« 盛夏が過ぎ、 | トップページ | おしごと日記。 »

HANWAGの太っ腹

H1
 2011年8月、靴メーカーとして知られるHANWAG(ドイツ)が会社創立90周年を記念して、DAV(ドイツ山岳会)と共同で、ドイツ最高峰ツークシュピッツェの長大な稜線に避難小屋を設置した模様です。

 ハンワグのウェブサイト調べりゃ詳細わかるんですが、私め、生活がバタバタしてそんな余裕ありません(^-^;
 東欧の某クライミングサイトからの記事から転載。

H2
設置はヘリコプターであっさりと。

H3
現役土木作業員の私としては胸ワクワクするのがこの画像。
いや~、どうやって「水平とる」(土木業界で、設置物を水平に置くこと)のか興味しんしんです。

H4
 普段、ユニッククレーンでモノ吊って水平とってる身としては、ヘリのホバリングの真下で山小屋の水平とるなんて・・・
 そんなダイナミックな仕事してみたい・・・
 って、作業現場のプレハブ小屋の設置は、リース屋さんにおまかせしている私です。ははははは。

H5
設置完了、ドイツ版『イナバの物置』風画像。
ちなみに小屋のスペックは、長さ6m、幅2.5m、耐荷重2t、収容人数12人だそうです。

小屋の内部はこちら↓
H6
マットもハンワグ仕様。カラーリングは夢の中に出てきそうな赤色で統一。

 こんな小屋が日本にあれば・・・などと比較山岳文化論をぶつ気力は今無いんですが、靴メーカーがこのように社会貢献していることと、小屋設置という現場作業に興味ひかれるニュースでちた。

|

« 盛夏が過ぎ、 | トップページ | おしごと日記。 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/52534753

この記事へのトラックバック一覧です: HANWAGの太っ腹:

« 盛夏が過ぎ、 | トップページ | おしごと日記。 »