« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

ウエンガーHypeXペンダント

 その昔、少年向け雑誌の通販広告に、金属プレートにナイフやらマイナスドライバーやら缶切り・栓抜きを加工した『ライフツール』とか『サバイバルツール』なんてのがありましたが・・・いまでもあるのかな?

 スイスアーミーナイフのメーカー・ウェンガーが、さらにファッショナブルに進化した「ペンダント」を創り出しました。
 それがウエンガー・ハイペックス・ペンダント(Wenger HypeX pendants)です。

 Wenger HypeX pendants: Survival tools you can wear by Gizmag 2012.2.2

 まずは製品をご覧あれ。
We1
『Buss』は普段はシンプルなボックスタイプ

We2
『Buss』は+、-ドライバーを内臓。

We3
『Pietra』は両面が火打ち石とナイフシャープナーで構成されています。

We4
『Ridge』は各種サイズの六角レンチとワイヤーストリッパー(電線の被覆剥き)を装備。

We6
『Whug』はホイッスルとピンセットで構成。

We7_2
『Whug』のピンセットを取り外した状況。

We8
『Wyss』はレンチ、ワイヤーストリッパー、栓抜き、缶切りを装備。

We9_2
こんな風に缶切りの刃が内臓されてるんですな。

このHypeXペンダントはアメリカでは6月以降、販売価格60~100$のシリーズで発売予定とのこと。
様々なツールからナイフを省くという、実に大胆な発想です。
私の個人的な感想では、野外活動で缶詰を使う機会も減ってきていることもあり、WyssよりもWhugに魅力を感じますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】G1冬季登頂アタック中止

 ポーランド隊によるガッシャブルム1峰冬季登頂の試み。
 同隊は過酷な強風の中、ねばりにねばり、28日に頂上アタックを試みる予定でしたが、2月27日現在、強風と深い雪に阻まれ、メンバーはベースに戻った模様。
 今後の活動は協議中とのこと。

出典:Gasherbrum I - atak zastopowany przez wiatr by wspinanie.pl 2012.2.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記憶に辿りつく絵画

出張生活。
日曜夜の楽しみは、ガキ共にチャンネル権を奪われることもなく視聴できる、左翼偏向NHKの『日曜美術館』。

Nhk

2月26日の放映内容、『記憶に辿りつく絵画~亡き人を描く画家~』に、深い感銘を受ける。

以下引用開始
----------------------------------
 「亡くなった娘を絵画で蘇らせて欲しい」。1人の画家に来た依頼だ。
 画家は独自の写実表現で注目される諏訪敦。
 諏訪は以前、舞踏家の大野一雄を1年にわたり取材し、連作を描いた。そして7年後に100歳を迎えた大野を再び 取材し描いている。諏訪は写実的に描くだけでなく、徹底した取材を重ねて対象となる人物と向き合い、人間の内面に迫ろうとする気鋭の画家だ。
 依頼したのは、2008年の5月、南米ボリビア・ウユニ塩湖で交通事故に遭(あ)い炎上死した、鹿嶋恵里子さん(当時30)の両親である。鹿嶋恵里子さんは結婚も決まり、結納式から10日後の突然の悲劇だった。
 依頼した内容は、諏訪の絵によって快活な娘を蘇(よみがえ)らせて欲しい、というものだ。
 亡き人を描くために彼はわずかな手掛かりを求め、さまざまな取材・手法から彼女の特徴を探っていく。自分の表現としての作品性と、依頼した両親の娘に対する思いをどのように1枚の絵画に描いていくのか。諏訪が悩み、葛藤していく様を撮影した。
 番組では6か月にわたり諏訪と依頼した鹿嶋さん家族を取材。親の思い・亡き人と向き合った彼の苦悩と完成までの軌跡を追った。
----------------------------------
以上引用おわり

 事故で亡くなった鹿嶋さんの父君は元新聞記者で、現在は大学で教鞭をとっている方。
 そのような社会的にも地位のある方が、感情を露わにしている姿に惹かれたという画家の諏訪氏。

 諏訪氏の取材は非常に細やかなもので、亡くなった恵理子さんの写真、衣類だけでなく、ご両親のデッサン、さらに母君の骨格を実際に触れ、今は亡き恵理子さんの表情を推し量ろうとするものだった。

 諏訪氏は、現世から離別し、「別の時間軸を生きる」恵理子さんをイメージし、その象徴として時計を外し、どこか寂しげな表情の恵理子さんを描く。
 しかし、絵の依頼主である父君とのメールのやりとりの中で、ご両親が「恵理子は死んだと思っていない。」という気持ちを伝えてくる。

 画家としての絵を追求しようとする一方、ご両親の期待に応えなければならないという相反した課題に直面する諏訪氏。

 諏訪氏は恵理子さんの手を描くために、写真だけではなく義手制作会社に相談して恵理子さんの手の模型を作ってもらい、参考にする。
 さらに諏訪氏は人生半ばにして家族を失った人の組織、NPO法人「生と死を考える会」を訪れる。
 そこで決定的な言葉を受ける。

 『(亡くなった)子供にしても、私が知っているのは一部分だけ。そっくり描くのではなく、ご両親は自分の知らない娘を見せてほしいと思っているのではないですか?』

 この一言に諏訪氏はふっきれ、恵理子さんを描き直す。
 表情は赤みがかり、生気があり、まさに微笑む直前の表情を描いたものだった。

 完成した絵が諏訪氏の手で自宅に持ち込まれる。
 箱から出された瞬間、感激で涙ぐむご両親。
 諏訪氏の絵は、見事に御両親の期待に応えた絵となったのだ。

 母君の『写真と違って絵は・・・今にも動き出しそう』という意味の言葉が強く印象に残る。

 
 今回の日曜美術館は、取材構成そのものがドキュメンタリータッチかつスリリングな内容となっており、目を離すことができなかった。
 娘を亡くしたご両親と、その娘の絵を依頼された画家。
 ご両親の想いと画家の想い。
 
 山岳ガイドをやっていて思うのだが、悪天や蒸し暑い日などガイディングしていて、クライアントにとって「今見えている山、今歩いている山が本当に皆さんにとって望んだ山なんでしょうか?」と心の中で思うことがある。
 お恥ずかしい話ではあるが、ガイドする山に対して私の想いと、クライアントの望む想いが異なることもある。
 時折、そんなことを考える私にとって、娘の絵を依頼された画家、そして亡き娘への深い愛情を抱く両親それぞれの想いのすれ違い、そして絵の完成という形で両者の想いが収束する場面は、非常に心打たれるものがあった。

 さて日曜の夜も更け、明日からまたいつもの土木作業の日々に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

