« ヒラリーとテンジンがツイッター始めました。 | トップページ | ルイ・ラシュナルの最期 »

秋田おしごと日記2013年5月・その2

5月×日
 リストラ寸前不良社員なのに、現場作業精鋭部隊に引き込まれて秋田に住み込んで3日め。

 秋田市街で美人に出会う確率を、花に例えますと、

 秋田市市内↓
G
(ゴッホ「前景にアイリスのあるアルルの眺め」)

 仙台市内↓
S

え?
ボク何か事実と違うこと書きま(以下省略)

5月×日
 初夏の暑さに慣れてないので、みんな結構疲れがたまる。
 ちょうどそんな折、一時帰宅していた若手社員Y君から土産をもらう。
Img_0340
都電もなか
結構有名な菓子らしい。
疲れたところに甘いモノ、美味しくいただきます。
学生時代、私は水道橋駅近くの山形県の学生寮に住んでました。(今はもう取り壊されてありません)
部屋の窓を開けると、そこには春日局のお墓というステキなロケーション(笑)
同じ建物、同じ屋根の下に1階が女子、2階・3階が男子という夢のような環境でしたが、色気のある話など私には無く、寮に帰れば、海外登山に向けて排気ガスの少ない夜にランニングという生活。
ランニングコースの途中に荒川都電を横切る箇所があり、懐かしく食べた次第。

5月×日
 洗濯物が溜まる。
 しかもビジホには、おりしも開催中のスポーツ大会に参加する某高校野球部員、サッカー部員も宿泊。
 先輩や自分たちの洗濯物を抱えた坊主頭の運動部員達。
 我々現場作業員。
 そしてビジホには、コインランドリーが2台。
 Gf
 今、壮絶な闘いが始まる・・・

5月×日
 秋田生活、夕食は某激安スーパーで総菜を買い込む。

Img_0341
さすが秋田、山菜コーナーがあり、蕗の水煮が多く並べてある。
蕗も下ごしらえ大変だもんね。

5月×日
 今日も激務が終わり、いつもの激安スーパーに立ち寄る。
 昨日は無かった「宮城県産サメのステーキ」なるものがあり、速攻購入。150円也。
Img_0344
 
 4年前に長らく滞在した北九州で食べた「フカの湯引き」と比較したかったのでした。
 「フカの湯引き」はゴムのような食感で酢味噌で食べたのに対し、こちら「サメのステーキ」は生臭さを消すためでしょうか。プンプン臭うガーリックソースで味付けされてます。食べてみるとサバのような締まった食感。
 秋田でもサメって食べるんですね。

|

« ヒラリーとテンジンがツイッター始めました。 | トップページ | ルイ・ラシュナルの最期 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/57479275

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田おしごと日記2013年5月・その2:

« ヒラリーとテンジンがツイッター始めました。 | トップページ | ルイ・ラシュナルの最期 »