« 折り紙ランタン | トップページ | 月山 残雪状況【2013年7月7日現在】 »

月山、梅雨。

羽黒側から月山へ。

梅雨。
「悪天」とひとくくりにされる雨の山。
生き物たちには恵みの雨。

Imgp0900m
エサをくわえたアカハライモリが登山道を横切っていく。(弥陀ヶ原)

Imgp0908m
石になりきったヒキガエル。(弥陀ヶ原)

Imgp0910m
登山道を横切るカタツムリ(仏生池小屋脇)

風雨の中、頂上稜線へ。
ガスで視界の効かない残雪を行く。

Imgp0922m
かすかに足を動かす、エゾハルゼミ。
初夏に生命を謳歌したであろうエゾハルゼミが、まもなく生を終える。


頂上からの帰路。
プライベートの時は、仏生池小屋で熱いコーヒーを飲むのが楽しみだ。
特に、こんな風雨の日には。
Imgp0925m

外は、風の音が唸るほどの強風になってきた。

Imgp0926m
熱いコーヒーを飲み、小屋の中から大荒れの外を眺める。
まるで他人事のような、不思議な感覚。

同じく小屋で休憩していた中年女性2人組は、バスの待ち時間を計算しながら、下山の相談をしている。
さて、私も下りることにしよう。

雨と風、乱れ咲く花々と水を得た生き物たち。
そんな梅雨時の月山。

※コメント欄に御指摘をいただき、2枚目の画像は当初「ツチガエル」と表記しておりましたが、「ヒキガエル」に訂正いたしました。(2013.7.14)

|

« 折り紙ランタン | トップページ | 月山 残雪状況【2013年7月7日現在】 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

 いつも楽しみに読ませていただいております。

 生物の名称は地方によって全く異なることが
多いようですが、「ツチガエル」は間違いでは
ないでしょうか?
 同じ姿かたちのカエルが我が家の庭で越冬し、
今年も貫禄ある姿を見せてくれています。
 背中にイボが有るのは「ツチガエル」と同じですが
身体の側面、目から横腹にかけて黒と白の
まだらな筋が有るのは「ヒキガエル」だと思います。

 ヒキガエルをツチガエルと呼ぶとのことでしたら
お笑いください。

 酷暑の中での現場作業、ご自愛ください。

投稿: nisimura | 2013.07.14 10:56

re:nisimura様
 御指摘ありがとうございます。
 
 ヒキガエルはもっとイボ多いんじゃない?ヒキガエルって田んぼとか沼とか低い所にいるカエルだよね?→これってツチガエルじゃね?

 と、まったく浅い考えで「ツチガエル」と表記してしまいしまた。
 念のため山形県学術調査会『出羽三山・葉山総合学術調査報告』を調べ直してみても、月山・弥陀ヶ原より高所にはヒキガエル(ヤマヒキガエル)、ヤマアカガエルの生息が示されておりまして、おそらくnisimura様の御指摘が適切かと思います。

 まだ不勉強なところもあります、お気づきの点あらばお気軽に今後ともコメントお寄せ下さい。

投稿: 聖母峰 | 2013.07.14 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/57729818

この記事へのトラックバック一覧です: 月山、梅雨。:

« 折り紙ランタン | トップページ | 月山 残雪状況【2013年7月7日現在】 »