« 女子高生の美しさ。 | トップページ | 虎毛山から »

秋の連休。

連休。
山にも行かず休養。
家族サービスは、
20110411171622
セ ル フ サ ー ビ ス な 。

土曜日。
野暮用にて実家へ。
Pa0_0014
山形名物・からかい煮を喰わされる。
からかい煮とは、エイを甘辛く煮た山形の郷土料理である。
からかい、とはその昔、山形の紅花などを買い付ける日本海廻りの船で関西からやってきた商人が『唐貝』として、関西現地では畑の肥料だったエイの乾物を食用として我が山形県人に売りつけたものが始まりらしい。
さすが関西人やることちがいますねー(棒読み)

で、現代でも山形では「からかい」として、エイの乾物は結構高い値段で売っている。
実家の爺婆いわく、魚屋でたまたま乾物でないエイを見つけたから煮付けたと言っている。
おいおい、それ「からかい」じゃねえだろ、と突っ込むと、乾物の「からかい」は高い、と即答。うーむ。
味はうちのカミさん(元管理栄養士)に怒られそうな塩辛さ。
そこも突っ込むと、「(味が塩辛いのは)それは保存のためだ」と婆が即答。うーむ。

野暮用をすませ、カミさん実家に妻子は出かけ、静かな自宅に戻る。
Pa0_0015
長年愛用しているアイダーのパンツのほころびを縫う。
いろいろ優れた生地のパンツは出ているのだろうが、私の太く短い足にフイットし、雨でずぶぬれになっても歩いているうちに体温で乾いてしまうアイダーのパンツはもう手放せない。
ガリガリ君なみに冷え切った夫婦仲、いつ破局してもいいように、縫い物も自分でやる。

日曜日。
快晴。
子供たちを山形市郊外の大型公園に連れて行く。
普段、自宅前では十分に乗ることができない自転車で思い切り走らせてやる。
やはり広い場所で走りたいのだろう、息子と娘も、いつもと表情が違う。

夕食。
我が家の食卓は、秋の食卓。
Pa0_0011
芋煮に、

Pa0_0012
アケビの辛味噌炒め(左)、アケビの果肉(右)。

現在、パソコンのシステム入れ替えのため、しばらく山の海外ネタに手が出ません。あしからず。

|

« 女子高生の美しさ。 | トップページ | 虎毛山から »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/52950237

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の連休。:

« 女子高生の美しさ。 | トップページ | 虎毛山から »