« わすれもの | トップページ | Rock&Snow No.58 »

【訃報】 ビル・フォレスト(Bill Forest)、雪山に逝く

 アメリカの名クライマーであり、数々のクライミングギアそしてMSR社スノーシュー開発に関わったビル・フォレスト(Bill Forest)が、去る12月21日、コロラド州にある自宅周辺をスノーシューで散策中、亡くなりました。
 居合わせたハイカーらによりCPRが施されましたが、残念ながら息を吹き返すことはありませんでした。
 享年73歳でした。

Climbing legend Bill Forrest dies while snowshoeing by marinij.com2012.12.28

ビル・フォレストといっても、日本ではご存じの方は少ないかもしれません。
1970年代からアメリカではトップクライマーとして知られ、1970年にロングスピーク東壁ダイヤモンドウォールの単独初登、1972年にはコロラド・ブラックキャニオンのペインテッド・ウォール(花崗岩の大岩壁に貫入岩の模様が美しい)初登、1980年にはジョン・ロスケリー、ロン・カウクらと共にカラコルムの鋭峰ウリ・ビアホを登攀しています。

その一方でビル・フォレストは登山用具の開発にも力を注ぎました。
初めてコパーヘッドを開発した他、ヘッド交換可能で岩・氷に対応できるハンマーを製作、レイ・ジャーダインの「フレンズ」開発にも関わっていました。
またアウトドア愛好者にとっては、なんといっても98年にカスケードデザイン(MSR)と共同でスノーシュー開発を手がけた功績は大きいでしょう。

今年5月、初登したペインテッド・ウォールに、40年ぶりにクライミングパートナーであるクリス・ウォーカーと再訪した記事が地元のデンバーポスト紙に掲載されていたことが私には記憶に残っていました。

Climbing duo Bill Forrest and Kris Walker mark 40 years since making news with Black Canyon's Painted Wall climb by DenverPost 2012.5.1

P1
1972年「Empire」誌表紙を飾るビル・フォレスト(左)、クリス・ウォーカー(右)、右画像は40年後に壁を再訪した2人(出典:The Denver Post紙)

クライミングの実績と共に、用具の開発でアウトドア愛好家にも自然にふれあうことの素晴らしさを伝えたビル・フォレスト、その言葉を追悼記事から引用しましょう。

『Climbing for me is the finest sport in the world. It's a beautiful thing.』

どうぞ安らかに。

|

« わすれもの | トップページ | Rock&Snow No.58 »

アウトドア」カテゴリの記事

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/56419422

この記事へのトラックバック一覧です: 【訃報】 ビル・フォレスト(Bill Forest)、雪山に逝く:

« わすれもの | トップページ | Rock&Snow No.58 »