« 妻よ君にだけは | トップページ | テレビCMに見る、韓国社会における『アウトドア』普及度 »

ピオレドール・ロシア&スチール・エンジェル、そしてクリスタルピーク受賞者たち

続けてロシアネタ。

 先の『クリスタルピーク』の他に、ロシア山岳連盟が主宰するアワードが『ピオレドール・ロシア』、そして優れたクライミングを展開した女性に贈られる『Steel Angel』(鋼の天使)。

 ピオレドール・ロシアは皆様おなじみのピオレドール同様、金色のピッケルですが、『Steel Angel』はアックスのピックに天使の輪を組み合わせた洒落たデザインのトロフィー。
Sa

 これらの賞にノミネートされたクライミングから紹介します。
 先日紹介したクリスタルピークとかぶっていますので、画像は割愛。

◎ピオレドール・ロシアにノミネートされたクライミング
  1. ラトックIII峰, 6940 m,パキスタン
2. シャークス・トゥース, 1555 m, グリーンランド
3. トランゴ・ネームレスタワー, 6251 m, パキスタン
4. ウシュバ南峰南西壁, 4710 m, グルジア
5. グレート・トランゴ, 6286 m, パキスタン
6. Grossvenor, 6376 m, 中国

6.のGrossvenorは、かのGIRIGIRI BOYSも狙って果たせなかったエドガー東壁にトライしたロシアチームが、やはり悪天に阻まれ、転進したものです。

◎スチール・エンジェルにノミネートされたクライミング
 こちらは画像付きで紹介します。

1. ナタリヤ・プリレプスカヤ、マリナ・ネチャーエフによるアサン西壁ポゴレロフ・ルート 6A
Pp1

2.マリア・ヒティリコバによるガッシャブルム1、2峰連続登山
Pp2

3.スヴェトラーナ・スマキーナ、アナスタシア・コヴァレバ、ダリア・トポルコバによるアサン西壁ポゴレロフルート 6A
Pp3

4.マリナ・コプティバ、アンナ・ヤシンスカヤ、ガリーナ・シビトークによるグレートトランゴ「パラレルワールド」初登
※画像は割愛

そして二つの賞の結果は・・・
Pr

 2011年ピオレドール・ロシアは、グレートトランゴ「パラレルワールド」開拓初登を果たしたマリナ、アンナ、ガリーナに決定。同賞初の女性受賞者です。
 2011年スチール・エンジェルは、アサン西壁のナタリヤ、マリナ組。
 オーディエンス賞(一般からの投票による)は、グリーンランドのシャークス・トゥースを登ったアレクサンダー・ルチキンとミハイル・ミハイロフが受賞しました。

 一方、先に紹介した2011年クリスタルピーク。
 デニス・ウルブコによる一連の素晴らしい冬季登頂、アルパインクライミングが選ばれるのではないかと当ブログをご覧の方は予想されたかもしれません。
 今年選ばれたのは、GⅡ冬季登頂やトランゴのビッグウォールクライミングをおさえて、未踏の冬季パミールを踏破したソ連将校峰・革命峰を登ったセルゲイ・ロマネンコらに決定しました。
Crp

 おそらくロクソノ誌では紹介されない記録ですので、動画をどうぞ↓

 例年のような、ビッグウォールにウエイトを置いた選定ではなく、未踏、そして水平と垂直の冒険に賞が与えられたのは、個人的に嬉しい気がします。

 さて、先のクリスタルピークと併せ「賞が乱立してるのではないか?」と思う方、実はロシアのネット上でも、受賞者の選定方法や基準にかなり疑問の声があがっています。
 特に今年はグレートトランゴを登ったマリナ・コプティバらがピオレドール・ロシアのみにとどまったこと、これに対してクリスタルピークやスチール・エンジェルに対する審査基準に対して特に風当たりが強いようです。

 そのせいでしょうか、先にリンクしたロシア山岳連盟のニュースサイトでは、わざわざ審査員直筆による採点表の画像が掲載されています。

 乱立する賞そのものについては、やはり審査基準が厳しく問われることになるでしょう。
 しかし登山やクライミングに対する価値観は唯一ではないわけで(このあたり頭の固い糞爺クライマーが日本には多すぎるようですが)、ロシアの登山・クライミング関係者がこれらのアワードをどのように発展させるのか、もしくは衰退させるのか、あと何年かは興味深く見届けたいと思います。

|

« 妻よ君にだけは | トップページ | テレビCMに見る、韓国社会における『アウトドア』普及度 »

expedition」カテゴリの記事

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/53415268

この記事へのトラックバック一覧です: ピオレドール・ロシア&スチール・エンジェル、そしてクリスタルピーク受賞者たち:

« 妻よ君にだけは | トップページ | テレビCMに見る、韓国社会における『アウトドア』普及度 »