標高2400mのスタバ

一昨年秋に山形県初のスタバが出店した時にゃ、田舎もんがわんさか行列作ってました(笑)
どうせ出店するなら蔵王あたりに、こんなスタバが来ればいいのに~

世界初、『スキーin、スキーout』のスタバです。

Ski-in/ski-out Starbucks brings takeaway coffee to the slopes by springwise.com2012.2.22
(画像:springwise.com)

St

 アメリカ・カリフォルニアのスコーバレースキー場に登場したスタバは、コーヒーショップの脇にウインドウを設け、スキーを着脱せずドライブスルー形式でコーヒーが買えるようにした初めての店舗だそうです。
 ドライブスルー形式で結婚式もできるアメリカとしては、今さらのような気がしますが・・・
 なお営業は悪天候時を除き9時~16時。

 springwise.comは起業家向けのビジネスアイデアを取り上げるニュースサイトなのですが、記事によれば、同じカリフォルニアのスキー場マンモスマウンテンでは小型厨房を積載したスノーキャットでゲレンデで軽食を提供しているとか。

 なおスキーinスキーoutのスタバの話題、イタリアの登山サイトMontagna.tvでは、標高2400m、世界最高所のスタバとして取り上げられています。

Apre a 2.400 metri lo Starbucks più alto del mondo by Montagna.tv 2012.2.25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢市 お婦久軒

天候が良くないことと、先週の土木作業でお疲れ気味のため、本日は休養。
書店で買い物、それから石川県立図書館で調べもの。

ちょいと歩き疲れたので広坂のお婦久軒で一休み。

Imgp0062_3
ほうじ茶と六角焼セットで休憩。

Imgp0061_2
和菓子よりも、お茶よりも、茶碗が印象に残ったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【自炊日記】げんげんぼ  

金沢で暮らし始めて一ヶ月。
はや自炊に飽きてくる。

Pas
素敵な年上のおねえさんが部屋でパスタ茹でて待っててくれないかな~

そして現実↓
Pa0_0045
へいへい、今夜も1人分調理して、おしまい。

ある日の深夜、タイムサービスをねらって激安スーパーに行く。
売れ残った鮮魚コーナーをなにげなく覗くと・・・

『 ゲ ン ゲ ン ボ 』

という文字が目に入る。
ゲンゲンボ?
部屋に戻りネットで検索してみると、金沢では冬の風物詩的な魚。
安価な「下魚」で、いわゆる庶民の味らしい。

翌日さっそくスーパーで購入。
6~7尾入ってるのは一人暮らしの私にはもてあましそうなので、カットされた小さいパックを購入、150円なり。
Imgp0048

ゲンゲンボ、または「げんげんぼう」は金沢での呼び名。
正式名称はノロゲンゲ。
ゲゲゲの鬼太郎に出てくる妖怪か、ウルトラマンAに出てくる超獣みたいな名前である。

参考サイト:ノロゲンゲ 市場魚介類図鑑

水魚とも呼ばれ、北陸はもちろん、秋田、新潟でも食べられている。
山形では、少なくとも私は知らない。
ゼラチン質で包まれた身が特徴であり、よいダシがとれるという。
味を知るために、ぶつ切りの身をさらに開いて「すまし汁」にする。

Imgp0051
身を包むたっぷりのゼラチン質。

Imgp0052
ハモのお吸い物をイメージして身を包丁でさばくのだが、ゼラチン質のため刃が滑り一苦労。

Imgp0053
できあがったゲンゲンボのすまし汁。
食べてみると臭みもなく、なかなか良いダシが出てました。
ゼラチン質の食感はそのまま、ツルッと口に入ります。

さて、明日は何喰おうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋と和

土建関連の仕事やってりゃ、腹立つこともあるわけで。

午前中、ある事が原因でキレそうになる。
私は1人で機械を操作している身、気持ちが集中できないと指など簡単に吹っ飛ぶ機械だ。
心を静めようとするが、なかなか苛立ちを抑えられない。

夕方仕事もおわり、私がキレそうになった懸案については、そのキレそうになる原因となった人物の理解も得られたようなので、一応丸く収まる。

この年になると、怒りや憎しみというネガティブな感情は、抱えているとひどく疲れる。

本日はたまたま早く現場退出することができた。
部屋で一休みし、石川県立音楽堂に行くことにする。
Waちょうど今日、「洋と和の響き」と題した、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、そして箏という四重奏のコンサートがある。

私にとって音楽はリラクゼーションのツールである。
それ以上でもそれ以下でもない。
聞きたいときに、クラシックを聞くことのできるホールがあるありがたさ。

コンサート内容は、
無伴奏チェロ組曲 第1楽章 カサド
ピアノ三重奏 第1楽章 ブライナー
ピアノ三重奏 第1楽章 スメタナ
四季「春」 ヴィヴァルディ
ハンガリー狂詩曲 ポッパー

と、前半は重く、後半は軽く

魅惑のワルツ 映画『昼下がりの情事』より
ラグ・タイム ジョプリン
ジュ・トゥ・ヴー サティ
ブエノスアイレスの冬 ピアソラ
鮫 ピアソラ

そしてアンコール曲は
エンタティーナー ジョプリン

とても観衆の評判は良く、コンサート終了後会場のあちこちから「良かったね」と声が聞こえてくる。
ポピュラーなサティはもちろん、映画「スティング」の音楽でおなじみのスコット・ジョプリンの曲に箏がこんなに似合うとは思わなんだ。
違和感がないのは、「第三の男」でも知られるチターの音色に似ているせいだろうか。

音楽に心ほぐしてもらい、バスに乗って部屋に帰る。

好評だったジョプリンの「エンタティーナー」はこんな曲です↓
映画「スティング」は知らなくとも、あ聞いたことある、という人が多いことでしょう。意外と箏の音色が似合うんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASOLO、経営再建計画を提出

イタリアの靴メーカー、ASOLOの経営状況がかなり厳しいようです。

Asolo files bankruptcy reorganization plan in Italy by SNEWS 2012.2.17

以下引用開始
------------------------------------
Bootmaker Asolo has filed the equivalent of Chapter 11 bankruptcy in its home country of Italy, proposing a plan to repay more than EUR 20 million ($26.3 million) in debt by 2019, according to local reports.
------------------------------------

 この報道に関しては日本時間2月20日22時現在、このSNEWSのみの報道だったため、ブログアップは控えていましたが、21日6時現在、イタリアのメディアも取り上げておりましたので掲載します。

La Asolo in concordato per ripianare 20 milioni by la tribuna 2012.2.16

 ここで注意されたいことは、ASOLOというメーカーが倒産して無くなるというわけではなく、『2,000万ユーロ(2630万ドル)』の負債を2019年までに返済するプランを提出している段階ということです。

