« 介護日記 ~2013年11月 | トップページ | ピオレドール・アジア2013、日本隊2チームによる共同受賞 (Two Japanese teams share Piolets d'Or Asia 2013) »

ピオレドール・アジア2013ノミネート (Piolets d'Or Asia 2013, the nominations for the 8st edition)

 14日午後6時(現地時間)、韓国ソウルにおいて、韓国の山岳誌『人と山』が主催するピオレドールアジア2013が発表されます。日本からはROCK&SNOW誌の萩原編集長が審査員として参加されています。

今回ピオレドールアジアにノミネートされたチームは、次の4隊です。

Sfp
ペルー・アンデス プスカントゥルパ東峰 南東壁 新ルート開拓(700m / ED+ VII M5) 山野井泰史、野田賢

Ky
ネパールヒマラヤ キャシャール峰サウスピラー 「The NIMA Line」開拓 (2200m / ED+、M5、5.10a) 花谷泰広、馬目弘仁、青木達哉

Ch1
中国 雲南省 白馬雪山・扎拉雀尼峰 東壁 新ルート開拓(1300m / WI4+ AI3+ M5) 李元(Li Yuan)、張小輝(Zhang Xiaohui)、鄭朝輝(Zheng Chaohui)、2013年1月27日登頂

Am2
ネパールヒマラヤ アンプー(Amphu)1峰 南西壁から初登頂 (1300m / WI4 AI5 ED2 XI ) アン・チヨン、オ・ヨンフン、キム・ヨンミ 2013年10月9日登頂

以上の4隊です。

そしてピオレドールアジアの第4回生涯功労賞は、
Pak
8000m峰14座登頂、南北両極点踏破、エベレスト南西壁にコリアルートを開拓、2011年にアンナプルナ南壁に新ルート開拓中に行方不明となったパク・ヨンソク氏に決まりました。御遺族により受賞が行われる予定です。

---------------------------------------------
Piolets d'Or Asia 2013, the nominations for the 8st edition

The Nominated Ascents

Puscanturpa east(5410m), south-east face(700m / ED+ VII M5) Peru, Yasushi Yamanoi, Masaru Noda(Japan)
Sfp

Kyashar (6,770m),South Pillar(2200m / ED+、M5、5.10a) Nepal, Hiroyoshi Manome, Yasuhiro Hanatani, Tatsuya Aoki(Japan)
Ky

Baima Xueshan, Zhalaqueni(5,429m) east face(1300m / WI4+ AI3+ M5) China , Li Yuan, Zhang Xiaohui, Zheng Chaohui (China)
Ch1

Amphu 1(6840m) south-west face(1300m / WI4 AI5 ED2 XI )Nepal , An Chi-young, Kim Young-mi, Oh Yeong-hun (Korea)
Am2

This year, the 4th Piolets d'Or Asia Lifetime Achievement Award will go to Korean alpinist, Park Young-seok(1966-2011).
Pak_2

|

« 介護日記 ~2013年11月 | トップページ | ピオレドール・アジア2013、日本隊2チームによる共同受賞 (Two Japanese teams share Piolets d'Or Asia 2013) »

expedition」カテゴリの記事

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/58575366

この記事へのトラックバック一覧です: ピオレドール・アジア2013ノミネート (Piolets d'Or Asia 2013, the nominations for the 8st edition):

« 介護日記 ~2013年11月 | トップページ | ピオレドール・アジア2013、日本隊2チームによる共同受賞 (Two Japanese teams share Piolets d'Or Asia 2013) »