« 休息 | トップページ | 鳥海山LOVE »

8000m峰14座『登頂』は、嬉しいことなのか?

ネット環境の無い出張生活。

 竹内が14座最後のダウラギリに登る日、私は由緒正しい土木作業員として、秋田市の片隅でツルハシをふるっていた。

 休憩の合間に、スマホのfacebook経由で状況を知る。
 失敗すれば人命に関わるウインチ作業に従事していたため、昼間は竹内の事を考えるわけにはいかない。

 旅館に帰宿。
 大部屋住まいで、他の作業メンバーの関心事は女子バレーボールの五輪参加を賭けた試合の行方。
 夜、みんなで大型テレビで女子バレーの試合を観戦しながら、私はテーブルの下でスマホを操作し、facebookで竹内の様子を探り続けていた。

 ダウラギリ登頂を知る。
 ネットでは多くの方々が「信じている」と書き込み、メディアは『登頂』の事実のみをとらえて「14座制覇」と騒ぐ。

 私はひたすら、無事のBC下山を祈り続けた。

 この記事のタイトルを繰り返す。
 8000m峰14座『登頂』は、嬉しいことなのか?

 私にとっては、竹内に無事に下山してもらいたい。それが願いである。

 誤解を招くようだが、竹内を応援している方々にとって、登頂が喜ばしいことであることもよくわかる。
 だが今まで、「不世出」 「鉄の男」 「不死身」 と呼ばれた登山家が、何人山に消えたことだろう。
 竹内も生身の人間なのだ。

 あなたは自分の後輩を信頼できないのか、と言われるかもしれない。
 そんな方には、ヒマラヤの恐ろしさをご理解いただいてないんですね、と言い返すしかない。

 竹内がチョモランマ北壁で病に倒れた時ガッシャブルムで雪崩に遭った時、リアルタイムで私はパソコンの前で、それこそ後頭部をヤスリで削られるような想いをしながら、ただ推移を見守るだけの残酷な時間を過ごしてきた。
 祈る。
 それすらもままならない土木作業を終え、竹内のBC帰着を知る。

 繰り返す。
 私にとっては、14座「登頂」よりも、彼が無事に戻ってきたことの方が何百倍も何千倍も嬉しい。

 もっと他にふさわしい人はいただろうに、奴の結婚式で新郎友人代表としてスピーチさせてもらった私にとっては「日本登山界の長年の課題」よりも、彼の存在の方が断然大事なのだ。

 竹内君、ダウラギリ登頂おめでとう。
 何より、無事下山おめでとう。
 カメラマンの中島様、14プロジェクトのスタッフの皆様、ほんとうにお疲れ様でした。

|

« 休息 | トップページ | 鳥海山LOVE »

expedition」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつもブログ拝見させて頂いております。

私も全く同感です。
竹内さんとは面識もなく、ただの登山ファンですが、
もちろん登頂に価値があることは登山で
ある以上は当然ですが、
やはり無事下山してこそ、その価値がいきるのだと思います。

高校時代山岳部でしたが、よく先生が
家に帰るまでが合宿だぞ!と言っていたのを思い出します。

私も登山ファンとしてこれまで内外の
優れた登山家たちが、しかもその多くが下山中に遭難するのを見聞きして、
その都度胸を痛めておりました。

竹内さんがビバークすると知って
とにかく無事を祈りましたが、
無事帰還されたのを知り、本当に安心しました。

とにかく無事でよかったです。

突然の書き込み失礼しました。

投稿: Yutaka hoshino | 2012.05.30 08:21

re:Yutaka hoshino様
 コメントありがとうございます。
 高校山岳部のご出身とのこと、私も山は高校からなのですが、同様に言われておりました。

<<やはり無事下山してこそ、その価値がいきるのだと思います。

本当にご指摘のとおりですね。
 山が山だけに、確実にBC帰着の報道に接するまでは安心できませんでした。

 またお気づきの点ありましたら、ご意見お寄せいただければ幸いです。

投稿: 聖母峰 | 2012.05.31 00:13

 竹内はIショップの後輩です。私も同感。失敗しようが、無事に降りてくればリベンジがあります。多くの知り合いが、店の引退後に山で他界しました。私レベルだと、楽しんで生きてこその山なんですが。とにかく、無事でなによりですね。

投稿: goh | 2012.05.31 11:37

 竹内のダウラギリ登頂が遅い時間になり、その後のビバークから中島君と合流するまでの間、僕もずっと心配で心配で、少し取り乱しちゃっては何度もフェイスブックにメッセージを投稿していました。Oh滝さんと同じく彼の過去のアクシデントを思い出し、またブノワ・シャムーだっけ、カンチェンジュンガで14座登頂後の下山中に死んだことなどが頭をよぎっていました。
 
ところでOh滝さんとは竹内の結婚式のとき、会っていたんですね。もう何年前になるんだろう。

いつも素晴らしいブログの記事、有り難うございます。とても勉強になります。

投稿: くま太郎 | 2012.05.31 12:05

re:goh様
 コメントありがとうございます。
 IショップとはI▲Iでしょうか?私も買い物でお世話になりました。

<<私レベルだと、楽しんで生きてこその山なんですが。

いえ謙遜なさらずに、8000m峰も低山ハイキングも、芯は同じだと思います。本当に、無事で何よりでした。

投稿: 聖母峰 | 2012.05.31 21:57

re:くま太郎様
 コメントありがとうございます。
 facebookでは、くま太郎様のお気遣いがひしひしと感じられました。

<<またブノワ・シャムーだっけ
おっしゃるとおり、山に消えた先人たちの事がどうしても頭をよぎってしまうんですよね。

<<ところでOh滝さんとは竹内の結婚式のとき、
実は当日、挨拶の後に非礼ながら山形での勤務の都合で退席させていただいたんです。くま太郎様とはすれ違いだったようです。
 もっとも、あのときは出席者がそうそうたる方々だったのでかなり緊張していたんですが。

こちらこそ、facebookで戦史をはじめ勉強させていただいてます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: 聖母峰 | 2012.05.31 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/54831323

この記事へのトラックバック一覧です: 8000m峰14座『登頂』は、嬉しいことなのか?:

» 竹内洋岳 日本人初・8000m級14座登頂達成  [ボンシャンカール]
竹内洋岳が、日本人で初めて14座を全て登頂した。おめでとう!正直に言って2012の現在となっては微妙な記録かもしれないが、初物というのは、めでたい物だ。この人は派手な登り方を ... [続きを読む]

受信: 2012.05.30 00:43

« 休息 | トップページ | 鳥海山LOVE »