通信企業КиевстарのCM。
岩場で転落、宙づりになったクライマー。
その息子でしょうか?(ウクライナ語なんてしらねーよ)心配して携帯をかけたところ、そのコール音で宙づりの居場所が判明し、最後は救出されたクライマーが電話をかけ直し、「エルブルースだ、ありがとう」という場面で終わっています。(つーか私はこの短いワンフレーズしか聞き取れません。ちなみにこれは国際電話のCM。)

 ロシアの某クライミングサイトでは、CMのエルブルース山中という設定に対して「エルブルースにこんなとこねーぞ」という書き込みがあったりしますな(笑)
 ロッククライマーを演じている俳優はロシアの人気俳優Valery Nikolaevだ、そうです。
 バーティカルリミット並の迫真の墜落シーンですが、ピンが抜ける場面はおかしいと突っ込み入れてるロシア人クライマーもいて・・・クライマーという人種は世界各国、こまけぇ奴が多いですな(冷笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒメサユリ街道

7/2~7/3、朝日連峰をガイド。
日暮沢から竜門小屋泊、翌日稜線を縦走して大朝日から古寺鉱泉に下山するルート。

朝日連峰の主稜線に至る両ルートとも、ヒメサユリ満開。
特に古寺コースは登山道の両側をヒメサユリが飾り、熊越付近ではニッコウキスゲも咲き出し、ピンクと黄色のコラボが素晴らしい。さらに近くにはシラネアオイがまとまって乱れ咲き。

さてその画像は↓
Non
筆者はガイド中は私用でカメラ使うことはありませんゆえ。
乱れ咲きのヒメサユリご覧になりたい方、ぜひ朝日連峰で、ご自分の足でいい汗かいて下さい。

その他思う所多数の二日間ではありましたが、また別記事にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

設備投資

Pa0_0003
日本山岳ガイド協会仕様のファーストエイドキットを購入。

Pa0_0002
ううっ、買ってみたら、今まで自分が使用していたポーチ(右)と同じオルトボックス、しかも同じ大きさだったりして・・・

Pa0_0001
 JMGA仕様のキットには、金田正樹医師の尽力で購入可能になった特殊樹脂ギプス(右、特殊樹脂で覆われた包帯で、水で濡らすと短時間で硬化する)、ディスポーザブルの体温計、シリンジ(何に使うかはFA講習受けた人だけのひみつ)等々が入っている。
 なおJMGA仕様のファーストエイドキットはクライミングガイド用の小型キット(画像ポーチの半分の大きさ)、ツアー等の多人数を引率するガイド用のキットの2種類ある。私が購入したのは後者。

 骨折等の重篤な負傷に備えるのはもちろんですが、東北の山で活動する自分には自分なりの(苦い)経験があるため、これから自分なりに中身をアレンジする予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »