« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

【映画】『Dyatlov Pass』事件 映画の予告編でっす

 1952年、ロシアのウラル山脈でスキー登山中の学生9名が謎の失踪、遺体となって発見された『Dyatlov Pass』事件。

 以前当ブログで 映画化の話題を取り上げました が、妙にアクセス増えたと思ったら、最近ディスカバリーチャンネルでも取り上げていたんですね。

 さてさて、前回の記事ではサイモン・フェローズが監督と報じられていましたが、どうやらあの傑作コメディ映画『クリフハンガー』のレニー・ハーリンが監督して映画化された模様です。
 スペインのDesnivelが取り上げています。

El misterio macabro de Dyatlov Pass by Desnivel 2013.2.26

さて、映画予告編がこちら↓


 ロシア語で『Тайна перевала Дятлова』とありますが、英訳すると「Mystery of Dyatlov Pass」です。
 事件現場を訪れた取材班が恐怖のどん底に・・・
 あれ?
 ブレア・ウィッチなんとかのノリか?

まあ事件発生からソ連崩壊を経て約60年、現代風にどのような解釈がなされるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しばらく、

山形から資機材と私物を積んだ車を駆ること12時間。
短期滞在ですが、本日から岡山県は備前焼で知られる備前市に滞在します。

あっちを向いても、こっちを向いても、陶芸工房が立ち並んでいる。
窯で使うのだろう、各所に積み上げられた薪の山。

到着早々、宿の周囲には商店も何もないので、車で最寄りのスーパーに買い出し。

Imgp0567
本日の夕食は、『岡山ずし』。
岡山の伝統料理、『ばらずし』(岡山ずし、備前ずし等、地方の名前も命名されている)を模したもの、スーパーの総菜コーナーに置いてあるくらいだから、やはりポピュラーな「ハレ」の食なのだろう。
江戸時代、殿様が質素倹約を旨として「一汁一菜」を奨励したが、庶民は酢飯に魚介類をたっぷり盛り込み「一菜」と言い張ったという。

 さて、きょうのはっけん。

Img_02881
中国地方では、桃の節句に「春そば」と称して蕎麦を喰うらしい。

まー、ぼちぼち瀬戸内海の街を眺めていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま移動中。

Beach1
本日より、さすらいの土木作業員生活はじまりはじまり。
昨年は金沢に滞在しましたが、今年は暖かいトコにおでかけです。

|

Marek Klonowski、冬のナンガパルバット、シェルルートを語る

 先日、当ブログで記事にしましたが、今冬のナンガパルバット峰を目指した幾つかの登山隊のうち、シェル・ルートから冬季初登を狙った小規模なポーランド人ペアに注目しておりました。
 残念ながら遠征そのものは2月7日に7400m地点が最高到達点という結果でしたが、シェル・ルートからマゼノリッジの山稜に到達、冬季カラコルム遠征としては大胆な試みでした。

 ポーランド大統領やナショジオにスポンサードされたブロードピーク峰のポーランド隊とは対照的に、情報発信も個人のブログのみという質素なチームです。インタビューにもあるように、上部ではテントよりも雪洞を多用し、装備もシンプルな登山を展開しました。

、遠征出発から動向をとりあげていたポーランドのクライミングサイト『wspinanie.pl』が、帰国したメンバーの一人Marek Klonowski(マレク・クロノフスキー)にインタビューを試みました。
インタビュアーは、ポーランドでヒマラヤ関連の書籍を幾つも出版している登山家Janusz Kurczab(ヤヌシュ・クルチャク)です。

Droga Schella jest najlepsza... - o wyprawie na Nanga Parbat rozmawiamy z Markiem Klonowskim by wspinanie.pl 2013.2.20

以下記事引用開始
--------------------------------------------------

シェル・ルートがベストだ・・・マレク・クロノフスキー、ナンガ·パルバット遠征を語る

ヤヌシュ・クルチャク

 マレク・クロノフスキーとトマシュ・マツキェビッチュは「Justice for all」というチームで冬のナンガパルバットに遠征しました。その進捗はwspinanie.plで報道してきましたが、結局、遠征はトマシュが2月7日、7400mに到達したところで終了。
 彼らは小さなチームで驚くべき成果を挙げています。マレク・クロノフスキーに話を伺いました。

P1
マレク・クロノスキー(右)とトマシュ・マツキェビッチュ(中) Astoreに向かう車中にて 2月11日(マレク・クロフノスキー撮影)

ヤヌシュ:まず自己紹介をお願いします。年齢、職業、仕事、お住まい、家族、クライミングの経歴など。

マレク:33歳で、電気技師として再生可能エネルギー(www.mikrogeneracja.com)に関する仕事をし、家族は5歳になる息子と妻がアイルランドに住んでいます。我々はクライマーですが、「登山家」と意識したことはありません。単純に「登りたい」だけで、旅や「挑戦」といったことにウェイトは置いていないんです。トマシュは私より優れたクライマーで、私は荷物みたいなもんです。

P2
マレク・クロフノスキー、家族と共に(撮影マレク・クロノフスキー)

ヤヌシュ:ナンガパルバット遠征に関しては、隊員構成について情報が混乱していました。パキスタン発の情報を引用して外国のクライミングポータルサイトでは、トマシュとマレク以外に他の名前も見受けられました。実際はどうだったんでしょう?私はあなた方が二人で登山を進めたことはわかっています。たとえば、ベース滞在だけのメンバーなどがいたのでしょうか?

マレク:メディアを通じてちよっとした混乱が生じてしまいました。許可証は参加者7人で650ドルかけて登山許可を取得しました。友人知人が署名しましたが、皆どっかへ行ってしまいました。毎年似たような話はありますよ。今回はツーリストのAdrian Kutarbaが同行し、私たちをサポートしてくれました。ABCまでの機材の荷揚げや、洗濯などですね。感謝しています。

ヤヌシュ:ご存知のように2007年のポーランド隊の遠征は、いわゆる技術的により難しいバリエーションルートを選択しました。ビエリツキのルートです。あなたはその部分は迂回するルートをとりましたが、今回のルートで技術的に困難なところはどのようなところでしたか?

マレク:ルートの選択に関しては、幸いなことにJacek Jawień(訳者注:2007年ポーランド冬季ナンガ隊隊員で冬のシェル・ルートを登った)と話す機会があり、彼の提案で私たちは右側を迂回して登りました。トマシュが最も厳しい100m程の箇所をリードし、私はロープをたどって登りましたので困難はありませんでした。私たちにとって稜線の岩稜200mが最も厳しい箇所でした。常に冷たい強風に吹かれていました。

P3
キャンプ2、5750m地点にて(撮影マレク・クロノフスキー)

ヤヌシュ:雪洞でキャンプを設営したようですが、これは最初から試そうと思っていたのですか?

マレク:ええ、雪洞はテントよりも優れています。嵐の中でも静かで壊れませんしね。雪の状態が適切な場所を見つける必要がありますが、そこは経験です。

P4
6000m地点、キャンプ2-Aの穴を掘っているところ(撮影マレク・クロノフスキー)

ヤヌシュ:これまで、4つのルートから冬のナンガパルバット登頂が試みられています。冬季登頂を目指してシェル・ルートを選択した背景はどのようなものですか?

マレク:私が思うに、シェル・ルートがベストです。日照時間が長く(午前7時から日射しがある)日照に恵まれないディアミール側ほど雪に閉ざされていません。

P5
1月23日、稜線に到達 (撮影マレク・クロノフスキー)

P6
1月26日の夕方、6600mに到達、キャンプ3を設営(撮影マレク・クロノフスキー)

ヤヌシュ:遠征後半では体調を崩したようですが、体調はどうですか?凍傷は大丈夫でしたか?

マレク:私たちは衛星電話と充電器を落としてしまい、その後、私の脚に痛みを感じるようになりました。これ以上(登るのは)無理ではないかと感じました。(訳者注:中略)今現在は良好です。

P7
キャンプ2-Bとなる雪洞の内部 (撮影マレク・クロノフスキー)


P8
トマシュは2月6日に7100メートル、2月7日に7400mにビバークし、キャンプ2Bに下山(撮影マレク・クロノフスキー)

ヤヌシュ:ルパール壁側ではフランス人スノーボーダー、ジョエル・ビシュネブスキーがソロで活動していましたが、ご存じのように、ジョエルは2週間以上消息を絶ち、家族から捜索依頼が出されています。BCが近くにあって、お互いにコンタクトをとったり、何か彼の計画について知っていることはありますか?

マレク:いえ、出会うことは無かったですね。彼のベースは、私たちの所から数時間かかる離れた氷河にありましたから。私たちは下山して地元の人間から彼のことを聞きましたが、残念なことです。

ヤヌシュ:すでに冬のナンガパルバットは三度にわたり冬季登頂が試みられてきました。あなたがこの山に取り憑かれているとして、次の計画はどのようなものでしょうか?

