« 愛する夫、その名はワルテル・ボナッティ | トップページ | ロシア・クリスタルピーク2011 »

冬休みは家族でK2登山な。

今年の冬休みは、家族みんなでK2登山はいかがでしょうか?

1321562776_43b
ボードゲーム『K2』

な、なんと、K2登山がボードゲーム化!!

小学生の頃、ボードゲーム(シミュレーション・ウォーゲーム)をやっていた私にはたまらん話題ですなあ。
このゲームに関しては、独の登山サイトBerglebenで話題になっていたのですが、

Spielvorstellung: K2 - Herausforderung am Lambha Pahar by Bergleben2011.11.16

さらに調べたら、ポーランドのゲームメーカーREBEL社が開発したようですね。
宣伝動画(ポーランド語)はこちら↓

ゲーム内容ですが、
K2_wizualizacja304989600x0
 おなじみのK2南東面のイラスト地図を舞台に、プレイヤーは2名の登山者からなるパーティーを率いて、18日間の遠征期間で登頂をめざすというもの。(18日間ってのはゲームだから突っ込みは無しよ)
 ゲームでは3日先までの気象予報が提供され、テントを設営し天候とルートを観察することがキーポイントになるとか。

K2_karty825046924x0
クライマーのシチュエーションを表したカード

1321562510_43b
プレイヤーは1~5人、ゲーム時間は30~60分、対象年齢は8歳から。
Amazon.deでは32ユーロで販売中。

なお、ポーランドのREBEL社サイトをのぞくと・・・
このゲーム『K2』拡張版として、
K2_bp_3d418441924x0
ゲーム『ブロードピーク』も発売中!
しかも解説によれば、クシストフ・ビエリツキが初登した「ビエリツキ・ルート」(REBEL社解説より)がゲームの舞台になっている。
マニアックすぎる~
ポーランドのガキんちょは、こんなゲームで遊んでるんでしょうか。

 ただ見方を変えれば、自国の登山家たちの足跡が子供達の玩具にもしっかり反映されるほど、登山という行為が認知されていることと捉えることもできるでしょう。

|

« 愛する夫、その名はワルテル・ボナッティ | トップページ | ロシア・クリスタルピーク2011 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/53347545

この記事へのトラックバック一覧です: 冬休みは家族でK2登山な。:

« 愛する夫、その名はワルテル・ボナッティ | トップページ | ロシア・クリスタルピーク2011 »