« 秋田日記 6月編 | トップページ | 【吉報】 キム・ジャインちゃん、怪我から復帰&ジム開業 【朗報】 »

ナンガパルバットBCをテロリスト襲撃、ウクライナの著名登山家が射殺さる

 日本のメディアではベタ記事扱いですが、6月23日未明、パキスタンのナンガパルバットBCを「タリバンの一派」とされるテロリストが襲撃、外国人9名、パキスタン人ガイド1名が射殺されるという事件が報じられました。

 スットコドッコイな共同通信などは「外国人観光客」などと報じていますが、射殺された「外国人」とは、ナンガパルバット登頂を目指すクライマーです。

 今夏のナンガパルバット峰にはちょっと複雑ですが、

 ・ロシア人を中心とする「国際隊」
 ・ウクライナ、グルジア、スロバキア人から成る「ウクライナ隊」

 が同時にディアミール側、キンスホーファールートを目指して入山していました。
 ロシア人を中心とする「国際隊」には、ロシアのグレブ・ソコロフ、アレクサンダー・ルチキンらトップクライマーが参加しており、今回のテロリスト襲撃事件の犠牲者の氏名が大変気になっておりました。

 日本時間の6月23日22時現在、ロシア、ウクライナの報道では、襲撃されたのは「ウクライナ隊」の模様。
 隊員のAlexander Zakolodnyが衛星電話で伝えた内容として、現在判明している射殺されたメンバーは隊長のIgor Svergun、 Koshaev Bodavi、Konyaev Dmitry、いずれもウクライナのハリコフ山岳連盟のメンバー。

 Igo
テロリストの襲撃により亡くなったIgor Svergun氏

今回殺害された隊長のIgor Svergun氏は、1966年ウクライナ出身の著名なクライマーでした。
その登山経歴は旧ソ連時代から始まり、新生ウクライナでも数々の8000m峰に登頂していますが、なんといっても1990年秋のソ連隊としてローツェ南壁を登攀(隊は登攀成功、Igor本人は8200mに到達)、完登に貢献した事が特筆すべき経歴でしょう。2度にわたるエベレスト登頂よりもローツェ南壁登攀が自分にとって重要なクライミングだった、と生前語っていたようです。
ソ連崩壊後は、ウクライナ第二の都市ハリコフの登山クラブで若手育成に力を注ぎ、世界各地の山岳地に遠征を続けていました。

 いまだロシア、ウクライナ各国でも情報が錯綜しています。
 ウクライナ外相は「犠牲者はテントではなくホテルで殺害された」と発表していますが、ロシアの報道では事件現場が「フェアリーメドウ」(筆者注:ナンガパルバットを一望できるキャンプ場。日本からも辺境地・トレッキング旅行社がツアーを組んでいる)と報道されるなど、事件現場に関しても情報が混乱しています。

 今回テロリスト襲撃という許されざる悪意により死を遂げたクライマーならびに関係者の方々に哀悼の意を表します。

 なお、8000m峰のベースキャンプがテロリストに襲撃され、クライマーが殺害されたという事実は、今後のパキスタン登山やトレッキング観光客の動向に大きく影響を及ぼすことが予想されます。

関連リンク:
 ナンガ・パルバットのベースキャンプをテロリストが襲撃、死者10名 (雪山大好きっ娘+様 2013.6.23)

|

« 秋田日記 6月編 | トップページ | 【吉報】 キム・ジャインちゃん、怪我から復帰&ジム開業 【朗報】 »

expedition」カテゴリの記事

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

信州大学学士山岳会の金子鉄男と申します。今、3年前ダウラギリで亡くなった田辺治君の追悼集を会で作成しようとしており、私は田辺君の15歳年下でしたが、山では恩師でありつたない追悼文を書いております。
田辺君の最大のクライミングは、ローツェ南壁冬季登頂でした。これをメインに書いておりましたところ、こちらのHPで6/23のナンガパルバットのテロ遭難の記事を読ませて頂き、ウクライナ隊のIgor Severgunさんが秋のローツェ南壁に活躍されたことを知り、このHPの一部の文と彼の写真をお断り無く使用しています。(お断りのお前がわからなかったので)。後話になり申し訳ありませんが、お名前とご住所を教えて頂きたく思います。今なら情報元のお名前を加えることができますので
。よろしくお願い致します。メールお待ちしております。

投稿: 金子鉄男 | 2013.07.31 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/57652598

この記事へのトラックバック一覧です: ナンガパルバットBCをテロリスト襲撃、ウクライナの著名登山家が射殺さる:

« 秋田日記 6月編 | トップページ | 【吉報】 キム・ジャインちゃん、怪我から復帰&ジム開業 【朗報】 »