 なおイタリア本国のサイトや他国のASOLOサイト、ツイッター他でも、まあ当然のことながら経営状態悪化の情報はアップされていません。
 上記のSNEWSをソースにしている中国戸外資料網などはASOLO破産申告というタイトルで記事を配信していますが、今しばらく推移を見守るべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山

休暇を終え、金沢に帰る。

山形から金沢に向かうには、山形新幹線で大宮に行き、上越新幹線に乗り換え、越後湯沢で金沢行きの特急に乗る。

冬。
山形新幹線の楽しみの一つは、冬の澄んだ空気のおかげで、大宮近くから富士山が綺麗に見えることだ。

後ろの座席のおばちゃんが盛んに、
「あの白い山なにかね?あのかっこいい山?」
とかん高い声で何度も繰り返している。

とても知りたがってる風だったので、おもわず座席から後ろを振り返り、
「あれ、富士山ですよ」
と教えてあげる。

おばちゃんは感激した様子で、家族で上京途上なのだろう、孫らしい女の子に「あれ富士山だよ、日本一高い山なんだよ」と教えている。
まだ幼稚園にも入っていないような幼い女の子は、
「あの赤い山はなあに?」
と、民家の屋根も彼方の山も同じに見えているようで、周りの人々の笑いを誘っている。

私たちのやりとりに触発され、他の乗客も富士山の方向を指さしたりしている。
日本人にとって、富士山は強烈な存在感を放つ。

本日の移動のお供は、
Imgp0046
「百人一首」。
1000年以上前の先人の自然観を教わりながら、金沢のウィークリーマンションに帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災追悼登山(福島)

 下記要項で東日本大震災追悼登山が開催されますので、お知らせいたします。
---------------------------------

 来る3/11東日本大震災追悼登山を開催します。新地町の鹿狼山(429m)で実施します。本日付の福島民報、読売新聞に掲載されました。山頂からは太平洋、牡鹿半島から金華山まで望めます。2:46山頂で追悼と東北の復興を祈願します。(福島県登山ガイド協会主催)
311

参考情報:
3/11東日本大震災追悼登山が鹿狼山で開催 by ブログ登山ガイド事務所「とうほくトレッキング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【山は】 謎の失踪 Dyatlov Pass事件が映画化 【怖えーよ】

 当ブログでは『山の映画』についてはジャンルを問わず新作の気配を嗅ぎつけてきましたが・・・

 今回は超ウルトラスーパー久々の オ カ ル ト ネタでございますです。

 オカルト・超自然現象マニアの間では「ロシア版ロズウェル事件」とも呼ばれる、『Dyatlov Pass事件』が、サイモン・フェローズ(Simon Fellows)監督で映画化決定の模様。

Malice in Wonderland Helmer Simon Fellows to Direct Adaptation of Alan K. Baker’s Tome Dyatlov Pass by
filmofilia.com2011.4.2

Mys
Dyatlov峠で消息を絶ったパーティーが遺したテント

 『Dyatlov Pass事件』とは、次のような「事件」である。
 1952年1月末、ロシア・ウラル山脈にクロカンスキーでツーリングに出かけたウラル工科大学の学生9名が2月の予定日になっても戻らなかった。
 2月26日、捜索隊は予定コースのDyatlovで無人のテントを発見。
 
 捜索範囲を広げたところ、約500m先の雪の中で下着姿の2名の黒焦げの遺体が発見された。
 さらに約300m地点で頭蓋骨が粉砕された3名の遺体を発見。2ヶ月後、約4mの積雪の下から発見された遺体は、なぜか唇や舌、顔面や頭皮が失われていた。
 死因が調査され、検死結果として低体温症による死亡と推定されたが、激しく骨が折れているのに何故か目立つ外傷は見当たらないという不可解な遺体であった。

 最初に疑われたのは現地の山中に住む遊牧民であったが、後に否定された。
 現場では行方不明になったメンバー達の足跡しか見つかっていないこと、そして、犠牲者の衣服から高い放射線が検出されたことから、遊牧民の犯行説は否定されたのである。

 Dyatlov Pass事件を紹介した動画はこちら↓(英語・遺体の画像が出るので注意)

 この不可解な「事件」は結局うやむやのうちに捜査は中止、当局の手で極秘扱いされ、この事件に関わる貴重な資料も、ソ連崩壊の折に失われたものが多いと言われている。
 ロシアの登山界では謎の失踪事件として今でも語り継がれており、たまに登山サイトでも取り上げられています。現在まで、雪崩、熊の襲撃、低周波(?)、陰謀説(機密兵器を目撃して抹殺された、外国の諜報員と出くわして殺害された等々)、雪男、隕石落下、そしてUFO・宇宙人との接触説などなど様々な憶測を呼んでいる事件であります。

 この事件がどんな映画になりますことやら。
 このネタ、ロシアの登山サイトで取り上げられてるんだけど、映画化が最初に報道されたのは昨年4月、2012年夏に製作開始とか言われてます。映画館で上映される以前にDVDになってツタヤの棚に並ぶのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反プーチン運動にクライマーが関与

Pu
 ご覧の画像は、去る2月1日、ロイター・共同通信が配信したもので、新聞各紙の海外欄にも掲載されていましたね。
 モスクワ・クレムリン前のビルに突如掛けられた幕にはロシア語でПУТИН, УХОДИ『プーチン出て行け』と書いてあります。当然ロシア国内はもちろん世界中のメディアも取り上げ、強烈なアピールとなりました。

 ロイター・共同通信は、この反プーチンの垂れ幕がかけられた事、反体制派「連帯」の仕業であることを報じたのみでしたが、ロシアのメディアを検索すると、この垂れ幕設置は非常に入念な計画が立案され、クライマーの協力を得て実行されたことがわかりました。

反体制派「連帯」の代表、イリヤ・ヤシン氏のブログより、垂れ幕工作時の記録
НЕБО БЫЛО ЗА НАС

G
垂れ幕設置直前、装備を点検する「連帯」メンバー

イリヤ・ヤシン氏による記録の他、様々な報道を総合すると、

 縦7m・横20mという巨大な垂れ幕を、警察や警備の目を盗んで設置するため、登山の知識を持つクライマーの指導の下、約一週間のトレーニングを積んだ。ビルの屋上で実際に垂れ幕を設置する実行メンバーは女性一名を含む6名。その他に、無線を持つ見張り役など、役割分担もきっちり決め、計画実行は15~20分という短時間で行われたという。
G2
垂れ幕を設置する「連帯」メンバー達

