« 荷揚げ | トップページ | 韓国 現代登山概略史 »

震災は、まだ終わらない。

ある登山関係者から、ショックな話を聞いた。

被災地から、山形の某山に泊まりがけで来た、おばさんパーティー。

彼女たちいわく、

「避難所生活は精神的におかしくなりそうだ」

「だから趣味の登山に出かけたかった」

「だが、周囲の雰囲気からとても登山とは言い出せなかった」

被災地から彼女たちは、おしのびで山形の山に登りに来ていたのだという。


彼女たちの言葉に込められた問題。

 それは突き詰めると日本社会における余暇・遊びの社会的認知度まで問われることになるのだが、ここではそこまで追求するのは止めておく。

 私がガイドとしてではなく、一登山者として考えさせられたのは、好きな登山をも行うことがはばかられる「空気」の存在、そして彼女たちのような被災者のメンタル面の問題である。

 家庭、まして震災という異常下で無数の問題を抱える現状で、生活を切り盛りしていく中高年女性(むろん女性ばかりではないのだが)たちの気晴らしさえも、自由にならない現実。

 
 ボランティアに関わる際、被災者それぞれの人生に深入りすることはできない、という意味のことを言われた。
 しかし、自然の中で気分転換すらもままならない人々が、山を隔てた隣県にいるという現実。

 このまま無力感にとらわれるだけでよいのか。
 かといって、自分の家庭を養うことに精一杯の兼業ガイドに何ができるのか。
 まだ結論は出ていない。

|

« 荷揚げ | トップページ | 韓国 現代登山概略史 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/52775781

この記事へのトラックバック一覧です: 震災は、まだ終わらない。:

« 荷揚げ | トップページ | 韓国 現代登山概略史 »