« 報 酬 | トップページ | ふりかえり・別れのつどい。 »

その登山用品、誰が作っているのか?

私達が普段使っている登山用品。

 山岳雑誌メディアでやれ「ノース製品だ」「パタ製品だ」とブランド社名を書き散らしているアウトドアライターとかいう輩と違い、私は気になることがある。
 ザックやウェア、その他登山用品についている「MADE IN INDONESIA」 とか、「MADE IN VIETNAM」、「MADE IN CHINA」 というタグを見て、

「このウェア、もしや広東省の山奥から出稼ぎに来た、ほっぺたも赤い田舎の少女が、タコ部屋みたいなところに寝泊まりして一日中ミシンで縫って、粗末な社員食堂でぶっかけメシ喰って、わずかな賃金は山奥に住む家族に送金・・・」

 って妄想するの私だけですか?
 でも、アジアの労働現場に関する書籍読んだことある人なら、少しはイメージするでしょ?

 というところで、ドイツのアウトドア用品メーカーVAUDE(ファウデ)が情報公開を兼ねた動画を制作・公開しました。

VAUDE Film über Produktion in Asien BY climbing.de 2013.7.30
 
 これはVAUDE社が『VAUDE - アジアにおける衣類生産現場:公正と責任を負う』と題し、中国での生産拠点で取材を行った記録を動画として公開しています。
 動画開始2分36秒あたりからFWF(フェアー・ウェアー財団、世界各国のアパレル産業の労働環境に関する監査団体)の監査の様子、監査員のインタビューも撮影されていますが、VAUDE社もFWFの監査をパスしたこともPRしたい狙いもあるのでしょう。
 動画は中国でのアウトドア製品生産現場、社員食堂・厨房の様子、生産現場の防火設備・労災時の医薬品在庫などを示しています。
 VAUDE社としては生産現場を公開することにより、企業としてのイメージアップと他社との差別化を図る目的もあるんでしょうね。(短く無い社会人生活送ってると、どうしてもこういった宣伝活動の裏が気になりまして・・)

 ま何はともあれ、上っ面だけで日本各地のダム問題に首突っ込み、消費者の国政選挙に関する投票方針にまで口出しするキチガイ左翼メーカー・パタなんとか社でなくて、VAUDE社がこのような情報公開を始めたのは消費者としては歓迎すべきことでしょう。

 先年から幾度か発生している、バングラディシュの衣料品生産現場での凄惨な火災事故などで、先進国のアパレルメーカーが生産実益のみならず「劣悪な労働環境下で製品を造り出していた」としてイメージダウンしたことはご承知の通り。
 我らが登山用品メーカーが、そういった労働問題に取り組む姿勢を示すことに期待したいものです。

P1
VAUDE社の中国生産拠点の生産現場

P2
社員食堂の様子

P3
カメラは社員食堂厨房まで紹介します。

P4
工場の防火設備・従業員用の医薬品まで紹介しています。

動画はこちら↓

|

« 報 酬 | トップページ | ふりかえり・別れのつどい。 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

もし、Paramoと言う会社をご存知ですか?今はアジアでも工場を持ってますが、元々コロンビアのある施設に住む女性たちと手を組んで生産してたことでいい評判を持つブランドです。今もアジア産よりコロンビア産の方が質がいいとされるみたいです。彼らの服自体は好き嫌いがすごく分かれるのですが...

イギリスでも「国産」を好んで使おうとする人をしばしば見かけました。その理由は、おっしゃるような労働環境を心配する声から、そこら辺の国で作ると品質が落ちると信じ切ってる声まで様々でしょうけど。だからDMMとかPodsacsとかがちょっとマニア的な人気になったのでは。まあ、彼らの物はクォリティーも高いでしたけどね。

でも、こう言いながら私も物を買う時、ほかの条件をまず見ることがおおいです。これじゃまったく何のプレッシャも感じないでしょうね、作る側は。

暑い夏、お大事に。

投稿: jik | 2013.08.04 02:24

re: jik様

<<もし、Paramoと言う会社をご存知ですか?

早速Paramoのウェブサイト拝見しました。
このようなメーカーがあったとは知りませんでした。
Paramoの社史を読みますと、いわゆる「ファアトレード」が思い浮かぶのですが、アウトドア用品の製造工程を第三世界の困窮した人々に委託し成功している事例があるんですね。
ご教示、ありがとうございます。

<<でも、こう言いながら私も物を買う時、ほかの条件をまず見ることがおおいです。

ええ、私の場合はずばり「値段」だったりします(笑)

 ブログにはアップしていないんですが、お隣韓国のアウトドアメーカーでは労組問題が泥沼化しているメーカーもあり、そんな中で今回のVAUDE社の動画製作・公開のニュースは興味深く読んだ次第でした。

投稿: 聖母峰 | 2013.08.04 07:31

再びお邪魔します。

>>お隣韓国のアウトドアメーカーでは労組問題が泥沼化しているメーカーもあり

殆どここでは記事にも話題にもなってないみたいですが、自称「世界一流」と呼んでる割に、陰ではほんとに酷いことをやるもんですね。おそらく、彼らの次の仕事は米国政府も関わってるそうなので、ぜひ改善して行くことを願うばかりです。

投稿: jik | 2013.08.05 15:34

re: jik様
 登山用品といえば欧米のメーカーを中心に、日本、韓国、さらに中国のメーカーが追随していますが、クライミングや登山のそれと同様に、メーカーも企業としてのの「倫理観」が求められる時代なんでしょうね。
 私も消費者の1人として情報を収集しつつ、勉強したいと思います。

投稿: 聖母峰 | 2013.08.06 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/57921540

この記事へのトラックバック一覧です: その登山用品、誰が作っているのか?:

« 報 酬 | トップページ | ふりかえり・別れのつどい。 »