G3
風で帆船の帆のように垂れ幕があおられるものの、計画はあっさり遂行、イリヤ・ヤシンはブログ記事のタイトル「НЕБО БЫЛО ЗА НАС」(空は私たちのためにある)と計画成功の喜びを表現しています。

 垂れ幕は一時間後に警察によって回収され、イリヤ・ヤシンは自分たちはテロリストではないこと、自身の言動には責任を持つと明言しています。

 ちなみに・・・・
 2週間後の2月15日、プーチン支持者か政府関係者か不明ですが、
P3
『プーチン、クレムリンに来てheart
という垂れ幕が下げられたのですが、海外メディアは華麗にスルーしてますね(冷笑)

 当ブログでは、プーチンが若者向けのスポーツイベントで人工壁にとりつく様子を取り上げましたが、

プーチンがぁぁぁ!!! 当ブログ2011.08.03

 よもや、クライマーの協力により自分を糾弾する垂れ幕が掲げられるとは、聡明なプーチンも予想していたでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一時帰宅

諸般の事情により、金沢から一時帰宅。

自宅に帰ってみれば、

◎家族全員、風邪でダウン。医者への通院への送迎、治った息子の幼稚園送迎を担当。え?私?バカは風邪ひかないんです。

◎自宅前の除雪。自宅から車道に出るのに、山と積まれた雪が視線をさえぎり、右車線から来る車が全く見えない危険な状態。ここ数日の陽気で積み上げられた雪は氷塊になっている。ツルハシと鉄スコで崩し、自宅前の別の空きスペースに運ぶという地道な作業。カミさん風邪でダウンのため、私1人でもくもくと作業する。

◎実家で営む店の除雪は、老いた実父に代わり近所の方が除雪機で掃いてくれていたため、金沢の土産を手に挨拶回り。

◎実家の爺が自室でテレビ見たい、と昨年から訴えていたので、地デジ薄型TVを買う。しかも実家のアンテナ配線がどうなっているか不明のため、家具を動かして確認。昭和時代の古い端子だったため、ホームセンターでアンテナ用端子を調達、ケーブルを切断して先端を加工、テレビに取り付け、およびテレビの受信調整まで、ぜんぶ私1人で作業。にわか電気工事士に変身。

◎前々からノイズがひどかった、自宅の電話機がついにオシャカになる。NTTのカスタマーセンターに携帯で連絡をとり回線の確認。さらに実家から別の電話機を持ち込み、回線の状態を自分で確認。結果、電話機に問題があることが判明。保証書を確認すると、まだ保証期間内なので家電販売店に持ち込み、修理依頼。

◎週末は幼稚園の子供と親・先生を交えた、卒園前の懇親会。カミさん風邪でダウンのため、私が代理出席予定。

などなどの事柄が い っ せ い に 起こる。
昼13時30分から始まる愛憎ドロドロの昼ドラだって、もう少しテンポゆっくりで話が展開するよな、と愚痴を言いつつ片づけていく。
どう考えても、会社で働いているより休日の方が忙しいんですが。

登山や冒険の世界で、男性と女性はどっちが有利だとか書いてる奴もいるけど、それ以前に、地方都市の長男に生まれると人間関係という名の凄い足かせがあるってことに、大都会に一人暮らししているアウトドアライターにはわからないんでしょう。

地方都市の長男で何かと雑用多い皆さん!
生活環境に負けずにやりたい事やっておきましょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リサ・チェンって知ってる?

 ロクソノ誌はじめ日本ではほとんど見向きもされないクライミングの「スピード競技」ですが、スピード競技の陰に人生あり。

Lisa Cheng by Timeout Hongkong2012.1.30
以下記事引用開始
-----------------------------------------------
Ls
 彼女が優れたクライマー(アジアそして世界大会でクライミングのチャンピオンとなった)であるだけでなく、他の多くの分野に『いっぱいに伸ばした彼女の手足』という意味を込めて、人々は彼女を『スパイダーガール』と呼ぶ。
 香港ボディビルディング選手権大会を6度制覇したリサ・チェン(鄭麗莎)は、普段からの節制のためにとてもしなやかにみえます。決してガッチリした体格ではなく、外見からはその筋肉に気づきません。
  「常に身体造りに集中しているからです。」
 低所得層の家に生まれ、チェンはちょっと道を踏み外したティーンエイジャーでした。
  「私はそんなに悪くなかったんですが、でも煙草を吸ったり酒を飲んだりしてぶらついてました。 両親が寝ている間に、バーにいる友達に会うために家から抜け出したりしていました。バーは本当は好きじゃなかったんです。友達がしていることをしたかったんですね。」

 彼女の人生を変えたもの、それはクライミングでした。
  「私が12のとき、参加者でただ一人の女の子だったんですが、コミュニティ・センター近くで開催されたクライミングコンペに加わりました。トップに着くのがいちばん速かったんです。 みんなが拍手してくれました。そのとき、強い達成感を感じたんです。突然、これが私のやりたいこと、やるべきことなんだと思いました。」

 それから10年、チェンは2006年のUIAAクライミングW杯を含む約20のクライミングコンペで勝ちました。彼女は中国女性として初のチャンピオンになったのです。 チャン・チャウ(Cheung Chau)の有名なBunタワー競争(訳者注:日本では長洲饅頭祭りとも訳される、饅頭が沢山付いたタワーをトップロープクライミングで登りながら饅頭をつかみ取るイベントで有名)にも参加しました。もちろん、彼女にとっては簡単でした。
 独立したアスリートであるチェンは、これまでの業績は自分の動機付けに裏打ちされたものとしています。
  「私が香港スポーツクライミングチームに入ったとき、1人のコーチで1ダースのチーム・メンバーの面倒をみなければならない状況でした。私は、自分しか頼れるものがないということを知っていました。」
 彼女は様々なセルフトレーニングを積み、 「コンペで勝つたびに、自身を誇りに思いました。」

 19歳になり、彼女は3年がかりでスポーツマネジメントの資格を取得しました。「勉強不足を取り戻すのに苦労しました」と振り返ります。
「あまり英語ができなくて、教科書がとても難しかったんです。でも途中で投げ出すのはいやなんです。 一旦道を選んだら、最後まで歩きたいんです。」
 3年後、彼女はなんとか『中程度の成績で』卒業することができました。
 チェンが学んだスポーツ理論に関する体系的な知識は、多くの異なる競技に役立ちました。 彼女は、フィットネス・トレーニング、ロッククライミング、体操、ボクシング、ムエタイ、エアロビクス、ベリーダンスなど、10種のコーチ・ライセンスを所持しています。
 チェンの恩師の1人は香港・中国ボディビルディング協会のメンバーでした。 彼はボディ・フィットネスを始めるよう勧めました。こうして、その後6年間、彼女の快進撃が始まりました。
  「私は芸術が好きです。そして私は自分を芸術に変えることが面白いと感じました。あなたに強い意志と忍耐があって、評価基準をご存じならば、フィットネスのコンペで勝つことは、比較的簡単なことです。」
 チェンが『簡単に』2010年のワールド・ボディビルディングチャンピオンシップで優勝した初の香港代表になったことは、意外なことではありません。