マレク:私は3日前に帰国したばかりで、ホントにお金が無いんでベース用テントを売り払ったんです。資金が問題ですね。次にチャレンジするとして、理想的には、あらかじめ高所順応しておき、ポーター2人を雇えば、2人でもさらに成果を挙げることができると思います。

ヤヌシュ:ありがとうございました。
---------------------------------
以上引用終わり

マレクとトマシュらチームの登山隊動画がこちら↓


 ナンガパルバットといえば「魔の山」「Killer Mountain」という悪名が強調されますが、質素な二人組が爽快に自分たちの登山を展開していく様子が記録されています。
 この約4分間の動画、映像の中でBGMに合わせてマレク・クロノフスキー自身も同じ曲をナンガパルバット山中で熱唱しています。
 動画背景に流れる曲は、ポーランドのラッパーGrubSonが歌う『Na szczycie』(日本語に訳すと「頂上で」)という曲。歌詞も、

ヤヤヤヤヤヤヤ・・・

知っている
魂の奥で感じている
どこかの山の頂で、
俺たちは満たされる
どんな世界であろうと
愛し、
傷つけ合い、
どこかの山の頂で、
俺たちは満たされる

という、いかにもクライマーが好みそうな曲なんですね。
 資金難でベース用テントを売り払ってしまったというマレク・クロノフスキーですが、次の計画が期待されるクライマーです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サリー・ジュエルが政界入りする意味【OUTSIDE誌】

先日REIのCEOサリー・ジュエルが第二次オバマ内閣に内務省長官として就任するニュースを取り上げました。

日本のマスコミ各社にとってはREIがどのような企業か知らないのでしょう、「アウトドア小売業」のおばちゃんが政界入りというだけで、論評抜きの報道に終始していましたが、私にとって次の2点が気になっていました。

・なぜ政治経験の無いサリー・ジュエルという個人が選ばれたのか?
・サリー・ジュエルが政界入りすることは、アウトドア業界にとってどんな意味を持つのか?

幅広いテーマでアウトドアを取り上げる『OUTSIDE』誌が、突っ込んだ内容の記事を掲載しています。

Sallyjewellpresidentbarackobamawhit
ホワイトハウスで内務省長官任命を受けるサリー・ジュエル

WHAT SALLY JEWELL’S NOMINATION MEANS FOR THE OUTDOOR INDUSTRY by OUTSIDE誌2013.2.14

以下、超訳。
以下記事引用開始
------------------------------------

サリージュエルの政界入りはアウトドア業界にとって何を意味するのか
記事:Mary Catherine O'Connor

 昨年6月、REIのCEOであるサリージュエルは、ワシントン州知事クリスティーヌ・グレゴワール、ユタ州知事ゲイリー・ハーバートらの傍らに立っていた。彼らは西部州知事会において『アウトドア・レクレーションの経済的影響』を報告していたのである。

 報告によれば、アメリカ人はアウトドア活動に自家用車や自宅の光熱費よりもさらに支出していることが明らかにされた。2011年、アメリカ国民はアウトドア活動に6450億ドルを費やした。2006年には7300億ドルを示し、景気悪化から回復中ではあるものの、レクレーション産業においてアメリカは「経済大国」であることを報告書は示している。

 アウトドア用品業界内で多くの個人や組織が理解するように、経済の牽引力だけではない、環境保全の原動力でなければならない。コンサベーション・アライアンス(REI、パタゴニア、ノースフェイス、ケルティによって設立された団体)とアウトドア産業協会は、アウトドア活動を目的として公有地にアクセスする権利を保護するため、ロビー活動を行ってる。アウトドア産業協会は政治活動委員会を有し、強力なロビー活動なしには実現しなかったであろう公有地の保護を勝ち取っている。
 ただし、これはグレッグ・ハンスコムがハイ·カントリー·ニュース紙で解説するように、 2010年の中間選挙において西部でティーパーティー運動が勢いづく前、オバマ政権が連邦政府所有地に大規模な天然ガスプロジェクトを承認する前の話である。

 公有地とその活用について、アウトドア業界は石油·ガス産業との利害関係を一致させることができるのだろうか?ケン・サラザール氏が内務長官を離任することにより、答えは彼の後任者が出すことになるだろう。

 先週、ジュエルはケン・サラザール氏の後任としてオバマ大統領の第二次内閣に入閣した。この人選はきわめて異例である。エネルギー開発のための公有地、そしてレクリエーションや野生生物のための公有地。明らかに矛盾する内務省の任務の2つを橋渡ししようとする、オバマ大統領の戦略の一環である。
 ジュエルはREIに就任する前職は、銀行役員だった。さらにその前は、モービル石油のエンジニアだった。ビジネス、レクリエーション、エネルギー、これらの経験を積んだ人間がどれだけいるだろうか?

