« 本日のおすすめCM | トップページ | 48hours »

打毬(だきゅう)

8月末、実父が体調を崩す。
入院・検査の結果、それなりの大病であることが判明。
医師、家族、本人を交え、今後の方針を協議、10月中旬に手術決定。

その手術を控え、実父の身辺整理のため、私が奔走することになる。
平日は宮城県仙台に通いで土木作業、休日は老いた親の手足になって雑用を片づける日々。

10月6日、気晴らしに山形市の豊烈神社で開催される「打毬」を見に行く。

Imgp1100m
山形市・豊烈神社の打毬会場

打毬とは、西洋でいう「Polo」のことである。
紀元前のペルシャに源を発し、西洋に伝わってポロ、東洋にはシルクロードを伝わり古代中国、朝鮮半島を経て日本に「打毬」として伝わった。

現在、日本において打毬が開催されるのは3カ所のみ。
宮内庁、青森県八戸市の長者山新羅神社、そして山形県山形市の豊烈神社である。

Imgp1086m
神社裏手でスタンバイする打毬技士。
ルールは白方と赤方の2チームに分かれ、「毬杖」と呼ばれる先端を半月状に曲げたステックでピンポン球大の「毬」を会場奥のゴール(孔)に馬上から投げ入れる。
揺れる馬上から的に毬を入れるのは至難の業だ。
毬の補給は1人2玉まで。先に6玉入れたチームが勝利となる。

Imgp1092m
まさに的に毬が入らんとするの図。

Imgp1098m
やがて両チーム入り乱れての毬入れとなる。

Imgp1102m
勝利した白方、凱旋する女性騎手。勝利した側は馬に乗ったまま退場する。

Imgp1103m
敗れた赤方は、馬から降りて退場。あくまでも武士の作法に則った行事である。

Imgp1085m
毬を扱う「毬杖」。紐の張り具合により、網の深さを加減する。

Imgp1083m
山形・豊烈神社の打毬は山形豊烈打毬保存会の皆様によって受け継がれている。会員約20名ほど、凛とした女性騎手も幾人か。

歴史的には、八代将軍徳川吉宗が練武を目的に打毬を再編・再興したものである。
そして江戸時代、山形は「左遷」の地。
戦国時代は名君・最上義光が奮闘したが、江戸以降はあまりぱっとしない殿様方が代々城主を務めてきた。(え?ボク何か失礼な事書いてます?)
「天保の改革」でずっこけた水野家が山形にとばされたが、同時に水野家は山形に打毬を伝える。
以来、この山形の地で打毬は静かに受け継がれてきた。

打毬を見学するのは、私にとって今日が初めて。
自分の暮らす土地で、こんな伝統行事が続いているのだなあと認識を新たにする。

参考文献:山形豊烈打毬保存会編著 「打毬の話」 昭和43年1月刊(平成21年復刻版)

-------------------------------------
打毬 Dakyu (Ancient Japanese polo)

Eurasia1

Dakyu is said to have begun in Central Asia, and travelled west to Europe to become the modern day game of polo. The same ancient game however is said to have also travelled east to China where it became Dakyu, and finally reached Japan via the Korean Peninsula during the 8th or 9th centuries.

Subsequently, in the Nara and Heian periods, Dakyu came to be played at the Imperial Palace around the time of the Tango Boy's Festival (May 5). During the Kamakura period the game declined, but by the time of the Edo period, Tokugawa Yoshimune, the eighth Shogun of Tokugawa government, promoted the game as a form of exercise for warfare on horseback and new methods of competition were devised, leading to its resurgence.

From the Meiji period, ancient traditional forms of equestrianism were increasingly challenged by more practical European forms, and Dakyu once again underwent a transformation and was modernized somewhat, but in the stables of the Imperial Household Agency, Dakyu is still practiced and preserved in the former popular mid-Edo period style.

Dakyu is played on a field 20m by 50m, on which five riders on each team attempt to score "goals" against each other. There is only one goal post, on which banners (red and white) are raised when a team scores a goal. The game is concluded when 12 balls (11 balls and one final goal) have been played.
(Description from Imperial Household Agency Website)

Imgp1098m_2
It's only three place in Japan that a festival is held.
The Imperial Household Agency, Hachinohe City Aomori Pref., and Yamagata City,Yamagata Pref.in whichi I live.

Imgp1087m
Dakyu has been designated as an intangible folk-cultural property at Yamagata pref.
In Yamagata City, it's held in 6 October every year in Houretu shrine.

Imgp1083m_2
Yamagata Houretu Dakyu meeting, there are 20members,several female members are included. They have inherited the tradidional event.

Imgp1102m_2
The team which won leaves a stadium on a horse.

Imgp1103m_2
The team which lost leaves a stadium go down from a horse.
This is an event by the manners of the samurais.

|

« 本日のおすすめCM | トップページ | 48hours »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/58374217

この記事へのトラックバック一覧です: 打毬(だきゅう):

« 本日のおすすめCM | トップページ | 48hours »