 しかしチェンは、アスリートとしての人生が年齢によって制限されることに気づいています。
  「私はアスリートとして、香港を代表してコンペに勝ち、楽しんできました。しかし、それは私にとって過去のことです。永遠には続きません。」
 彼女は、今年はコンペに参加するよりは俳優業に時間を費やしたいと考えています。2008年以降、彼女はテレビタレントと女優として活動してきました。昨年後半からは、彼女は身体を使うコメディの指導に重要な役割を果たしています。演技賞は、近い目標ですか?
 「私の次のゴールは、アクション映画女優として成功することです。それから私も自身のビジネスを始めたいですね。私のブランド(レストラン)を持ち、 幸せな家庭を持ちたいです。幸福を夫や子供たちと共有することが大切だと思いますから。」
 彼女の口調から、おそらく彼女が成功を収めるのは間違いないだろう。
 記事: シャーリー・チャオ
-----------------------------------------------
以上引用おわり

 おお~、スピード競技とはいえ、クライミングが不良少女を一流アスリート、そして芸能人として輝かせたサクセスストーリーですなあ。彼女自身の素晴らしい資質はもちろん、それを支える努力があったんでしよう。
 ちなみにリサ・チェンで動画検索するとバシバシとムエタイ道場でキックミットを回し蹴りしている動画がいっぱい出てくるのですが、インタビュー動画はこちら↓
 香港名物・ チャン・チャウの饅頭タワークライミングの様子は1分26秒あたりから流れます。

モデル業にも進出しているリサ・チェン先生から簡単なストレッチを習いたい方はこちらのサイトへどうぞ。↓
July Special: 8 Stretches You Can Do At Home by The yesstylist 2011.1.30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタイン

そりゃ私も男ですから、 カ ミ さ ん 以 外 の 女 性 か ら チョコもらいますよ。
Pa0_0044

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
・・・娘からだけど。

毎度DM送ってくるアメリカのガイド会社からは、こんな画像が送られてきました。
Va_2

よく拝見するアウトドアサイト『アウトドアハック』様のブログでは、こんな素敵な画像集が紹介されています。

アウトドアギアで作るハートなグリーティングカード by アウトドアハック2012.2.10
男性諸氏、ホワイトデーの参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のパキスタン登山隊3隊の状況

 皆様ご存じの通り、今冬はK2、ナンガパルバット、ガッシャブルム1峰の冬季登頂をめざす登山隊が入山しました。

◎K2
 すでに報道のとおり、ビタリ・ゴレリク隊員の死去によりロシア隊は撤収。
 ビタリ隊員は研究員として仙台に滞在されていた事もあり、多くの日本人クライマーの方々からもウェブ上で哀悼の意が伝えられています。氏の人柄を反映し、ロシアのクライミングサイトでは非常に多数の哀悼のコメントが寄せられています。

◎ナンガパルバット
 すでに雪山大好きっ娘。様のツイッターでも既報のとおり、シモーネとデニスのペアは天候とコンディションの悪化から登頂を断念。
 スペインのDesnivelの報道ではシモーネのコメントとして、

『この山は無慈悲であり、ロシアンルーレットであり、それはもはやアルピニズムではない』
と語っています。
さらに、
『デニスと私は強力なコンビではあるが、
Ali
宇 宙 人 で は な い 。
Denis y yo hemos construido una cordada muy fuerte pero somos humanos, no somos extraterrestres
とまで言わしめています。

Simone Moro "La montaña está inhumana. Es una ruleta rusa y eso no es alpinismo". by Desnivel 2012.2.14

◎ガッシャブルム1峰
 西ヨーロッパの登山サイトではなぜか状況が報じられていませんが、今冬はポーランドから、ガッシャブルム1峰の冬季登頂をめざす登山隊が入山しています。
 ポーランド山岳協会のウェブサイトによれば、2月12日現在、ジャパニーズクーロワールに続く7040mにキャンプ3を設立したものの、ナンガ隊も撤退を決めた悪天が続き、時速45kmの風、-35度という低温という過酷な天候。手や顔に凍傷を負った隊員も多く、隊員達はいったんベースに戻っていますが、登山活動はまだ継続する模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堅豆腐

 日曜、早朝。
Imgp0036
 白山山麓、白峰(現・白山市、旧白峰村)を訪れる。
 ここでは「蓑笠」はまだまだ現役の衣類だ。

 出張中の身ゆえ、リスキーな白山の冬季登山は手が出せないが、資料を探るうちに白峰集落近くの里山に興味を抱いた。
 しかし天候は、風は弱いものの激しい降雪と視界不良。
 無理せず金沢に戻ることにする。
Imgp0035
 折しも、白峰集落あげて白山本地堂の屋根の雪下ろし中。

 白峰を訪れたのは、もう一つ目的がある。
 石川県・白山山麓の伝統食品、堅豆腐を入手することだ。

 堅豆腐とは、名前のとおり、通常の豆腐よりも水分が少なく、堅い豆腐である。
 よく紹介されているのが、
Umsi
 荒縄で縛った堅豆腐の写真。

 ガイドブックや白峰観光協会サイトでは、堅豆腐の店としていくつかの豆腐店がまとめられているが、実際は集落により、堅豆腐は製法も成分も微妙に異なる。
 現在、堅豆腐が作られているのは白峰集落、桑島集落である。
 詳細は割愛するが、白峰と桑島では、堅豆腐の製造工程において大豆を砕いた「ご」の加熱のタイミングが異なる。また、白峰では堅豆腐を形成後に水漬して水さらしをするのに対し、桑島では自然放熱して冷ます。

 結論からいえば、白峰の堅豆腐は現代の嗜好に合った豆腐、桑島の堅豆腐は古い伝統を継承した豆腐と言われる。(参考文献:「白山の堅豆腐」 羽二重豆腐(株)食品研究室 川嶋正男 執筆 幸出版『伝統食品・食文化in金沢』に収録)
 
 これらの製造工程において、堅豆腐の表面が乾燥して湯葉状の膜を形成、水分も少ないことから、通常の豆腐に比べ持ち運びも良く保存も効く豆腐となった。
 もともとは、薙畑(焼畑)農業に依存していた山村から生まれた知恵といわれる。
  