 ジュエルが入閣を指名された日、コンサベーション・アライアンスのエグゼクティブディレクター、ジョン・スターリングはコメントする。
 「彼女が指名されないなんて考えられませんね。私が想像するに民主党が推すでしょう。共和党は [彼女を承認しないために] あら探しをして議事を妨害しなくてはならないでしょうけど。」
 「当然のことながら、アウトドア業界の誰もが、私たちの中から内務省をリードする人物が出てきたことを嬉しく思います。彼女は非常に行動的です。アウトドア業界と石油業界の両方で積んだ経験は、エネルギー供給そしてレクリエーション目的の土地を保護するという相反する任務を果たす上で役立つでしょう。」とスターリングは語る。

 「任命は画期的な事です」
 ブラックダイヤモンド最高経営責任者(CEO)であるピーター・メトカーフはコメントする。
 「ワシントン、そして政界では沢山の事が起こる、象徴的な出来事だ。」ジュエルの任命はとても重要な事、と彼は付け加える。
 「彼女が銀行や石油産業で経験を積んできたことはもちろん、彼女が最初の最高幹部であることに間違いないのですが、それらは造られた実績ではないということです。 彼女の人生は、山や谷、岩場で多くを過ごし形成されてきました。公有地の最高かつ最善の利用はアウトドア活動の場として検討されているという現実に、政治が追いついたということなのです。」
 メトカーフはジュエルを「プロの友人」と呼ぶ。
 「ジュエルはREIのCEOとして常に注目を浴びていました。彼女は公共政策に関わり、実践してきました。彼女の率いるREIは素晴らしくリーダーシップのとれた組織です。業界を牽引し、いくつもの環境問題も解決してきました。」

数字のゲーム

 しかし、ジュエルはエネルギー開発から環境保全へと、どのように方針を切り替えていくのだろうか?
 それに答えるためには、まず国内の状況を把握する事が重要だ。
 「BLM (訳者注:合衆国土地管理局(Bureau of Land Managementの略称)管理の公有地において、内務長官は約2億5000万エーカーの公有地を管轄下に置いています。そのうち、ほんのわずかな領域だけが国立景観保全システムの一部に含まれます」
 NGOピュー慈善財団のBLMプログラムディレクター、ケン・レートが説明する。
 「約2億5000万エーカーのうち、保護されているのは11パーセント未満です。」

 BLMとは対照的に、米国森林局が管理する土地のほぼ半分は保護されている。もちろん国立公園局管轄の土地は非常に強力な保護下にある。保全対象として困難が予想されるのは、エネルギー開発が期待されるBLMである。国立公園局は深刻な財政難に直面している。いくつかの公園は閉鎖の危機にあり、ジュエルは国立公園部門を監督するうえで既に喫緊の課題を抱えている。

 「伝統的に、ある課題に対しては内務省よりも議会との結びつきが好まれます。しかし内務長官が実現できる真の保全活動があります。活動の余地はまだ数多くあるのです。」

産業界の結束

 NGOの Sunlight Foundationによれば、ジュエルはアウトドア産業協会に11,000ドルを寄付している。彼女はまた Initiative for Global Development や国立公園保護協会にも関わっている。政界入りする前は、彼​​女は積極的に民主党を支援し、都市公園などで子供達にアウトドア活動を奨励・推進する活動を通じ、オバマ政権とは密接に協力してきた。

 サリー・ジュエルは、オバマ大統領の第一次内閣の頃から内務省長官候補として噂されていた。
 しかし、メトカーフは今回の任命の方がタイミングとして彼女に有利だと言う。

 「オバマ大統領が環境問題に対して関心を向け直しているので、彼女の存在は効果的です。第一次オバマ内閣では、大統領は健康保険問題に翻弄されました。」メトカーフはまた、天然ガスの大規模な埋蔵量が明らかにされており、新エネルギー開発の圧力が軽減されていると考えている。

 「サラザール氏は残念ながら「ディープウォーター·ホライズン」(2010年のメキシコ湾原油流出事故)に任期の多くを費やさねばならなかったと思います。」
 内務省はプロジェクトが危険であるとする警告を軽視されたという報告を示していた。

 それは新たな始まりであり、彼女の時代の到来でもある。
 彼女は再選について心配する必要もなく、レクリエーションの経済効果を売り込むことが可能だ。彼女の采配の下、REIは店舗で利用する電源の2割を再生可能資源エネルギーから捻出し、年商20億ドルの企業となった。

