« 大陸投資に必要なものは・・・ | トップページ | 夏野菜 »

峠の力餅

吾妻のガイドの帰路、米沢駅前の「峠の力餅 米沢支店」に寄り道。
Imgp0397
 「峠の力餅」とは、明治のその昔から、奥羽本線峠駅で売られてきた餅菓子である。
 山形新幹線に乗れば、必ず車内アナウンスで販売PRが流される。

 かくいう私、スイッチバック時代から奥羽本線は数限りなく利用してきたが、天の邪鬼なもんで一切買うことはなかった。
 今回の吾妻山行きのついでに、店に立ち寄ってみる。

Imgp0399
 今回買ったのは、団子状に串にさしてある力餅。
 画像の醤油、小豆餡の他にずんだの3種類を買って速攻喰い。
 
 いやあ、串に刺さっていても、団子と違って歯ごたえのある「餅」なんで美味い。
 出所の怪しげな「米沢牛」食うよりも絶対オススメ。

 この「峠の力餅」、巡幸中の大正天皇陛下(当時は皇太子)が自ら、車窓から買い求めたというエピソードで知られる。
 パッケージに「宮内庁御用達」とか書いてある菓子はいくらでもあるが、峠の力餅、陛下自ら買い求めたというトコがポイントですな。(ちなみに大正天皇はフツーに一般の蕎麦屋に出入りしたり気さくな性格だったらしい)

 明治から売られている峠の力餅、そのパッケージは時代とともに変わっていくのですが、

T
昭和初期のパッケージ。
多くの子供達がスキーに興じている絵が採用されています。
スキーブームといわれた80年代でも、衰退の一途を辿る現在でも、考えられないパッケージですね。

この絵を見てふと思ったこと。
最近発行された、国立登山研修所の論文集『登山研修vol27』(PDFファイル)において、山田淳氏が論文中でスキー衰退の一因として『ファミリー向けのインフラ整備を行っていなかったこと』を挙げている。
 私も山形市民として蔵王スキー場の惨状を視てきているし、山田氏の指摘もさもありなんとは思う。
 しかしスキー場そのものはもちろん、交通機関すらろくに整備されなかった昔、「峠の力餅」のパッケージにスキーに興じるたくさんの子供達が描かれる。
 場所さえありゃ、大勢の子供達が外に飛び出し、スキーで滑っていたのだろう。
 そんな時代が、日本にあったのだ。

参考文献:小杉清美著『峠の力餅 八十周年の歩み』

|

« 大陸投資に必要なものは・・・ | トップページ | 夏野菜 »

山岳ガイドの甘味処」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/55512441

この記事へのトラックバック一覧です: 峠の力餅:

« 大陸投資に必要なものは・・・ | トップページ | 夏野菜 »