« 世界で最も安全なリュックサックと、パスタアラーム。 | トップページ | 秋祭り »

各国クライマーの動向短報

さすらいの土木作業員、またまた宮城県某所に通っておりますため、各国クライマーの動向を短く。

●ミック・ファウラーら、キシュトワル・カイラス(6444m)を目指す

Mick Fowler plans to tackle unclimbed Indian peak Kishtwar Kailash by grough2013.9.18

Shiva
2012年、シヴァ峰登攀中のファウラー。背後の鋭峰がキシュトワル・カイラス

 イギリスのミック・ファウラー、ポール・ラムズデンらが未踏峰キシュトワル・カイラスの登頂を目指します。
 カイラスといっても、以前にスペイン隊が登山計画を発表して世界中からクレームがついたチベット・カイラスとは異なる山です。
 この山群はかつて欧米のバックパッカーが首チョンパされて殺害されるなど、治安・政情共に不安定なカシミール地域に属しており、過去24年間クライマーが立ち入りできなかった地域。
 ファウラー自身は、シヴァ峰以前からキシュトワル・カイラスの山容を意識していたようです。本人曰く「純粋なアルパインスタイル、テクニカルなルート、未知の(登高とは別の)下降ルート」を前提に計画を建てている模様。


●ロシアチーム、クスム・カングル南東壁めざす

Ku

ロシアのベテランクライマー、アレクサンダー・ルチキンとヴャチェスラフ・イワノフのペアが、ネパールのクスムカングル南東壁を予定。登攀予定ルートの詳細は不明。


●ウクライナのマリナ・コプティバら、Tengmoche(6500m)北東面の初登めざす

Ten
Tengmoche(6500m)、トレッキングで知られるコンデ・リ山群稜線の東方に連なる山。

メンバーは、
Ma
ウクライナのマリナ・コプティバ、ロシア・サンクトペテルブルグからガリーナ・シビトーク、ペトロワ・アナスタシアの3名。
 チームは出だしからトラブルが続き、トランジットのドバイ空港で荷物が行方不明、さらにカトマンズでは登山許可のトラブルでカトマンズに数日の足止め。

Ma1

Ma2
カトマンズで足止め中、観光を満喫中のお嬢様方。
3名はなんとかTengmocheに入山、現在は悪天に悩まされながらも登山活動中。

|

« 世界で最も安全なリュックサックと、パスタアラーム。 | トップページ | 秋祭り »

expedition」カテゴリの記事

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/58259789

この記事へのトラックバック一覧です: 各国クライマーの動向短報:

« 世界で最も安全なリュックサックと、パスタアラーム。 | トップページ | 秋祭り »