 「サリーの秀でた能力の一つに、異なるグループの意見に耳を傾け、異なる視点を持つ人々との合意形成を図ることができる点です」
 NPCA(国立公園保全協会)代表のトム・キールナン氏は語る。
 内務省長官として采配をふるうという課題に対処するために、ケン・レートはこう語る。
 「彼女がREIで証明した手法が有利に働くでしょう。アウトドア産業界が待ち望む、まさに「日の目が当たる」瞬間でしょうね。」

------------------------------------
以上引用おわり

 日本のメディアはじめAFP通信も、サリー・ジュエルが任命されたのは、おっさんが多いオバマ第二次内閣に女性を採用し多様性を持たせるためだ、というスットコドッコイな記事を配信していましたが、OUTSIDE誌の報道では、サリー・ジュエルという個性を見込んでの政界入りということが伺えます。

 アウトドア関係者には大きな期待をもって受け入れられたサリー・ジュエルの入閣ですが、一方、ニューヨークタイムスの記事のように政治経験の無さを憂慮する報道も見受けられます。
 また彼女の前職、務めていた銀行がかなりダーティーな資金運用をしていたこと、彼女自身がエンロン(巨額の粉飾決算で2001年に破綻したIT・エネルギー企業)と関わる会社の役員を務め、多額の役員報酬を得ていたこと、また環境保護論者からは彼女は「石油業界の人間」であり、石油業界の喜ぶ人事=自然破壊の推進者、とする意見も挙がっています。

 なんでもかんでも反対反対というクルクルパーの左翼が多い日本の山岳界とやらでは、やたらと反体制な思想の持ち主が跋扈しているわけですが、サリー・ジュエルのようなアウトドア産業の第一人者が入閣して国政の采配を振るう立場に立つ、というのは彼の地での「アウトドア」「レクレーション」「余暇」に対する国民の認識・考え方の差異を感じます。

 私自身は実際にアメリカの海底油田リグや鉱山開発の現場を見学した経験があるため、サリー・ジュエルの経歴に非常に興味があります。
 石油開発の現場を経験した元・技術者が、内務省長官としてどのようにアメリカの自然保護に采配を振るうのか。引き続き注視していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Q』を呼べ。

P1
よくあるトレッキングシューズに見えますが・・・

実はこの靴、寒冷地でのサバイバルに備え、

P4_2

P2
靴底(インソール下部)に火打ち石と着火剤のセットが隠せるようになってます。

Substratum hiking boots incorporate emergency fire-starting kit by gizmag 2013.2.12

これはロッキーS2Vというシューズ。
お値段は280$(約26000円)から。
販売元は こちら

しかしなんですな。
サバイバルツールを靴底に隠すとかやるんだったら、

Galgadgetgepenjpg
ジェームズ・ボンドの小道具みたいに、
竹内君のプロトレックも真っ青のレーザー光線発射する腕時計とか、
いきなり空飛べるリュックサックとか、
ピアーズ・ブロスナンばりに携帯で自動運転できる車を、登山口まで自動運転(以下省略)

アウトドア | | コメント (0) | トラックバック (0)

オーシャンウイング

もうペーパーライセンスになってもうたが、いちおうダイビングの免許も持ってる私、たまに海の話題。

ロシアのアウトドア・クライミングサイトでよく取り上げられているのが、

Wingsuit
ウイングスーツ。
最近はテレビのバラエティ番組でも奇人変人扱いで取り上げられるようですが(怒)、あれホントはやってみたい人多いんじゃないかなあ。

というところで、ちょっとこちらはお気軽・お手軽なウイングスーツが登場。

Oceanwings2620x448
オーシャン・ウイング。
ダイビング用スーツで、水中での「飛行」を楽しむスーツです。
ダイビング機器メーカーと、フランスのデザイナーGuillaume Binardの共同で開発されました。
一般販売はまだ未定とのことですが・・・
フリーダイバーによるデモ動画はこちら。
墜死の危険性があるウイングスーツに比べ、これならやってみたいという方多いんじゃないでしょうか。

でもこのスーツ着て海水浴場ウロウロしてると、小さい子供が怖がって泣くような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬季ブロードピーク 頂上アタックから撤退

今冬、カラコルムのブロードピーク冬季初登を目指すポーランド隊。
Artur MałekとAdam Bielecki ペアの第一次アタック隊が頂上を目指したものの、山頂から約200m下部、約7800mに到達したところでクレバスと強風に阻まれ、断念、下降した模様。
第2次アタック隊としてTomasz Kowalski、88年に頂上直下に迫ったMaciej Berbekaのペアが頂上を目指しましたが、彼らも強風のため退却。