 私が訪れたのは、桑島集落の上野とうふ店である。
 夜が明けたばかりの早朝、すでに「営業中」の小さな札がかけられていた。
Imgp0034
 看板がなければ通過してしまうだろう、細い国道脇の、ごく普通の民家が上野とうふ店である。
 店のおばあさんから、堅豆腐450円、そして凄く気になっていた、堅豆腐の味噌漬け600円を買い求める。

Imgp0042
 部屋に戻って、普通のパック豆腐と比べてみる。
 右が桑島の堅豆腐。ずしりと重い。ちょっとした英和辞書くらいの重量。
 白峰からの帰り、近所の激安スーパーでステーキ用ガーリックソースを買い足し、今夜の夕食は
Imgp0045
 堅豆腐のステーキ、残りはそのままワサビ醤油で刺身にして食す。
 とにかく堅いので、フライパンで焼いても、薄く切って箸でつまんでも、型くずれしません。

 堅豆腐の味噌漬けは、パックを開けると良い味噌の香り。
 味噌の中で半年を過ごした堅豆腐は、柔らかめのバターのような、ねっとりとした感触になる。
 飯のおかずにちょうどいい塩加減です。

 味噌のおかげで、半年以上も前の豆腐がこうして美味しく食べられる。
 堅豆腐の成り立ちといい、今のような冷蔵庫も無い時代、保存、そしてタンパク質という栄養を求めた山村の先人たちの知恵が偲ばれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れたので、

Pa0_0043
今夜は現場作業服のまま、金沢市のカフェ兼洋菓子店『メープルハウス』へ。

今宵のお買い物は、
Imgp0029
加賀伝統野菜・五郎島金時を用いた「焼きドーナツ」と、和三盆を用いた「ほろほろクッキー」。
焼きドーナツはもっちりしたスポンジケーキ風の食感ですが、ちゃんと芋の風味がして◎。
ほろほろクッキーは明日のお楽しみにとっておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Markus Bendlerのトレーニング

今年は残念な結果に終わったようですが、昨年のアイスW杯韓国大会の覇者、Markus Bendler。
韓国の山岳雑誌『山』でのインタビューで自分だけのトレーニング法を訪ねられ「さらに詳しいことは秘密だ」と答えていましたが、今回トレーニングの動画が公開されました。

Eisprinz - Chapter one (with Markus Bendler) from Berni Kogler on Vimeo.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カトマンズに、ついにあのお店が出現。

最近のネパールネタはエロいネタばっかりだな・・・

カトマンズに、ネパール初の『 ア ダ ル ト グ ッ ズ シ ョ ッ プ 』開店です。
Ad1

Nepal's first sex shop a Sweet Secret  by Radio Netherlands Worldwide 2012.2.2

 まあ世界中、エロい人がいるのは世の常ってやつでして、ネパールでも闇市場で「大人のおもちゃ」の類は流通してたらしいんですが、ネパール当局もこちらのお店に関しては肯定的に捉えているそうな。
 というのも、客のほとんどが「変態プレイ」で使うような(え?どんなプレイなのか真面目な私にはさっぱりわかりません)グッズではなく、コンドーム購入する客がほとんど。
 家族計画やエイズに代表される性病予防の観点から、ネパール当局も法的登録と開店許可を出した模様。
 今や支店が3店舗もある繁盛ぶりで、店のウェブサイトには一日200件の問い合わせが殺到。これらの問い合わせに対応するのも大変なので、店では週に一回、医師を招いて商品購入する客のため相談にのってもらっているという。

ちなみにお店『Sweetsecret』のウェブサイトはこちら→http://sweetsecret.com.np/
日本では18禁ないろいろなモノの画像が満載なので、よいこはコピペして閲覧するなよ!絶対するなよ!

 おちゃらけた取り上げ方は抜きにして、深刻なエイズ・性病蔓延や家族計画等の問題に対処するためには、ネパールの手ぬるい行政に頼るよりは、こういった民間企業の力を得るしかないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

で、アイスクライミングの五輪競技編入はどうなった?

 先日韓国で開催されたアイスW杯について、10社以上の韓国メディアがW杯について報道しました。
 これに伴い、スポーツ朝鮮、アジアトゥディー、東亜日報の3紙が、アイスの五輪競技編入について触れています。

 3紙各紙について、その報道をみてみましょう。
 以下、記事の一部引用開始

UIAA、『アイスクライミング、冬季オリンピック編入へ努力中』 by スポーツ朝鮮2012.1.15
-----------------------------------------------
 15日に会場で開かれた、記者懇談会に参加した国際山岳連盟(UIAA)マイク・モーティマー会長など関係者たちは、冬季オリンピック種目編入のための試みと努力に関して説明した。
 UIAAパベル・シャバリン委員長は、「五輪種目へ編入するためには、7年前から努力しなければならない。もちろん簡単ではない状況だが、ロシアオリンピック委員会の協力の下、2014年ソチオリンピックにおいてアイスクライミングを文化プログラムで紹介する機会を得た。力を合わせて2018年の平昌オリンピック種目編入のために努力する」と明言した。まだ未来志向的な目標だが、冬季オリンピックの正式種目に編入される場合は、国内でもアイスクライミングの普及に大きな助力となる見込みだ。
-----------------------------------------------

アイスクライミング、冬季オリンピック編入推進 by アジアトゥディー2012.1.15
-----------------------------------------------
 パベル・シャバリンUIAAアイスクライミング分科委員長は、「2018年の平昌冬季オリンピックでアイスクライミングが公開競技種目に採択されるよう総力を傾けている」と15日、明らかにした。
 シャバリン委員長は、「アイスクライミングは、2014年のソチ冬季オリンピックで文化行事の一つとして姿を現わすだろう」と付け加えた。
 マイク・モーティマーUIAA会長も「五輪の正式種目に入ることは非常に難しいが、最後まで努力する」と明らかにした。
 モーティマー会長とシャバリン委員長は14~15日、慶北青松の氷壁で開催されたアイスクライミングのワールドカップを視察するために訪韓した。
-----------------------------------------------

東亜日報の記事はアジアトゥディーとほぼ同じ文面なので割愛します。
これら3紙の記事から読み取れることは、

○2014年のソチ冬季五輪において、何らかの形式でアイスクライミング競技がお目見えする。
○2018年に韓国・平昌で開催される冬季五輪において、うまくいけば公開競技としてアイスクライミングが実施される可能性がある
○現状として、冬季五輪への正式種目編入は困難な状況。

の、三点ですね。
 フリークライミングに関してはバルセロナ五輪のときに公開競技になる・ならないの話がひろまりましたが、それっきりです。
 パベル・シャバリン氏のコメントをそのまま受け取るならば、アイスクライミング競技に関しては、早ければ14年のソチ五輪のイベントとして、何らかの動きがあると思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Das gefällt mir.

