« 秋は、まだ。 | トップページ | 登る女たち »

野外フェスって何だ?

野外フェスって、あれでしょ!?
芝生の上で音楽聴きながらクスリやったり、女の子とHしたりするアレでしょ!?
(週刊誌の読み過ぎか?)

で、野外フェスの本場イギリスで、宴の後には大量のキャンピング用品が棄てられるものの、ボランティアがその回収と再利用に活躍しているというニュースです。

Leeds3
今年開催されたLeeds Festivalの様子(The guardian紙)

After
(野外フェスLeeds Festivalの会場使用前・使用後、画像はボランティア団体GreenMessengersによる)

238 tents collected so far at Leeds Festival despite the rain by Harrogate-news 2012.8.28

Hundreds of tents abandoned at Leeds Festival will be scavenged for those in need by The guardian2012.8.20

 世界的に知られたLeeds Festival、閉幕後に回収されたのは238張以上のテント、マット164枚、キャンピングチェア177脚、72足の長靴などなど。

 これだけ派手にちらかすんなら棄てるんじゃねーよ、と野外フェスの事など知らない私は思うのですが、前述リンクの報道はいずれも野外フェスのボランティア団体GreenMessengersの活躍に焦点を当てています。
 ボランティアは約60名、国籍もイギリスはじめイタリア、スペイン、ポルトガル、ポーランド、エストニアなど多国籍にわたっています。
 回収されたテントや備品は乾燥後(どうやら今年のフェスは悪天候だった様子)、ホームレス支援団体や地元コミュニティーで再利用されることになります。

P1090885
雨天の中、テントを回収するボランティア達。

P1100333
回収したテントは乾燥中。

P1090776
ゴミも分別、大変そうですね。

これらボランティアの人々の活躍は、ボランティア団体GreenMessengersのサイトでぜひご覧下さい。

 The guardian紙の掲示板を拝読すると、「使い捨て文化」を嘆くコメントや、小便やら「体液」やらで汚ねえテント、などと冷やかしのコメントもあります。
 もともと棄てなきゃいーじゃん、という私の感想は変わらないのですが、日本のフジ・ロックも清掃活動が定着していると聞きます。
 こうした廃棄物回収のボランティアが活躍しリサイクルのシステムが確立しているのは、「野外フェス」が定着しているイギリスならではなんでしょうか。

 でもやっぱり、「棄てないこと」の方が先だと思うなあ。

|

« 秋は、まだ。 | トップページ | 登る女たち »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/55680125

この記事へのトラックバック一覧です: 野外フェスって何だ?:

« 秋は、まだ。 | トップページ | 登る女たち »