Szczelina_na_7800
7800mの撤退地点(ポーランド山岳会ウェブサイトより)

メンバーは全員BCに下山。
ポーランド隊は天候を伺い、次のチャンスを狙うようです。

参考サイト

Invernale al Broad Peak: fallito il tentativo di vetta, i polacchi tornano indietro by Montagna.tv 2013.2.18

Broad Peak 18.02 – atak, atak i … po ataku by PZA.org 2013.2.18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第21回ピオレドール 国際審査員決まる

第21回ピオレドールの国際審査員が発表されました。
日本からは、横山勝丘氏が選出されています。

Les Piolets d'Or Jury International by Kairn.com 2013.2.13

最初kairn.comの記事を見た時はてっきり本賞にノミネートされたクライマーの面々かと思いましたが、国際審査員はどっかの国の山岳協会みたいに棺桶に片足突っ込んだ爺ではなく、実力者揃いの顔ぶれです。

第21回ピオレドール国際審査員

Stephen_2
Stephen Venables(イギリス)
日本の熱心なアルパインクライマーには著書『ヒマラヤ・アルパインスタイル』でおなじみのスティーブン・ベナブルズ。ヒマラヤで数々の玄人向けの記録を打ち立てていますが、カンシュンフェース完登後、「英国人初」の無酸素エベレスト登頂を果たしたことで知られています。私にとっては、著書『Ollie』でみせた父親像の方が印象強いのですが。
英国山岳会会長。

Silvo
Silvo Karo(スロベニア)
スロベニア出身ながら、80年代からアメリカでのクライミング経験を積んだ国際派。トモ・チェセンらとヤルンカンなど高所遠征経験も豊富、バギラティ山群には何度も通っている。ブリッドウェルやジョン・ミッデンドーフ、マルコ・プレゼリらと組んでヨセミテはじめインドヒマラヤやパタゴニアのビッグウォール・クライミングで数々の記録を残す。

Katsutaka
横山勝丘(日本)
ここで解説は要しませんね。

Gerlinde
Gerlinde Kaltenbrunner(オーストリア)
※climb.deより美脚を披露するガリンダ様
8000m峰無酸素14座完登を果たしたガリンダ・カールセンブラウナーについては竹内君のクライミングパートナーとして日本でも知られてますね。Kairn.comでは2011年のK2北稜、続くヌプツェ北壁が高く評価されているようです。

彼ら素晴らしい面々がどのようなクライミングを選出するのか。
ピオレドール本賞決定は4月3~6日、フランス・シャモニにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハニートラップ。

最近、

Hua

人妻の魅力に癒されているワタクシです。
(华春莹 中華人民共和国外交部 報道官)

日中友好だろ(棒読み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

REIのCEOサリー・ジュエル、合衆国内務長官に任命さる

 アメリカのオバマ大統領が合衆国内務長官にREIのCEOサリー・ジュエルを任命する、と政府筋の情報として明らかにされました。

Outdoor retail exec picked for Interior secretary, source says by FOXnews 2013.2.6

Sallyjewell
Sally Jewell 近影

 ノーベル平和賞をもらった陰で、CIAが世界各地で進める各種謀略活動・秘密工作の継続に全てGOサインを出したオバマ大統領をリベラル・平和の使者と勘違いしている左翼のクルクルパーが日本には多いようですが、アメリカの国立公園を管轄する内務長官にREIのサリー・ジュエルを起用したのは、やはり環境問題解決を狙っての人事でしょう。
 日本のアウトドア零細企業と異なり、国立公園の各種問題に対してはアメリカのアウトドアメーカーもなかなかの圧力団体ですし、サリー・ジュエルの起用による環境問題への対処が今後注目されます。

 ま、パタなんとかいうカルト企業の人間は起用されないんですね(棒読み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEMOシュラフ

アメリカはユタ州・ソルトレークシティでアウトドアメーカーの見本市が開催。

 実は昨年、この大規模なアウトドア見本市がソルトレークシティから撤退か?と一悶着あったのですが、結局引き続きソルトレークシティでの開催が継続される模様。
 この見本市による経済効果は、地元メディア報道によれば4000万ドル(約37億円)、そりゃ州知事が介入して見本市を誘致するわけです。

 ここ最近、ビーパルだかビーチクだかのアウトドアカタログ雑誌を読んでないので、もう日本のアウトドア愛好家の方には知られている情報かもしれませんが、今回の見本市で注目を集めているのがNEMO(ニューモ)のシュラフ。