Dtx 本日のNHK『テレビでドイツ語』は、ベルリンのクライミングジムでのやりとりが題材。

テレビ解説・画面からのメモ
・ベルリン市内のクライミングジムは約40軒
・初心者向けのトレーナー付きレッスン(1時間)は料金30ユーロ。
・レンタルのハーネスはMADROCK

今週はクライミングジムの受付でのドイツ語のやりとり。
Das gefällt mir. (気に入りました)というフレーズを覚えるための題材です。
来週はボルダリングにチャレンジするとのこと。
ドイツに遠征に行かれる方、ご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貸出カード

石川県立図書館の、
Imgp0028
貸出カードを取得。
なかなかアートな絵柄です。

月曜も開館、夜は20時まで開館というのが勤労者には助かります。
施設そのものは古臭いのですが、通信制の中央大、法政大、日大のテキストも所蔵、放大・大学院の願書は無料配布してたりと、学びたい人にとってはありがたい施設でした。

石川県の山の本については、県の山岳連盟、労山、各団体が充実した素晴らしい書籍を出版しています。
なかでも金沢ナカオ山岳会が力作を世に送り出しているのですが、その本についてはまた機会をあらためて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【訃報】ロシア冬季K2隊、Виталий Горелик(Vitaly Gorelik)氏 死去

Vi 7200mまでルートを伸ばしていた、ロシア冬季K2登山隊ですが、本日2月6日ベースキャンプにてVitaly Gorelik隊員が死去した模様。
 このため登山隊は活動を停止、ヘリによる遺体搬送のため天候待ちとのこと。
 本日付のアメリカ・Washingtonpost紙はイスラマバード発の情報として「呼吸困難による隊員の死去」として、登山隊は登山活動を断念と報じていますが、登山隊のオフィシャルサイトでは2月6日現在、死因は明らかにされていません。
 
Vitaly Gorelik氏は2007年のロシア隊によるK2西壁新ルート開拓時にも活躍、サミッターとなり、ポベーダ西峰北西壁新ルート開拓など、高所クライマーとして活躍されておりました。 
 今冬の冬季K2隊でも1月下旬まで最前線でルート開拓に参加、2月2日に凍傷のためBCで治療中と報じられていた矢先でした。
 冬季K2という先鋭的な試みの中で、まことに残念な情報です。

ロシア冬季K2隊ウェブサイト

Russian climber dies on K2, team abandons bid for first winter ascent by Washingtonpost.com2012.2.6

First ascent of the Western face K2 peak 8611 m. by mountain.ru

ポベーダ西峰 北西壁 『Camel』ルート開拓 当ブログ2009.11.11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【訃報】芳野満彦氏逝去

 マッターホルン北壁の日本人初登を果たし、新田次郎の小説『栄光の岩壁』のモデルとなった芳野満彦氏が逝去されました。

芳野満彦氏が死去 日本経済新聞2012.2.6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【珈琲の誘惑】ビタルコーヒー

ああ、帰りのバスまであと2時間以上あるよ・・・
と思いつつ医王山登山口に下山してみたら・・・

あれ?
入山時、てっきり冬季閉鎖の別荘かと思っていた建物をよくよくみれば『コーヒー』『営業中』の文字が!!

金沢市 ビタルコーヒー ブログはい・ひる・すたいる様

医王山で産する戸室石を用いた遠赤外線焙煎コーヒー。
注文してから「ガリガリガリ」と豆をひく音が響きます。
なによりも、お店の絶妙な位置がこちら↓
Tog
ケンシロウが「北斗百裂拳!!」と叫んで敵を倒す間に登山口から店内に移動可。

Imgp0026
もちろん、注文するのはチーズケーキセット(コーヒー付650円)
しっとり系のチーズケーキが、山から下りたばかりの身には口あたり良すぎ。
ケーキの周囲をとりまくグラニュー糖がおしゃれでございます。

Imgp0024
帰りのバスがやってくるまで、美味しい珈琲と共にゆっくりくつろいだ、日曜の夕暮れでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥医王山(おくいおうぜん)939m

白山連峰の北端、石川・富山県境の医王山(いおうぜん)を訪れる。
金沢市の郊外に位置し、登山の入門コースという位置づけらしい。
もっと図書館で下調べしてから石川県内の山に登りたかったのだが、日曜の気圧予想図を見ると、この気圧配置を逃す手は無い。

医王山スポーツセンターまでJR金沢駅からバスで移動、登山口に到着してみると沢山の車、そしてがっちり固められたトレース。
金沢の雪は水分を多く含み、重い。
スノーシューよりもワカンが最適な雪である。
あまりにも多い先行登山者のおかげでガッチリ固められた雪道だが、「しらがくび」と呼ばれる場所を通過したあたりからツボ足では沈むようになり、ワカンを装着。

1時間半ほど平坦な車道をたどり、ようやく登り坂となる。
360度の景観に恵まれた白兀山(しらはげやま)への登りは文字通り長蛇の列。
風も無く穏やか、気温4.9度(筆者測定)、ここのところ続いた悪天、今日のような天気は地元の登山者にとっても、待望の天候だったのだろう。

Imgp0006
比較的気温の高い金沢とはいえ、稜線上の木々には着氷が発達、風雪の強さを伺わせる。

Imgp0010
白兀山のにぎわい

Imgp0013_2
白兀山の先、蛇尾山を目指す地元山岳会のパーティー。
医王山は多くの人々に愛されている山でした。

賑やかだったのは白兀山まで。
多くの登山者は白兀山の素晴らしい景観を目的に楽しまれていたようだ。
さらに奥医王山を目指す方は少なく、その分、静かな山が堪能できそうだ。
私の目的である奥医王山まではいったん夕霧峠まで下り、登り返しがある。
夕霧峠から先の急斜面は雪庇も発達している。
先行トレースはあるものの、慎重に歩を進める。
登高ルートは雪が段状になっており、脚だけでなく両手も雪に突き刺して登る。

白兀山から先、夕霧峠を経て奥医王山までは、若いブナの林だ。

奥医王山に到着。

ウェブサイト『いこまいけ南栃』を拝見すると、奥医王山山頂には立派な展望やぐらが建っているはずなのだが、何もない。
先に到着していた登山者の方が示したのが、すっかり雪に埋もれたやぐらの鉄骨。
Imgp0014
たまたま一緒になった男性登山者は三週連続で奥医王山に登ってきたとのこと、先週の降雪で一気に積もったらしい。
積雪のおかげで、展望は最高。
帰りは往路を戻る。

