« 中島徹さんが、 | トップページ | 歩 荷 »

打つべし!

 4月12日から会社の研修(世間では社員旅行ともいうらしい)のため、キチガイ国家のミサイルも気にせずソウルに飛ぶ。
 久々のソウル訪問。
 到着早々、巨大免税店に連れて行かれ、退屈な時間を過ごす。
 空は夕暮れ。
 遠くにインスボンを擁する北漢山の山並みが見える。
 あーあ、いきてえなー。
 私も歳をとったので、入社以来初めて、ザックではなくハードケースの観光客姿で研修に参加。
 
 退屈な、とは書いたものの、免税品店の広告を眺めて過ごす。
 私のような貧乏人には縁遠い商品ばかりではあるが、免税品店の広告って、外国人にも通用するようコピーも使わず、印象的な広告が多い。
 写真でいかに自社の製品を売り込むか、すなわち言葉無しに画で商品をアピールするという点において、とても興味深いものがある。ちなみに某高級ブランドのポスターは、雪原をゆく犬ぞりの写真。
 
 日程がキッチリ詰まったツアー旅行、21時から23時まで、龍山駅近くのドラゴンヒル・スパにて過ごす。
 韓国独特のサウナ「チムジルバン」をメインとした、風呂はもちろん食堂からマッサージルーム、理髪店まである早い話が韓国版スーパー銭湯である。

 サウナで少し汗かいた後、同じ部署のK君と何気なくマッサージチェアに座る。
 ここではロッカールームキーの付いた腕輪にセンサーが付いており、自販機やマッサージチェアの感知器に近づけると作動、料金情報がフロントに流れて後払いという仕組み。

 Imgp0191m
 近いとはいえ飛行機、バスでの移動が続き、結構くたびれた。
 マッサージチェアで身体ほぐすか・・・と座る。

Kyoku
マッサージ開始 1分経過、打撃のみ。

Br
マッサージ開始 2分経過、打撃のみ。

Joe
マッサージ開始3分経過、 打・撃・の・み 。

隣に座るK君と顔を見合わせ、「これって・・・」
そう、打撃式で、『揉み』が ま っ た く 無 い マッサージチェアなんでした。
しかも打撃が
Img_759615_27700332_0
これくらい激しくて強い。(誇張なし)

私、現場作業の肉体労働者なもんで、たまに山形市内の大型家電販売店のマッサージチェア体験コーナーで身体ほぐしたりしているので(店員さんごめんなさい)日本のマッサージチェアのほとんどは体験しているのですが、ここまで打撃式一筋のマッサージチェアは初めてである。

10分後に終了。打撃のあまりの激しさに、K君とぐったりして立ち上がる。
その後しばらくして再度マッサージチェアの前を通ると、地元韓国の方々は慣れてらっしゃるようで、結構マッサージチェアは混んでいる。
韓国訪問5度目にして、久々のカルチャーショック。

Imgp0192m
サウナ前のフロア。
大型液晶テレビを前にゴロ寝しながら、客は思い思いに過ごす。

Imgp0193m
上記画像、客が横になっている箇所には、こんな電熱器が床に埋め込まれている。
定期的に熱を発し、身体を温める仕組み。
おじさんはここで腰を温めた後、集合時間まで暗くて静かな仮眠室で横になる。
横になりながら、明日からの行動、いかにフリータイムを使って山関係の知人と落ち合うかプランニング。
こうしてソウル初日の長い夜はふけていく。

|

« 中島徹さんが、 | トップページ | 歩 荷 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/54481322

この記事へのトラックバック一覧です: 打つべし!:

« 中島徹さんが、 | トップページ | 歩 荷 »