 従来、シュラフ(寝袋)といえば、「マミー型」と「封筒型」の2種類に大別されていたわけですが、今回NEMOが売り出しているのは、「SPOON型」と称する砂時計のようなデザインのシュラフ。
Spoon2
OUTSIDE誌も注目のこのSPOON型シュラフ。
肩と膝に余裕をもたせ、自然な動きを妨げないデザインなんだそうです。
NEMO社のウェブサイトによれば、「従来のマミー型では安眠のための最高の設計ではない、過去2年間にわたり人間の睡眠を調査し」スプーン型のデザインとなったとのこと。

Spoon1
従来のマミー型とのデザイン比較。(青ラインが従来品、赤ラインがSPOON型)

さて、様々なアウトドアサイトでさらに注目を集めているのが、NEMO社が極地・高所用に開発したCANON-40。

P2
極寒地用に開発されたシュラフですが、最大の特徴は「ストーブパイプシステム」と呼ばれる、顔面まわりに突き出た構造。
これは顔面周辺の温かい空気を逃さない構造だそうです。
それとは逆に、温かすぎる時のための通気孔も肩・胴の部分に備わっています。

P1
ま、たしかに、極寒地でシュラフで寝てると顔面が冷えたりした経験はありますな。
そしてもう一つの特徴は、このシュラフはフロントにジッパーが付いていること。
極地用だけでなく、たいていの登山用シュラフは保温性のため、サイドにジッパーが付いているのがほとんどのはず。
今回NEMOのCANONがフロントジッパーを採用したのは、

P3
ジャケットのように着用できるよう考慮しているためでした。

嗚呼、クソ寒い冬山で温かいシュラフに入ったまま全てをすませたい、というあの記憶がよみがえりますな。
このCANONモデルは2013年秋、販売価格1000$(約9万円)で販売予定。

参考サイト
NEMO社 オフィシャルサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国クライミング界の新鋭、ソン・ハンナレ

 韓国・青松でアイスW杯が開催される一週間前、前哨戦ともいえる「2013青松全国アイスクライミング選手権大会」が開催されました。
 この大会で優勝候補に挙げられていたシン・ウンソンを破り、女性リード、スピード両部門で優勝したのが22歳のソン・ハンナレ。
 W杯を目前に控えて調整中とはいえアイスW杯常連のシン・ウンソンを抑え、アイスクライミング歴わずか1年というソン・ハンナレが優勝したことは、彼女の身体能力の素晴らしさを雄弁に物語る事実です。

 もともと韓国国内の各種大会で優れた成績を収めてきたソン・ハンナレですが、この青松大会優勝で一気に韓国メディアの注目を集めました。
 東亜日報が珍しくモノローグ調の記事で取り上げてますので、以下に紹介します。

‘美男美女’スポーツクライミング選手ソン・ハンナレ 「現実の壁の前座り込んだ若者たち、私と壁を越えて夢を探しましょう」 by 東亜日報2013.1.23

以下記事引用開始
-------------------------------------
P1

 こんにちは、ソン・ハンナレです。
 私の名前を初めて聞いたでしょ?
 ナショナルチームの選手で、歌手のユン・ミレ姉さん (訳者注:「姉さん」は韓国語での敬称、血縁関係ではない。以後同様) とスポーツブランドのCMも一緒に撮ったんだけど、まだ有名ではないみたい。教科書にも載ったよ。もうちょっと自慢すると、キム・ヨナ姉さんが第一回受賞者だった"第3回京畿道教育庁グローバル人材賞"を受賞しました。
 私の名前「ハンナレ」は「大きな翼」という意味です。大きな翼で私は岩壁を登ります。スポーツクライミング選手なんです。人工氷壁を登るアイスクライミングは、昨年から始めました。大会の成績をいちいち私から言うのは照れくさいんで、知りたければインターネットで検索してください。
 私は今年、韓国外国語大の国際スポーツレジャー学部の3年生になります。選手生活と学業の両立は簡単じゃないです。他の人々と同じように自己推薦枠で合格したんですよ。うぬぼれるわけじゃないけど、勉強できないわけじゃなかったんですよ。中学校の時は先生がスポーツ止めて外国語高校に進学してはどうかと言われる程でした。(訳者注:外国語高校とは、外国語学習に特化した高校で一流大学への門戸としてとらえられている)高校もスポーツだけじゃなく勉強も頑張りました。ところが友人から「あんた運動できるんだから勉強しなくてもいいんじゃない?」本当に大喧嘩しました。頭悪いから、勉強するの嫌だからスポーツ、という言葉が大嫌いなんです。

