« 岳温泉 『風花』 | トップページ | 韓国アウトドア業界の不都合な真実 »

殺人犯がキャンパーのいる国立公園に逃亡!そのとき男たちは・・

冬季もBCスキーヤー、スノーシューやキャンプを楽しむ人々でにぎわう、アメリカ・レーニア国立公園。
ここで2012年の元日、女性パークレンジャーが射殺されるという惨劇が発生。
しかも犯人はキャンパーのいる国立公園内に逃亡。

犯人を捜索するヘリが飛び、事件発生を知らないキャンパーを発見。
キャンパーたちは無線を持っておらず、携帯電話は圏外で使用不能。
拡声器による呼びかけは、犯人の捜索に支障があるため使えない。
そこで捜索ヘリの男たちがとった手段とは・・・

Coffee cups deliver warning to campers on Rainier by The seattle times 2012.1.4

捜索ヘリのパイロットがとった手段、
それは紙コップにメッセージを書いて上空から投下することでした。
Cup
実際に投下された紙コップ(Photo by Jen Berthiaume)

この事件の発端は、1月1日。
シアトル市内のハウスパーティーでのいざこざから、銃撃事件が発生。
犯人のベンジャミン・コルトン・バーンズはレーニア国立公園方面に車で逃走。
同日、犯人逃走防止のバリケードを準備していた女性パークレンジャー、マーガレット・アンダーソンがバーンズに撃たれ、亡くなってしまったのです。

200人の捜索関係者、熱線追尾装置まで用いられてベンジャミン・コルトン・バーンズの捜索が開始されましたが、事件はあっけなく終わりました。

Tシャツにジーンズという軽装で冬のレーニア山中に逃亡したバーンズは、翌2日、低体温症で死体となって発見されたのでした。
メディアではバーンズはイラク帰還兵と報道されていますが、法の裁きを受けることもなく冬山であっけなく死に、残されたのはマーガレット・アンダーソンの遺族や親しい者の、怒りと悲しみだけになってしまいました。

|

« 岳温泉 『風花』 | トップページ | 韓国アウトドア業界の不都合な真実 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/53706713

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人犯がキャンパーのいる国立公園に逃亡!そのとき男たちは・・:

« 岳温泉 『風花』 | トップページ | 韓国アウトドア業界の不都合な真実 »