« 息子とブナの森へ | トップページ | 日本に生まれて良かった »

Stetind北壁『女性の論理』ルート開拓

 2011年にグレートトランゴに新ルート開拓、同年のピオレドール・ロシアを受賞したマリナ・コプティバ、ガリーナ・シビトークのペアが2012年9月10日、ノルウェーの著名な岩場であるStetind北壁に新ルートを開拓、登頂に成功。
 ルート長・グレードは明かではないのですが、北壁に拓かれた新ルートは85年の初登以来、2本目と思われます。
 開拓した新ルートの名称は、『女性の論理』。

P2
ガリーナ・シビトーク

P3
マリナ・コプティバ
(この筋肉ムキムキ画像は好色エロ坊主な私がチョイスしたんでなくて、マリナ自身がロシアのクライミングサイトで登攀レポに掲示していたものですheart

P5_2
Stetind山北面の遠景

P9
Stetind山西面から(stetind.nu)

P19
取り付きでの2人

P20_2

P11_2
壁のコンディション。入山して二日間は天候に恵まれたものの、その後は天候不順がつづき壁全体が濡れ濡れ状態だったようです。

P12

P13
濡れ濡れ壁をものともせず前進するロシア女性ペア。

P15_2
雪もべっちょりな頂上岩塔の東面。

P16
2人は新ルートから壁を大きく巻き、既成ルートのある西面から登頂。

P17
山頂の2人

P8_2
お嬢さん方、過積載でないでしょうか。

P4
登山靴に突っ込んだサラミとエストニアのヴァナ・タリンチョコレート(リキュール)
昨年のパキスタン遠征は食事で悩まされたようで、ヨーロッパの食事と風景をエンジョイした様子もレポートされています。

「ロシア」「女性」という枠組みを超えて世界でもトップレベルのビッグウォールクライマーな彼女達。
次の目標が楽しみですね。

|

« 息子とブナの森へ | トップページ | 日本に生まれて良かった »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/55886512

この記事へのトラックバック一覧です: Stetind北壁『女性の論理』ルート開拓:

« 息子とブナの森へ | トップページ | 日本に生まれて良かった »