 フランスのパリにトレーニングに行った時は、エッフェル塔見物よりも運動したほうが良かった。思えば、私は本当にスポーツ中毒みたい。私の家は、京畿道坡州(パジュ)市、練習場は、ソウル広津区建国大の前にあります。毎日2時間以上、バスと地下鉄を乗り継いで通いました。その移動時間を割いて勉強してました。トレーニングを終えて夜12時過ぎ、地下鉄の終点に到着して目覚めると手に持っていた教科書が床に落ちている毎日でした。それでも家に行くと再びシャワー浴びて勉強してましたよ。試験のたびに徹夜するのはいつもでした。
 そんな娘が切なかったのか、パパが家に近い場所にクライミングジムを設けてくれました。娘に全てを賭ける(オールイン)したんです。さて、私の父(名前はソン・ソクウォン)もクライマーです。四歳の時、父に背負われて遊具に登るように山を上り下りしたことが、最初の山の思い出です。

 こんなに熱心に過ごしたのに、高3の時、大学進学は簡単ではなかったんです。
 某大学の特技者選考に応募したら、スポーツクライミング大会の入賞実績は受賞実績として認めてもらえなかったんです。国際大会で優勝もしたのに。唯一、スポーツクライミングの実績を認めている他の学校では、先輩たちの学校生活がとても不誠実だという話を聞きました。行きたい気持ちが消えたのは当然です。だから、正面突破で入学査定官制度を選択したの。(訳者注:韓国では一般入試の他、成績中心の画一的な選抜からの脱却を目指して行政機関から独立した「入学査定官」による入学生選抜も行われている。潜在的な能力を持つ学生を発掘することが目的の一つ)
 こんなことを経験して、希望の専攻もスポーツ生理学からスポーツマーケティングに変えました。私がやってる競技種目がどれだけ魅力的なのか、多くの人に知ってもらいたかったから。このスポーツがもっと普及して、いつかオリンピックの正式種目になることに力を尽くしたい。大人になって、競技のために女性としての自分をあきらめなければならない時があります。昨年からアイスクライミングを始めたんで、肩の筋肉がついたのがわかるんです。スポーツクライミングの時にもパワーが付いてきました。男の先輩が「お前、そんないい体格でウェディングドレス着るつもりかよ」だって。ムカついたけど大丈夫、私の大好きなユ・アイン兄さん(俳優)は、​​こんなつまんない事言う男じゃないから。

 今はとても健康だけど、幼い頃は家の前のスーパーに行くように病院に出入りする子供でした。気管支が悪く鼻血が止まらなかったんです。家の外に出るときは、お母さんがいつも服を一着余計に準備してくれたの。でも小学校4年生の時から運動を始めたら良くなったんです。いわば夢を追いかけて壁を登るから、病原菌がついてけなくなったんでしょうね。
 人からは、壁を登りながら何考えてるんだって聞かれるけど、実際何も考えない。ただ、差し迫って登るだけです。競争選手に勝つことよりも、私に負けないことが一番大切です。だから私のブログのタイトルも、"Don't lose yourself"なんですよ。

 もしかして、自分にいつも負けていると思ってない?それならぜひスポーツクライミングに挑戦してみてください。一度やってみればわかるはず。見た目より危険でもなく、難しいスポーツじゃないんです。誰も信じられない時、自分を信じることを学ぶことができるんです。特に現実の壁の前に座り込んだすべての若い人たち、一緒にクライミングしてみない?

 ファンギュイン記者kini@donga.com
-------------------------------------

P2
2013年1月5~6日、2013青松全国アイスクライミング選手権大会で表彰台に立つソン・ハンナレ(中央) Photo by 韓国日報

アイダー、アディダス、K2がスポンサーとして支援しているソン・ハンナレの経歴

2013年 青松全国アイスクライミング選手権大会優勝
2012年 第93回全国体育大会山岳部女子リード部門優勝
2011年 第57回大韓体育会チェユクサン競技部門奨励賞
2010年 スポーツクライミングコリアンカップシリーズ女性一般の部優勝
2009年 第3回グローバル人材賞受賞
2008年 第7回アジアユースクライミングチャンピオンシップ1位

オンサイト 5.12a、レッドポイント 5.13d、イタリアのアルコにてHuego(5.13d)を完登。

記事の冒頭、歌手のユン・ミレと一緒に出演したというスポーツブランド(アディダス)のCM動画がこちら。
現在各分野で活躍する若い女性5人、歌手のユン・ミレ、DJミリョン、カメラマンのアン・ハジン、クライマーのソン・ハンナレ、韓国唯一の女性プロBMX選手パク・ミンガによるCMです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »