« い ま し め | トップページ | 女子高生の美しさ。 »

スティーブ・ジョブズは世界を変えたのか?

某漁村に住み込みで、人里離れた山奥で現場作業に従事の日々。
えのきど。様のツイッターでスティーブ・ジョブズの死を知る。

翌朝、旅館の古ぼけたテレビ。
ワイドショーの糞キャスターがipodを手にして
「世界を変えたipod」と解説していたことに、私の脳みそがプチッとくる。

Ip

ipodが本当に世界を変えるのか?

地球の全人口が70億にならんと推測される現在、インターネット利用者は推定18億人。
全人口の1/3未満の、18億人が世界のすべてなのか?
女子アナとかいう自社社員の結婚話が堂々とニュースに流れる日本のメディアの馬鹿どもには、その程度の認識がお似合いだろう。

 私の勤務先での所属部署、常々ブログでも語っているように、現場作業部隊なもんで、職人気質が強い人々の集団。
 普段の業務でもほとんどPCなど使わず、私生活でもPCやネットなど利用していない人間が多い。
 そんな中で、以前当ブログに登場した若手社員のH君は、それまで全くPCを使っていなかったものの、ipodを使いたいがためにPC操作を覚えていった。

 そんな姿を見ていて思う。
 ipodが世界を変えたかは知らないが、確実に人を変える製品であった。

 かくいう私は建設会社に入社以来、98マシン&windowsユーザーだったので、アップル製品は使用していない。
 スマートフォンも必要を感じないのでiphoneには縁遠いだろう。
 左翼偏向山岳ライター井上某はauのiphone取り扱いは自然エネルギー推進派の孫正義潰しだと何の根拠も示さず吠えているが、孫嫌いの私はソフトバンクのハゲが潰れるなら大歓迎である。

 スティーブ・ジョブズの死の翌日、新聞各紙を読む。
 日本のメディアが取り上げるのは、「あなた方のような裕福な方たちは、別にスマフォもipodも無くても困らないでしょ?」と言いたくなる、大企業の爺どものコメントばかりである。

 そんな中で、mixiを通じて中学の同級生のコメントを知る。
 彼女は中学の時から絵や漫画が巧く、今デザイン学校の講師をしているヘビーなMacユーザーだ。
 短いコメントの中に、Macとともにあった青春時代を知る。

 スティーブ・ジョブズの功績は本当に世界を変えたのか。
 私はメディアのその報道姿勢には懐疑的である。
 気安く「世界を変えた」と言う人は多いが、そういう方の世界とやらは、鎖国下の江戸時代のサムライ並みに、ずいぶん限定された世界に違いない。
 ipodやipad、iphoneで、タリバンの弾圧に苦しむアフガンの女性たちの苦労が何か変わりましたか?


 だが職場のH君や中学の同級生のコメントを読み、彼の開発した製品は確実に「人を変える」製品だったのだな、と私は思う。

|

« い ま し め | トップページ | 女子高生の美しさ。 »

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/52937644

この記事へのトラックバック一覧です: スティーブ・ジョブズは世界を変えたのか?:

« い ま し め | トップページ | 女子高生の美しさ。 »