« ロシア隊、Tengmoche(6500m)登攀成功か | トップページ | リラックスしましょうよ。 »

白い月山

10月×日、月山へ。
本日は、私が所属している月山朝日ガイド協会のガイド養成講座の講師として入山。
ガイド志望のAさん、Bさんと3名で姥沢コースを歩く。

姥沢のリフト下駅で受け付け。
予定時刻より早めにやってきたAさん。
ガイド養成講座に参加した理由をそれとなく伺うと、高い志(こころざし)を秘めている。

 普段の私なら、「養成講習会の講師なんて、会のエラい人やってりゃいいじゃんじゃかじゃーん」と考えるのだが、今回ガイド協会の横山事務局長から打診を受けた時、自分自身を違った角度で見直すためにも、講師を経験する必要がある、と考え直した次第。

 この日のテーマは「ガイディング総合」。
 従前の講習会で経験を幾度か積んだお二人にガイド役を割り振り、実際に姥沢コースを歩いていただく。
 
 月山の月光坂より上は積雪があるだけでなく、低温と風で硬く締まっている。所々は氷化している。
 牛首から先、岩の上は乾いているのでまだ行ける、と私は判断したが、月光坂のガレ場が始まるあたりから、登山道が積雪で埋まっている。

 Bさんから、今履いている靴では不安がある旨、申し出を受ける。
 よく見てみると、比較的丈の浅い靴で愛用の靴なのだろう、ビブラムもかなり減っている。
 本日の講習はあくまでも無雪期のガイディング講習であり、また登頂も目的ではない。
 
 それ以前に、参加者に無用な不安を与えたのは講師失格である。
 ガイド役としてリードしてくれたAさんにここで引き返すことを申し上げ、Bさんには講師として不安を与えた事をお詫びする。現在地から雪の無い牛首手前まで、私がピッケルを手に、時にはカッティングしながらリードして引き返す。
 
 積雪の事を知らないのだろう、午前中の遅い時間帯にもかかわらず、多くの他登山者のすれ違う。
 団体登山を意識した講習を依頼されていたのだが、やはり3人パーティーでは体験できる事にも限界がある。
 そんな状況でも、AさんBさん共に「後ろから他の方来ています」「すれ違いますので、ちょっと山側によけましょう」と声をかけあいながら、ガイド役を果たしてくれていた。

 予定より1時間ほど早くリフト下駅に下山。
 ここで振り返りとミーティングを行い、解散。

 お二人と別れ、姥沢駐車場からあらためて月山を眺める。

Ga
 月光坂より上が白くなった月山。もう稜線は冬の装いだ。

Imgp1106
姥沢駐車場脇を埋め尽くすブナの実の殻。今年は豊作だ。

 限られた時間の中で、テーマを絞っても、自分の経験を伝え人を指導するのは、難しい。
 行動中は参加者お二人をフォローするため、美しい鳥海山が望めても、遠く粟島が日本海に見えても、カメラを取り出す余裕など無い。
 下山後、目前の白い月山は、ガイドとしてのこれから、会社の仕事、父の入院、その他もろもろで押しつぶされそうになる自分の内心を解きほぐすに十分な風景だった。

 それから月山を離れ、月山朝日ガイド協会事務局で事務手続き後、自宅でシャワーを浴びてから父のいる病院へ。そこで現実に戻る。
 

本日の月山→自宅→病院の車中で聴く曲は、ビリー・ジョエルの『And So It Goes』。

And every time I've held a rose
It seems I only felt the thorns
And so it goes and so it goes
And so will you soon, I suppose


|

« ロシア隊、Tengmoche(6500m)登攀成功か | トップページ | リラックスしましょうよ。 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

聖母峰さんへ

毎年必ず登る月山。今年は何かと都合がつかなくて行けないまま
冬になりそうです。ちょうど前回の『忘れもの』を読みながら、大好きな月山の景色を懐かしく思い出していました。
月山はもう冬の装いが始まっているのですね。

聖母峰さんのスイーツブログも結構好きです。仙台にも隠れた美味しいスイーツがたくさんありますよ。

また素敵な山便り楽しみにしていまーす。

かうんちゃんママ(Orイキのいいお年寄り)

投稿: かうんちゃんママ | 2013.10.21 22:37

re: かうんちゃんママ様

 月山は、頂上直下の月光坂もカチカチの雪で覆われてました。
 『忘れもの』に掲載した雪渓は、先日までの異常な暑さですっかり消えていました。周囲は草紅葉なんですが、雪渓のあった所はまだ緑色で、やっぱり『忘れ物』といったところです。

<<仙台にも隠れた美味しいスイーツがたくさんありますよ。
やっぱり隠れているんですね(笑)
旅先や出張先では現地のタウン誌もチェックしますが、行き当たりばったりで出会うお店が楽しみだったりします。

かうんちゃんママ様にも、また良い山との出会いがありますように。

投稿: 聖母峰 | 2013.10.22 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/58423341

この記事へのトラックバック一覧です: 白い月山:

« ロシア隊、Tengmoche(6500m)登攀成功か | トップページ | リラックスしましょうよ。 »