少し気合いを入れて登ったため、帰路は時間の余裕ができ、のんびり自然観察しながら下山。
Imgp0016
登ってきた医王山の山並み。右から蛇尾山、白兀山、前山

Imgp0020
帰路は若いブナの林、風雪に耐えたブナの実の殻を眺めて歩く。

往路をたどり、白兀山まで戻ってきた。
当ブログでは、これから登る登山者の方のせっかくの楽しみを台無しにしたくない、という想いから山頂からの眺めはあまり撮影しないようにしていたのだが、本日はなんとなくレンズを向ける。
Imgp0003_2
眼下に広がる街、金沢。
これからしばらく、この街で暮らすんだな。
そんなことを考えながら、行動食とコーヒーで休憩。
金沢にやってきて二週間目、良い山との出会いがありました。

-------------------------------------
山岳ガイドのワンポイントアドバイス

 医王山はじめ、石川県内の山は公共交通機関での移動に恵まれない、ということがネットや登山ガイドブックでも言われているようです。

 本日は医王山登山口まで、北鉄バスのJR金沢駅7時55分発・医王山スポーツセンター終点バスで登山口に移動しました。
 日曜日、車を使わない御高齢の登山者パーティー、キゴ山の文化施設を訪れる台湾の学生さん御一行、途中の金沢商高の女子高生の皆さんが乗り込み、バスはラッシュ時の山手線並のぎゅうぎゅう詰め。
 帰路の医王山スポーツセンター16時48分発のバスは、金沢駅までほとんど空席の多い状態です。
 
 金沢駅~医王山スポーツセンターを往復するバスは一日2便。
 私の場合、奥医王山往復に十分な余裕をもって帰りのバスに間に合いましたが、降積雪の状況・トレースの有無によりかなりコースタイムが変わるものと思われます。
 県外から訪れる方はマイカーかレンタカーがベターでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェニファー・コネリー様がっ!

あ~
ジェニファー・コネリー様といえば、
我が愛しのソフィー・マルソー様ほどじゃないけどさ、なんつっても
Jenniferconnelly
セルジオ・レオーネの『Once Upon a Time in America』可愛いかったよな~

で、今はお美しいおばさまになられたジェニファー・コネリー様が、ハイキングを趣味にしているとか。

Jennifer Connelly Took Up Hiking To Escape Paparazzi by contactmusic.com2012.1.11

ハイキング始めた動機は、しつこいパパラッチから山の中に逃れるためだそうです。
有名人は何かと大変ですね。ははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pete's Wicked Book

Pete アルパインクライマーの皆様ご存じ、日系のビッグウォールクライマー、ピート・タケダの本。
wicked book とは、意訳すると「ヤバい本」とかいうニュアンスか。サブタイトルの「Tales of climbing madness」が示すように、ピート・タケダの筆による様々な「クライミングと人」にまつわる本。
 
 この気合いの入った本人の表紙写真を見て「あ!ピート・タケダの自伝か!?」とアマゾンで衝動買いして目次を見たら、Climbing誌で読んだことのあるスティービー・ハストンの記事が掲載してある。
 同書はClimbing誌に執筆した記事をまとめた本で「失敗した~」と思ったが、読んでみると、しっかりピート・タケダ本人の生い立ちから丁寧に書き記されている。同書によれば、ピート・タケダの父君は日本北部のTANABU出身(青森県田名部と思われる)。

 シャークス・フィン(インドヒマラヤのメルー)への思い入れが強いのだろう、Climbing誌未収録の1998年のメルー遠征記も納められている。遠征記はチームの立ち上げからアメリカ出国、現地でのクライミング、そして悪天のためメルーを断念、シブリンに転進し登頂を果たすまでが描かれている。

 香港経由でインドに向かう機上、機内上映の映画『ウェディング・シンガー』で自分たちはジョークに笑い、中国語字幕を見た他の乗客がタイムラグをおいて笑っているという光景。
 遠征パートナーが家庭の話をしている時、何も言わないメンバーがいる。彼は最近彼女と別れたのだ。
 そんな細やかな視線で遠征の人間模様も描かれる。

 アメリカでも「文章を書けて」「登れる」クライマーは貴重な存在らしい。
 私のお気に入りは『Partners』というタイトルの文章。「I don't know why I kept climbing with Cade」とサブタイトルの付いたこの章では、ピート・タケダの古くからのクライミングパートナー、Cade Lloydについて書かれている。
 数々の危険なビッグウォールを登ってきたピート・タケダ氏も、クライミング始めの頃はこのパートナーの後を追う立場だった。学生からつきあい始め、時が経ち、結婚式の様子で文章は締めくくられる。クライミングパートナーがあってこそ、ピート・タケダという素晴らしいクライマーが生まれたこと、「クライミングの友」の大切さを感じる一文である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サレワ(SALEWA)、イギリスのワイルドカントリーを買収

ドイツの登山用品メーカー、サレワが英のワイルドカントリーを買収です。

SALEWA Group übernimmt Wild Country by Climbing.de 2012.1.31

イギリス市場をターゲットに見据えたサレワグループの買収劇ですが、ワイルドカントリーのブランド名はそのまま継続される模様です。

しかしサレワは映画『NANGA PARBAT』(邦題「ヒマラヤ運命の山」)のスポンサーだったり、景気いいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄 養 補 給

日中は重機の音や発電機の音に囲まれ、昼食は油物の多い仕出し弁当喰って過ごしているので、
Pa0_0042
心にも栄養補給な。

現場仕事を終え、ウィークリーマンションでしばし休憩とってから、金沢駅脇の石川県立音楽堂へ。
Mus『もっとカンタービレ ラルフ・ゴトーニ室内楽』と題したコンサートに行く。
演奏内容は、フィンランドのラルフ・ゴトーニ氏のピアノをメインとして
1,モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番k.478
2,モーツァルト ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調k.452
3,ショスタコーヴィチ ピアノ五重奏曲ト短調Op.57

人口46万人の地方都市としては、素晴らしい音楽ホールでしたね。
くたばった小説家だか劇作家だかの記念館おったてようとする山形の自治体や経営者の爺にも見習ってほしいものです。
2000円で市民がお気軽に音楽鑑賞できる機会に恵まれているというのは、その都市の文化度を表すといっても差し支えないでしょう。
本日のコンサートも、当日券でホールはほぼ満員。

普段、CDやモノラルラジオでクラシック番組を聴き「これでいいや」と思ってましたが、やはり生で聴く音楽はスピーカーやステレオイヤホンで聴く音楽とはまた違う素晴らしさがあることを思い知らされた夜。
そしてショスタコーヴィチといえば交響曲しか知らない私には新発見の演奏会でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »