« 業務上横領の誘惑。 | トップページ | グリベルの最新モデル Avatar »

あえて問う。バンフ・マウンテンフィルムフェスは本当に世界最高なのか?

 今年もバンフ・マウンテンフィルム・フェスティバルの季節がやってきたようです。

バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバル イン ジャパン2011

 どっかの自称山岳ポータルサイトとやらが同映画祭を「世界最高」と形容していたのだが、果たしてそうなのか?

 あえて問う。

本当にバンフ・マウンテンフィルム・フェスティバルは世界最高なんでしょうか?

 主催のカルト企業の事にツッコミ入れるとキリがないのでここでは省略するが、まず映画の選定基準や評価が公表されていないのではないか?ピオレドールやピオレドールアジアは選定基準が不明だとイチャモンつけてた山岳ライターや山岳ガイド氏にはぜひまた気炎を吐いてほしいところだが。

 さらに日本で公開されるのは、前年の映画だったりすること。
 いい作品は何度見てもいいから、ここは容認するとしよう。

 マウンテンフイルムといいながら、その内容は多岐にわたるわけだが、私にいわせればスカイスポーツの映像など、はっきり言って退屈である。
 いや、価値観の多様な現代のアウトドア・登山界だからこそ、万人にウケるセレクトなどありえないのはわかっている。ならばあのわずかな上映本数で多様なアウトドア・登山の最高の映画を選定するなどとというのは、ハナから無理があるのではないか?

 当記事のタイトルを「本当に世界最高なのか?」としたが、バンフフェスで上映される映画はたしかに高水準であることは認める。
 私が言いたいのは、現在の日本において定期的に開催される山岳・アウトドア関係の映画祭はバンフフェス一つしかない、比較もしようもないのにその中で「サイコー」「サイコー」と無批判に宣伝に乗せられる姿勢はどうよ?

 試しにmountain film fes という言葉でgoogle検索してみてほしい。
 世界各地で、様々な山岳・アウトドア映画祭が開催しているのだ。

 これらをふまえて、某カルト企業の「世界最高」の宣伝文句に踊り踊るなら東京音頭な日本の純真無垢な登山関係者は可愛らしいね、と思う訳。

 以上、韓国で開催されたトレント山岳映画祭の出張上映を見損ねた筆者の負け惜しみでした。

|

« 業務上横領の誘惑。 | トップページ | グリベルの最新モデル Avatar »

アウトドア」カテゴリの記事

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/52209209

この記事へのトラックバック一覧です: あえて問う。バンフ・マウンテンフィルムフェスは本当に世界最高なのか?:

« 業務上横領の誘惑。 | トップページ | グリベルの最新モデル Avatar »