« ピオレドール・アジア2013ノミネート (Piolets d'Or Asia 2013, the nominations for the 8st edition) | トップページ | キャンプ場に暮らす人々 ~シェールオイルは、人々を幸福にするのか?~ »

ピオレドール・アジア2013、日本隊2チームによる共同受賞 (Two Japanese teams share Piolets d'Or Asia 2013)

 昨日掲載したピオレドール・アジア2013は審査の結果、山野井氏・野田氏ペアによるプスカントゥルパ隊、花谷氏らキャシャール峰サウスピラー隊の共同受賞となりました。

 ピオレドール・アジア授賞式については、韓国の中央日報が詳細にとりあげています。

 황금피켈상 아시아 시상식, 일본 푸스칸투파 동봉-카이샤르 남릉원정대 공동 수상 by 中央日報2013.11.14

以下引用開始
-----------------------------------------------

Cy1

14日午後8時、世宗文化会館で開催された第8回ピオレドール・アジア賞において、日本のプスカントゥルパ東峰(5644m)遠征隊とキャシャール(6770m)南稜遠征隊が共同受賞した。プスカントゥルパ隊の山野井泰史(48)と野田賢の2人組は、ペルー・アンデス山脈にあるプスカントゥルパ東峰の新ルートをアルパインスタイルで開拓した。やはり日本の花谷泰広隊長をはじめとする3人の遠征隊は、ネパールのキャシャール南稜に新ルートを開拓した。
 
 受賞者の山野井泰史は「これからも生涯をかけて(山に)登りたい。皆さんも生涯、山を楽しんでください」と語った。花谷泰広は「大きな賞をいただき、本当に感謝しています」「韓国に初めて来ましたが、歓迎していただき感謝しています。日本ではこのように大きな山岳イベントを見たことがない。とてもうらやましい」と感想を述べた。このほか、最終候補には、韓国のアムプー1峰(6840m)遠征隊をはじめ、中国の扎拉雀尼峰(5482m)遠征隊が候補に挙げられ、韓・中・日3国が競合を繰り広げた。近年、北東アジア圏のクライマーたちがアジアを越え世界の舞台で活躍していることを示した。ピオレドール・アジア賞は今年最も優れたクライミングを成し遂げたチームに授与され、アルパインスタイルのチームに限定して選ばれる。アルパインスタイルとは、小人数でベースキャンプから頂上まで一気に登るクライミング方式である。

 このほかに、第4回ピオレドールアジア生涯功労賞に故パク・ヨンソク(1963-2011)が選ばれた。パク・ヨンソクはヒマラヤ8000m峰14座完登、南・北極点到達を達成して登山文化の発展に貢献した功績が認められた。代理受賞者として出席したパク・ヨンソク未亡人ホン·ギョンヒ氏は、「登山家の心に残った登山家パク・ヨンソク隊長、そんなお父さん、そんな夫を心から尊敬します。そして今日はあまりにも多くの事が懐かしい」と涙ながらに語った。
(後略) キム・ヨンジュ記者
-----------------------------------------------
以上引用おわり

授賞式の模様については、次のように報道されています。

Cy3
パク·チャンス記者 14日午後、ソウル鍾路区世宗路 世宗文化会館で開催された「人と山創刊24周年記念式」でホン・ソクハ(右)「人と山」代表が、日本の登山家・山野井泰史に第8回ピオレドール・アジア賞を授与している。
(中央日報 http://joongang.joins.com/article/211/13140211.html?ctg=)

Cy4
パク·チャンス記者 14日午後、ソウル鍾路区世宗路 世宗文化会館で開催された「人と山創刊24周年記念式」でホン・ソクハ(右)「人と山」代表が、日本の登山家・花谷泰広に第8回ピオレドール・アジア賞を授与している。
(中央日報 http://joongang.joins.com/article/212/13140212.html?ctg=)

Cy2
パク·チャンス記者 14日午後、ソウル鍾路区世宗路 世宗文化会館で開かれた「人と山創刊24周年記念式典」で、第8回金のピッケル賞アジアを共同受賞した日本の登山家花谷泰広(左)と山野井泰史が記念撮影をしている。
(中央日報 http://joongang.joins.com/article/224/13140224.html?ctg=)

-----------------------------------------------
Piolets d'Or Asia 2013: Puscanturpa east(5410m) and Kyashar (6,770m),South Pillar

The Piolets d'Or Asia2013 was awarded to two ascents, Puscanturpa east(5410m) in Peru climbed by Yasushi Yamanoi and Masaru Noda , and Kyashar (6,770m),South Pillar in Nepal climbed by Hiroyoshi Manome, Yasuhiro Hanatani, Tatsuya Aoki. Two Japanese teams share Piolets d'Or Asia 2013.

|

« ピオレドール・アジア2013ノミネート (Piolets d'Or Asia 2013, the nominations for the 8st edition) | トップページ | キャンプ場に暮らす人々 ~シェールオイルは、人々を幸福にするのか?~ »

expedition」カテゴリの記事

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/58582469

この記事へのトラックバック一覧です: ピオレドール・アジア2013、日本隊2チームによる共同受賞 (Two Japanese teams share Piolets d'Or Asia 2013) :

« ピオレドール・アジア2013ノミネート (Piolets d'Or Asia 2013, the nominations for the 8st edition) | トップページ | キャンプ場に暮らす人々 ~シェールオイルは、人々を幸福にするのか?~ »