« メスナーとは、何者なのか。 | トップページ | フォトグラファー・カンレア »

ロシア、ポーランド隊の成果

8月11日に当ブログで取り上げた、ラトック1峰、ムスターグタワー、コングール峰各登山隊の成果は次の通り。

ラトック1峰(ロシア・サンクトペテルブルグ隊)
悪天候に苦しめられ、登攀を断念、8月23日にベースキャンプに退却した模様。

ムスターグタワー(ロシア・モスクワ隊)
こちらも悪天候に苦しんだものの、8月24日19時、北面のバットレスから頂上に到達。メンバーはセルゲイ・ニーロフ、アレクサンダー・ランゲ、ドミトリー・ゴロフチェンコ。なお同峰のロシア人初登。
頂上でビバーク後、無事下山・帰国した模様。
アレクサンダー・ランゲが公開したルートの様子はこちら↓
R1

R2

コングール峰(ポーランド隊)
6月に出国した同隊は7月1日に入山、コングールに隣接する Aklangam峰 6978mで高度順化、

M1
コングールのポーランド人初登、女性初登を目的とした隊はアルパインスタイルで頂上を目指しましたが、同隊も悪天候に苦しめられ、7100mを最高到達点として退却・下山しました。

K1
登山隊の行動をふり返って、事前の隣接峰による高度順化、アルパインスタイルという戦術は適切だったが、高度計が腕時計タイプのものしかなく、正確な高度がわかりにくかったことを反省点としてコメントしています。

|

« メスナーとは、何者なのか。 | トップページ | フォトグラファー・カンレア »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/55660474

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア、ポーランド隊の成果:

« メスナーとは、何者なのか。 | トップページ | フォトグラファー・カンレア »