« 中国の環境保護映画、『深呼吸』 | トップページ | 震災は、まだ終わらない。 »

荷揚げ

連休。
ガイドの仕事にあぶれたため、予定変更。
昨年に引き続き、朝日連峰・合同保全事業で用いられる資材の荷揚げのため、大朝日小屋に向かう。

参考サイト:飯豊朝日連峰の登山者情報

 当初予定されていた資材空輸のヘリがキャンセルとなり、人力による荷揚げが必要となり、古寺鉱泉登山口に200kgの資材がデポしてある。
 そんな情報が入り、昨年同様に100リットルのザックを車に放り込み、古寺登山口へ。
 今年も私は合同保全作業には参加できないが、せめて荷揚げという形で協力したい。

 現地に到着してみると、午前5時半の時点で古寺登山口に残っていた資材は2.8kgの土嚢(マタイ)袋が入ったビニール袋二つだけだった。
 同時に登山口に来られていた西川山岳会の山スキーの達人、柴田さんと分担し、お互い2.8kgの土嚢袋をかつぐことになる。(初対面の方と思いきや、当ブログをふりかえってみれば2008年の荷揚げですれ違っておりました。柴田さんには大変失礼しました。)
 2.8kgの袋一つなので、100リットルザックの出番は無く、いつものガイドザックに押し込んで出発。
 柴田さんも「せっかく背負子用意したのになあ」と苦笑いしながら準備されていた。

 霧雨から、しとしと降る雨へ。
Pa0_0020
 雨の朝、濡れて光る蜘蛛の巣の幾何学模様を楽しみながら登る。

Pa0_0022
 登山ルート下部のブナの葉は、今年も・・・・

Ho_3
 犯人は近くにいるものだよ、ワトスン君。

Pa0_0017
 よくみまわすと、ウエツキブナハムシがたくさんいました。まあ奴らも生きんがためのブナの葉喰いなわけですが。

Pa0_0015
 実は前日、私の母校の高校山岳部が同じ朝日連峰・障子ヶ岳でスズメバチに襲われヘリ搬送されたのですが、目の前のハチ達は蜜集めに余念が無い様子。
 秋、そして冬を前にせっせと働く働き蜂。末端土木作業員の共感を呼ぶなあ。

 大朝日小屋に到着、資材を小屋内にデポ、管理人さんと立ち話。
Pa0_0010
 小屋の一階には合同保全作業用の資材が積まれていました。
 
 2.8kg、荷揚げと呼ぶにはおこがましいが、資材をデポしたザックは菅直人の発言なみに軽い。
 帰路は花を眺めながら下山。
 
Pa0_0013
ほとんど咲き終わり、一株だけ残っていたマツムシソウ。とても淡い色が印象的。

Pa0_0007
 夏の忘れ物。
 エゾオヤマリンドウの隣に咲くイワカガミ。

下山するほどに雨が強くなる。
Pa0_0002
 雨粒のしずくが、ヒキオコシの小さな花を光玉に飾る。

 なにぶん背負っているザックが菅直人の脳みそなみに軽いため、昼の12時半には古寺鉱泉に下山。
 山形市の自宅に戻り、衣類の洗濯、濡れた装備を干したり後かたづけに専念。
 カミさんと子供たちは上山市の「かかし祭り」におでかけのため、台所の洗い物など、午後はゆっくり静かに過ごす。そして明日からの出張準備。また山の事は少し忘れ、出張生活再開です。

|

« 中国の環境保護映画、『深呼吸』 | トップページ | 震災は、まだ終わらない。 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

当方、前日に荷揚げしてきました。
一応、ネット1個と土嚢を1個50のザックへ入れて、いざっっっ。知り合いが居たので抜いたり抜かれたり…
この荷物を降ろせば帰りは楽だからと自分に言い聞かせ銀玉水まで。なんと、勘違いした方が居たらしく銀玉水の広場にネットが置いてあるではありませんかcoldsweats02そこで土嚢1個追加して小屋まで踏ん張りました。あぁ、荒地が少しでも回復してくれれば嬉しいです。
一日違いでしたね。

投稿: は。 | 2011.09.20 21:00

re:は。様
 荷揚げお疲れ様でした。
 お会いできる機会のようでしたが、ニアミスでしたね。

<<なんと、勘違いした方が居たらしく
 うあ゛・・
 あの銀玉からの登り、本当にお疲れ様でした。
 は。様は合同事業の方も参加でしょうか。
 銀玉付近や他の荒れた場所も、時間はかかるでしょうが少しでも回復してもらいたいものですね。

投稿: 聖母峰 | 2011.09.24 14:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/52775136

この記事へのトラックバック一覧です: 荷揚げ:

« 中国の環境保護映画、『深呼吸』 | トップページ | 震災は、まだ終わらない。 »