« 曇天の美しさ、そして山形。 | トップページ | 8月日記 »

荷 上 げ

 8月16日、9月に予定されている飯豊連峰合同保全作業に使用する資材荷上げのため、飯豊連峰・梶川尾根に入山。

 合同保全作業とは、飯豊、朝日の両連峰で毎年秋に実施されている、浸食等による荒廃した登山道を整備する作業である。
 「業者任せでなく、環境保全の意識をもってもらうため登山者自身で作業しよう」という思想の下、作業は一般公募で集まった登山者の手で行われる。
 秋の保全作業の時期、建設業も盆明けでバリバリ忙しくなるため参加が叶わぬ私は、せめて微力ながらも・・・という思いで、保全作業資材の荷上げは毎年協力させていただいている。
 8月、ウェブサイト飯豊朝日連峰の登山者情報で井上さんから「資材荷上げのお願い」がアナウンスされたため、盆休みの16日を荷上げにあてることにした。

登りだしから全身の発汗量が異様に多く、ペースがあがらない。
途中追い抜いた御夫婦のパーティーに「今日は暑いですねぇ」と言われ、高度を上げても気温が高温であることに気が付く。デジタル温度計で計測すると、登山道では27度。
とにかく異様なまでの発汗量。
いつもの自分ではないことを自覚する。

Imgp1052m
8時に梶川尾根に取り付き、13時にデポ地に到着。
100リットルザックに詰めてきた麻ネット3袋をデポ。
当初は稜線まで行くことを予定していたが、時間が遅いこと、自分の体調を鑑みて行動食を摂りすぐに下山。

途中追い抜いた登山者の方とすれ違う。
「もう下山ですか」と不思議がられたため、「登山道整備の資材荷上げで・・」と手短に答えるとご苦労様です、と声を掛けられる。
いえいえ、本当に汗を流すのは保全作業に関わる人たち。
私の荷上げなど、ほんのわずかの手伝いに過ぎない。

Imgp1050m
登高中、見上げれば木々の間を流れる白い雲。
由緒正しい日本の夏山ですなあ。

Imgp1056m
稜線に近づくにつれ、いろんな花が咲いているけど。
地味だけど、ヤマハハコの小さい花が好き。

Imgp1058m
梶川尾根途中、「命の水」な五郎清水。
2013年8月16日の状況。パイプから流れる水よりも、背後の岩に流れる水を皆さんボトルに汲んでました。
温度計で測定してみると、水温は7.1度。登山道の気温27度。
五郎清水、キリッと冷えてます。

梶川尾根を下山しながら、自分のコンディションに思いを巡らす。
本日の荷上げの麻ネットは1袋約5kgが3袋、計15kgに登山の基本装備、水食糧を加えて往路のザックの重さは20kg+α。
気温が高温とはいえ、このていたらく。
年齢による体力低下、トレーニング不足による体力低下。両方だろう。
兼業ガイドという立場に甘えた現状を、見直さなければならない。
デポ地から下降を続けること3時間、16時ちょうどに登山口下山。

全身が汗でずぶぬれ。
川でとりあえず顔を洗い、タオルで身体を拭きまくり、着替えてから車で移動。梅花皮荘で汗を流した。

帰路、ビリー・ジョエルを聴きながら小国町の集落を走り抜ける。
車窓から入り込む線香の香りに、お盆であることを意識する。

Imgp1061m
国道113号に合流する直前、飯豊連峰に源を発する玉川の流れ、水面に白い霧が漂っていた。
気温のイタズラとはわかっているものの、その美しさにしばし見とれる。
夕暮れのまだ蒸し暑い中、再び車に乗り込み、自宅への帰りを急いだ。

|

« 曇天の美しさ、そして山形。 | トップページ | 8月日記 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

この間、地元の山で階段設置の為、溶接の作業を行われてる方々を見かけました。鉄骨階段まで必要なのかは別として、山奥でも30℃を超える暑さだったので、さらにありがたく感じました。
飯豊連峰は私とは縁の遠い所ですけれども、とにかく本当にお疲れ様でした。

投稿: jik | 2013.08.17 11:13

ブログへの書き込みありがとうございます。来年から山復帰に向けて、少しずつ活動していきますので、その時にはよろしくお願いいたします。p(^_^)q

投稿: 森の住人 | 2013.08.17 11:36

re:jik様
 どのような状況での階段設置かはわかりませんが、私も時折溶接作業やりますので、気温30度超の中での作業は本当にお疲れ様と言いたいです。

 私の荷上げは本当に微々たる行為ですが、jik様のお言葉、ありがたく頂戴いたします。

投稿: 聖母峰 | 2013.08.17 23:39

re:森の住人様
 この度は本当におめでとうございます。

 育児との両立大変かと思いますが、山復帰を楽しみにしております。お身体をどうぞお大事にして下さい。

投稿: 聖母峰 | 2013.08.17 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/58006174

この記事へのトラックバック一覧です: 荷 上 げ:

« 曇天の美しさ、そして山形。 | トップページ | 8月日記 »