« 白木山(しらきやま)889m | トップページ | 茶の環 »

牛田山(うしたやま)261m

白木山から下山、JR芸備線に乗って広島駅に戻る。
駅でトイレを済ませた後、休憩もとらずに都電とバスを乗り継ぎ、牛田山(261m)に取り付く。

Imgp0724
開発の進んだ牛田山の山並み。(正面の建物は広島市東区スポーツセンター)

牛田山はJR広島駅の北側、標高200m前後のピークが馬蹄形を成している。
コース取りとしては広島駅から最寄りの二葉山(139m)を起点に縦走登山がポピュラーなようだが、広島市街に所用もあるため、牛田新町の神田山荘登山口から山頂を往復する。

登りはじめはコンクリートで造られた階段が続く。
あーあ、やはり整備されすぎた里山かな、と思ったが、登るにつれて植生も濃くなり、静かな山が楽しめる。

神田山(178m)を経て、上り下りを繰り返す。
標高261mにしては「登山」が楽しめる道のりだ。

登山口からちょうど30分、山頂到着。
空は薄曇りながら、白木山と同様、ほぼ周囲360度の見事な眺望。
広島市街が一望でき、遠く宮島も見える。

え?
画像?
素晴らしい景色は、パソコンのディスプレイじゃなくて、いい汗かいてご覧下さい。

午前中の白木山よりさらに気温は上がり、14度。

Imgp0694
有志が立てたという、あずま屋に飾られた花が出迎えてくれました。

帰路は、のんびりと自然観察しながら下山。

Imgp0700
常緑樹の中で、アクセントとなる赤と黄。ヤブツバキ。

Imgp0702
白木山でもみられましたが、ここ牛田山の登山道、両脇が派手に掘り起こされている。
誰の仕業か?

Poirot
いかに巧妙に誤魔化そうとしても、この灰色の脳細胞はだまされませんぞ!

いや、わたしゃ単細胞の脳しか持ってませんが、犯人の足跡みっけ。

Imgp0701
イノシシが掘り起こしたようです。(脇の百円玉はスケールとして置いたもの)

人口118万人の政令指定都市、広島。
そんな都市の中の里山で、野生生物の生きる証を所々にみかけながら下山。
それからちょいとお勉強したいため、下山して広島市水道局・水道資料館に直行します。

|

« 白木山(しらきやま)889m | トップページ | 茶の環 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/57076618

この記事へのトラックバック一覧です: 牛田山(うしたやま)261m:

« 白木山(しらきやま)889m | トップページ | 茶の環 »